2016年夏時点でのプノンペンはだいぶ治安が悪くなっている印象をうける。通りや路地によってはリオデジャネイロ並みだなって思えるくらい。 この街には何回か来ているけれど、以前と比べても現状はかなり悪い方の部類だなと思う。

殺人事件に巻き込まれるというのは現地に住んでいて恨みを買うとかしない限りはなさそう。しかし、ひったくりや強盗にあう可能性はとても高いと思う。プノンペンの街は一見するとのどかそうにも見えるけれど、とりわけ注意が必要なので書いておくことにする。

プノンペンの街

今回の滞在では市の北部はセントラルマーケットまで、南側はトゥールスレンやイオンのショッピングモールがあるあたりまで。基本的にはもともと治安がいいとされていたボンケンコンエリアを中心にいたのだけど、ここでもひったくりの被害は増えている。

とくに危なそうなのは830通りのあたり。周りは高い塀に囲まれた路地裏なので、昼間でもあぶなさそう。カフェなどがならんでいるパスツール通りのあたりでもひったくりに遭っている人を見かけたので、もはや貧乏くさい格好しかできないな・・と思ってしまう。

独立記念塔あたりは週末の夕暮れ時になると若者や家族連れが集まってきて、のどかな風景がみられるのだけど、ここも20時を過ぎると急に人が居なくなってひったくりの多発地帯となる。夜の移動は多少高くてもトゥクトゥクでの移動が必須。

夕方の独立記念塔

ひったくりにあうケースとしてはエリア問わず、トゥクトゥクを降りた瞬間とか、スーパーマーケットから出たときなど、ちょっと油断したときにやられることが多い。もちろん、写真撮るのに気を取られているとか、人気のない路上を歩いているとかも危ない。

独立記念塔の公園、夕方は家族連れで賑わっている

強盗はもはや深夜まで出歩くことを否定する感じになるが、トゥクトゥクやタクシーで移動している分にはそれほど被害はないので、徒歩で移動しなければあうことはないと思う。

リオデジャネイロとの比較でいうと、リオは「あ、ここはまずい」というのが感覚的に分かりやすいのだけど、プノンペンはのどかな場所でも大通りでもどこでも起きているという感じで厄介だなというところ。日本と同じような感覚で行動すると、文字通り身ぐるみ剥がされるくらいの勢いでやられることがある。

プノンペンはフランス領だった影響から美味しいフレンチも多いし、最近はおしゃれなバーとかも増えているので夜も楽しく、今回の旅でも飲み歩いているのだけど、他の街での旅と比較しても、そして自分が旅慣れていると思っていたとしても、少し過剰なくらいに注意しておいた方がいいと思う。

保存

Related Post

ウドンタニ散歩 タイの東北部、イサーン地方のウドンタニにやってきた。サンスクリット語で「北の町」と名付けられたこの地に来た目的は蓮の花だらけの湖に行くということなのだが、それがなかったらこの街に来ることはなかっただろうなと思う。 この先にあるラオスのビエンチャンに向かうときの通過点としての意味もあるが、いまの...
プノンペンの最新スポット308通りにあるHangar 44でカクテルを楽しむ夜... 2016年夏時点においてプノンペンでもっともおもしろいエリアのひとつ。ボンケンコン地区のなかでも、ノロドム通りから308通りを200mくらい入ったところにあるBassac Laneには小さなバーが建ち並んでいてナイトエリアとしてプノンペンで注目されているところ。ちなみに、バーがあってお酒が飲めるとい...
雨の九分は美しい もう来ることはないだろうなあと思っていた九分へふたたび行くことになった。同行者たちの強い希望により行くことになったわけです。 地下鉄で忠孝復興駅に行って九分行きのバス乗り場へ。しかし、今回は人数多いし最初はタクシーに分乗しようかと思って交渉していたのだが、丁度いいタイミングでバスがやってきたの...
夏の安曇野の廃線跡を歩いてみる 1980年代後半まで使われていた篠ノ井線の廃線跡をハイキングしてきた。ここは、冬に訪れて雪に埋もれた廃線跡もよかったのだが、なにせ歩きづらく季節を変えて来てみたいなと思っていたところ。 冬の訪問:安曇野の廃線跡を歩いてみる 現在は「国鉄篠ノ井線廃線敷遊歩道」として整備され...
独立記念塔で日曜日の夕方を過ごす いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。 そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思...

Feature

2 Comments

  1. whole_earth_catalog

    先月ひったくりに合いました。空港に行く朝一番の乗り合いバスに乗るためにモニポンをセントラルマーケットに向かって相棒と二人で歩いていたときです。二人乗りのバイクが近づいてきたので、それに気を取られていたら、別の二人乗りのバイクが後ろからかなりのスピードで近づいてきて、カバンのベルトをつかみ取ろうとしました。バイクは相当のスピードですから、ものすごい力です。幸いとられませんでしたが、怖かったのはその後です。ホッとしたのもつかの間、再び二台でアタックしてきました。その後も挑発するように薄笑いを浮かべて何度も近ずいてきました。一人だったら…今思い出しても怖くなります。まだ薄暗い時間に歩いていた自分が悪かったのです。それにしても、(ご存じのとおり)歩道が車の駐車場になっているのでどうしても道路側を歩かざるを得ない道路事情は何とかならないもんでしょうか。

    • whole_earth_catalogさん

      コメントありがとうございました。ほんと・・ご無事でなによりです。

      最近のプノンペンは真剣に治安悪いですよね。バイクの二人組が挑発してくる状況ってなんとなく想像つきます。人通り少ないとかなり恐い。人通りあっても無視されることが多いけれど。。

      僕も以前にプノンペンでトゥクトゥクと支払いでもめたとき、目の前で自分の払った1ドル札を破かれたことがあり、なんかこう・・・面倒な街だよなって思ったことがあります。

      プノンペンにやってくる日本人は少ないと思いますが、直行便も出始めてきているし、治安について書いておいた感じです。

      旅はリスク回避してこそ楽しめるもの。お互い気をつけつつ旅を楽しんでいきましょうっ。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください