スタッフの接客はわりと洗練されている

プノンペンでフレンチというとちょっと意外な感じがするかもしれない。でも、旧フランス領だったこともあり、フランス料理はワインも含めてレベルが高いと思う。

それ以外にも、この街の規模に対して料理のバリエーションはかなり豊富。東京とまではいかないものの、かなりグルメな街になっている。

ラ・レジデンスはそのなかでもカンボジア王室御用達の老舗であり有名店。プノンペンに来たら一度は訪れてみる価値がある。

ここはカンボジア王室の邸宅だった建物をつかっていて、レジデンスという店名のそのままに邸宅に訪問するような感じになっている。

トゥクトゥクでこの豪華な車寄せに入ってしまい申し訳ないって思えるくらい。

La Residence、カンボジア王室の邸宅を改装してレストランにしている
豪華なロビー
二階はラウンジのようになっている

そして、シェフは日本人がやっていて、ヨーロッパのミシュラン星付きレストランで働いているときにカンボジア王室に引き抜かれたとのこと。最後にちらっと挨拶だけしたけれど、とても気さくで雰囲気のいい方だった。カンボジアのフランス料理を日本人が引っぱってきているというのがなんだか心強い。

入ってすぐのエントランスも豪華、ランチタイムの訪問なのだが、ホテルを通して予約をしておいた方が無難だと思う。ここで重要なのは、ショーケースに入った本日のデザートをここで選んでおくこと。色んなデザートがあるのだが、すぐにおさえておかないと好みのものはなくなってしまう。とくにアナウンスはされないのだが、これは重要なので選んだデザートをスタッフに伝えておくこと。

内装として、一階は普通のレストランの作りになっているのだが、二階は邸宅の雰囲気をそのままに残していて、ラウンジのようなところもある。ある程度人数のあるディナーだとこの部屋なども開放しているみたいで、かなり豪華な感じになりそうだ。

一階はレストラン、ドレスコードあり

ランチはコースのみで値段が異なる。わりとボリュームがあるので、一番安いコースでも満足できると思う。メニューの雰囲気としては奇をてらったところはなくて古きよきフランス料理というか、オーソドックスなものになっている。海から離れたプノンペンという街の性質上、海産物はいまいちなことが多いので、それは外しておいた方がいいかもしれない。

伝統的なフレンチという感じの料理
デザートは入店したときに選んでおくこと

ワインのラインナップも豊富なのだが、日本ではみかけないものがあったりしてどれを選んでいいのか分からないのでお店の人に相談しながらオーダーした方がいいと思う。スタッフの接客はカンボジアにしてはとても丁寧。

ドレスコードはカジュアルなのだが、客層はわりあいとしっかりしているので、ジャケットは着ていった方が恥ずかしい思いをしなくて済む。とにかく優雅な邸宅でのランチはプノンペンにいることを忘れそうになるくらい。おすすめのレストランだと思う。

La Residence Restaurant Phnom Penh
住所:No.22-24 Street 214,Phnom Penh
時間:11:30-14:00,18:15-22:00
休み:土日のランチは休み

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です