鞆の浦からおおよそ20分に1本の割合で出ている渡船に乗って約5分の船旅をして向かい側にある仙酔島というところはのんびりした半無人島みたいなところでおすすめ。

半無人島というのはホテルが何軒かあるものの生活をしている民家がないということ。海は対岸の鞆の浦よりもきれいで澄んでいる。

ということで、今回泊まったのは国民宿舎仙酔島というところ。

国民宿舎というと、安かろう悪かろう的なサービスが悪くて設備が古くて・・という先入観があるけれど、少なくともここ仙酔島の国民宿舎は割と洗練されていてサービスもよかった。予約は楽天トラベルにて行った。

外観
仙酔島の船着き場。渡船も雰囲気ある。

宿の場所は仙酔島の船着き場から徒歩5分くらい。途中からは道が砂浜になるのでキャスター付きのバッグの場合は転がしていけなくなるので注意が必要。宿は四階建てでたぶん全室オーシャンビュー。僕が泊まった部屋も窓をあけるとそこには砂浜が全面にみえて気持ちよかった。

そして、なによりそのビーチはほとんどプライベートビーチといってもいいようなロケーション。朝夕に散歩したのだが、とくに紫から赤色に染まった空が美しい夕焼けが印象的だった。

夕焼け百選とかいうのにランクインしているのもわかる。

ホテル前のビーチでみた夕焼け

客室はトイレ、洗面台付きでお風呂は共同。客室はきれに清掃されていてトイレがウォシュレットなのが素晴らしすぎる。格安のビジネスホテルより全然いい。部屋にテレビはないけれど普段から見ていないので気にならない。というか、こんなにきれいなビーチが窓の外にあるのならなくていいと思う。

部屋はビーチフロント。こんな景色が見渡せる。
客室

共同の大浴場は結構広いお風呂で露天風呂までついていた。そして清潔。貸し切り風呂もあるみたいだけど、それは利用せず。

夕食はきわめてベーシックなものを頼んだのだけど、充分過ぎるくらいぜいたくなもので瀬戸内海の幸を堪能できた。そして、備前焼のマグで飲む生ビールのうまいこと!これはビール好きであれば全ての人が満足できるものだと思う。

刺身の盛り合わせ
鯛のお頭煮
天ぷら
備前焼のマグでもらうビール!
かますの塩焼き

夜は5月から10月にかけては、ホテルの前のビーチで海ほたるのツアーをやっていて、これは参加した方がいいと思う。幻想的な海ほたるの光を楽しむことができる。カメラで撮影することも可能だけど、絶対にフラッシュはたかないこと。ツアーを引率するおっちゃんに怒られます。

海ほたるの光

朝食は早めにチェックアウトするといったらお弁当を用意してくれた。普通の箱詰め弁当だけど、こうした心遣いもありがたい。鞆の浦に泊まるよりもアクティビティが充実しているので、あえてこちらの仙酔島に泊まるというのもありだと思う。総じてコストパフォーマンスにも優れたいいホテルでおすすめです。

国民宿舎仙酔島
広島県福山市鞆町後地3373-2

広島県福山市鞆町後地3373-2

Related Post

「旅館 叶家」 信濃大町温泉にあるちょっと不思議な老舗旅館... 信濃大町で開催された「北アルプス 三蔵呑み歩き2013」へ参加するときに泊まった宿。イベントは信濃大町の駅周辺で行われていて、こちらの旅館叶家はそこから車で20分くらいいった大町温泉にある。 移動はバスがあるのだが、宿からバス停まで徒歩7~8分かかるのと本数が少ないため、今回はタクシーで移動。...
瀬戸内屋 大船幸太郎 – 鞆の浦でひと休みにうってつけのカフェ... 夏の日差しのなかで鞆の浦を歩いていて、ぐったり。そんなとき、店先にあったかき氷ののれんに吸い寄せられるように入ってしまった。 店内は海の家のような、古い家の軒先を改造したような趣ある造り。夜にはバーになるのかもしれない。店内の壁には写真が貼ってあって、芸能人からそうじゃない人(たぶん)まであれ...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の直島編)... 前回の開催から3年、来てみたかった瀬戸内国際芸術祭をみてきた。宇野から直島までフェリーで移動してきた。直島ではベネッセハウスに宿泊するという優雅な感じの旅となった。 瀬戸内国際芸術祭はすでに夏編が終了しているのだが、2013年10月5日から開催される秋編に向けての参考になればいいなと思う。 ...
小豆島への旅と瀬戸内国際芸術祭2013夏編... 豊島から小豆島の土庄港までフェリーで移動して、はじめての小豆島への上陸。いままで通ってきた島と比べてだいぶ大きな島だなあとう印象。実際、携帯ショップがあったりチェーン店があったりと普通の街という感じだった。 小豆島ではレンタカーを借りて行動することにしていたので、まずはレンタカーの受け取り。今...
川内高城温泉、マル善のジャングル風呂がジャングルではなくなっていた件... ちょっと事情があり、薩摩川内での宿は川内高城温泉の丸善旅館(マル善)となった。地元に愛されているところではあるが、ほとんどが日帰り温泉のお客さんなのでゴールデンウィーク中にも関わらず宿泊客は僕だけという状況。 過去の訪問:まさに鄙びた温泉街、川内高城温泉と丸善旅館の日帰り温泉 でも、前回...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください