プノンペンの裏通りにある隠れ家的なフレンチレストラン。ボンケンコンの裏通りにあって旅行者が立ち入るような場所ではなく、あまり治安がよくない通りにある。しかも夜のみの営業。訪れるにはハードルが高いのだが、ここの料理はかなり美味しい。

治安の問題があり、おすすめするにはちょっと憚れるところがあるのが残念だ。(プノンペンの治安については別途書いています。)できれば訪れる前に予約をしておくのが安全だと思う。日本からオンラインで予約をすることもできる(こちら)。

プノンペンにある古い住宅を改装したお店は雰囲気がある。オーナーはフランス人の女性でさばさばとしていて格好いい。「好き嫌いがないのはいいことだ、なんでも美味しいものね」っていう感じ。スタッフにはどこで見つけてきたんだというすごいイケメンのクメール人が働いている。しかも髪の毛を金髪にしている。オシャレだな。

The Lost Room

料理はコンテンポラリーなフレンチでクメール料理などエスニック料理をうまく取り入れている。とくに美味しかったのはカンガルー肉のステーキで、カンボジア産の胡椒をふんだんにつかって作られている。赤身肉のしっかりした旨みが引き出されていて、胡椒のアクセントも美味しい。

カンボジアが原産であるカボチャをつかった料理も美味しい。カボチャをくりぬいて中にチーズなどを入れているのだが、カンボジアでこんな気の利いた料理を食べられるだなんてって思える一品。

The Lost Room

デザートも胡麻団子みたいな感じだけどちょっと不思議な味のするもので、これもまた美味しい。そして、どれもお酒によくあう料理だ。

それでいて、値段はかなり手頃でラ・レジデンスのランチより安い金額でかなり満足できる夕食をとることができる。

行き帰りともにタクシーかトゥクトゥクでの移動は必須、外国人だとわかると車を降りてから店に入るまでの間にひったくりにあう可能性があるような通りなのだが、ひっそりと地元の人に愛されているいいフレンチレストランだと思う。まさに隠れ家レストラン。

The Lost Room
住所:43 Abdul Carime、Phnom Penh
時間:17:00-22:00

Related Post

辰春(中目黒)山手通り沿いの小さな中国料理店... 外観はカフェみたい 中目黒駅から山手通りをいったところにある小さな料理店。一見するとカフェみたいにも見えるのだけど、本格的な中国料理のお店で、ランチもディナーも予約しないと入るのが難しいくらい。 席数もそれほどないのだけれど、だからこそ味わえる丁寧に作られた料理を食べることができる。そ...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
東新宿で異国体験!山西亭で猫耳麺を食べる... ちょっと変わった料理、でも美味しい料理食べたいなと思ってあれこれ探すと出てくるのが東京という街のいいところ。中国の山西省に伝わる麺料理を出してくれるお店があったので行ってみることにした。かなりおもしろく、そして美味しい。さらに安いというこれ以上ないいい中華料理店。 山西亭へのアクセス 東...
麻布十番のCRAFT HANDSでクラフトビールを堪能する... すっかり人気が定着してきた感じがするクラフトビール。さまざまなビールの風合いを手軽に楽しめるのはすごくうれしい。いままで、海外まで行って飲み歩いたりしなきゃいけなかったからな。 今回行ってみたのは麻布十番にあるCRAFT HANDS(クラフトハンズ)というところ。雰囲気のいいバーのような感じも...
Yeap Noodlesはペナンで人気のレストランらしいが、外国人専用向け... 世界的なふくろうマークのクチコミサイトのレストランって本当にあてにならないなということを改めて実感したパターン。あれだと人気レストランってことになっているんだけどね。 たぶんあのサイトの基準って、総じてだいたいのところ「安くて西洋人にとって無難なものが食べられそうなところ」レートな感じがしてい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください