プノンペンの裏通りにある隠れ家的なフレンチレストラン。ボンケンコンの裏通りにあって旅行者が立ち入るような場所ではなく、あまり治安がよくない通りにある。しかも夜のみの営業。訪れるにはハードルが高いのだが、ここの料理はかなり美味しい。

治安の問題があり、おすすめするにはちょっと憚れるところがあるのが残念だ。(プノンペンの治安については別途書いています。)できれば訪れる前に予約をしておくのが安全だと思う。日本からオンラインで予約をすることもできる(こちら)。

プノンペンにある古い住宅を改装したお店は雰囲気がある。オーナーはフランス人の女性でさばさばとしていて格好いい。「好き嫌いがないのはいいことだ、なんでも美味しいものね」っていう感じ。スタッフにはどこで見つけてきたんだというすごいイケメンのクメール人が働いている。しかも髪の毛を金髪にしている。オシャレだな。

The Lost Room

料理はコンテンポラリーなフレンチでクメール料理などエスニック料理をうまく取り入れている。とくに美味しかったのはカンガルー肉のステーキで、カンボジア産の胡椒をふんだんにつかって作られている。赤身肉のしっかりした旨みが引き出されていて、胡椒のアクセントも美味しい。

カンボジアが原産であるカボチャをつかった料理も美味しい。カボチャをくりぬいて中にチーズなどを入れているのだが、カンボジアでこんな気の利いた料理を食べられるだなんてって思える一品。

The Lost Room

デザートも胡麻団子みたいな感じだけどちょっと不思議な味のするもので、これもまた美味しい。そして、どれもお酒によくあう料理だ。

それでいて、値段はかなり手頃でラ・レジデンスのランチより安い金額でかなり満足できる夕食をとることができる。

行き帰りともにタクシーかトゥクトゥクでの移動は必須、外国人だとわかると車を降りてから店に入るまでの間にひったくりにあう可能性があるような通りなのだが、ひっそりと地元の人に愛されているいいフレンチレストランだと思う。まさに隠れ家レストラン。

The Lost Room
住所:43 Abdul Carime、Phnom Penh
時間:17:00-22:00

Related Post

クルンサイアム – 中目黒でタイ料理ランチするならここ... このブログはじめるときは「よし、これからは旅についてのブログにしよう」と思ってやっていて、それはまあそうなのだけど、旅の概念を考えると「自分にとってはホームグラウンドであっても、他人からすればそこは旅先である」ということがある。旅行業界用語でいうところのインバウンドってやつ。 そうであるならば...
本庄うなぎ屋 – 佐賀で食べる鰻ならここ... 佐賀で夕食に鰻を食べるとなって、友人に連れてきてもらったお店。場所は佐賀市郊外にあり、車を使わなければ来られないところなので、旅行であればレンタカーなどで来るのがいいと思う。また、飲食店にしては閉店時間が比較的早いので注意が必要。 九州で鰻といえば柳川のせいろ蒸しなのだけど、佐賀で食べる鰻のせ...
セララバアドでモダンガストロノミー2015年秋編... 前回の夏の訪問で圧倒的に楽しかったセララバアドでの食事。今回は秋メニュー編ということで改めて行ってきた。だいたい、このレストランはもはや訪れたときに次の予約しないと予約がとれないような感じになってきている。 秋編は自然の豊かさを感じるメニュー構成になっていて、落葉の風景などはセララバアドという...
済南鮮湯包の絶品小籠包 忠孝新生エリアにある小籠包の名店。僕のなかでは絶品小籠包の称号はディンタイフォン(鼎泰豐)より、こちらの方に迷いのない軍配をあげたい。 タクシーに乗ってこのお店の名前を告げたときに「ああ、その店うまいよね。いいよ、そこ」という反応をうけたこともあるので地元でも人気店なんだと思う。てかもう、タク...
ヘリテージスイートで優雅なクメールフレンチのランチを堪能... 今回のシェムリアップ旅行(なんだかもう食い倒れ旅みたいになっているが・・)で、もっとも印象に残って、かつ優雅で高額だったレストラン。 外観。ヴィンテージのベンツが雰囲気だしている。 シェムリアップの市街地からはちょっと離れていて、アマンリゾートの近くにあり、アマンと同様に高級リゾートホ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください