プノンペンを中心に展開しているカンボジア発のコーヒーチェーン。スターバックスみたいな雰囲気はあるけれど、店員のホスピタリティとか含めてとても気持ちがいいカフェでコーヒーも美味しいので、プノンペンに滞在しているときには訪れてみてほしいところ。

プノンペン市内に何店舗かあるけれど、創業の地は市街地にあるBROWN Coffee and Bakery Pencilというお店。かなり広い敷地で混雑しているけれど席がないということはないと思う。ここはトイレも清潔だし、外が見えない店内の奥の方の席に行ってしまうと、東京にいるような感覚になる。とても洗練されている。

BROWN Coffee and Bakery Pencil

ほかにも何店かあるけれど、現在の旗艦店はボンケンコンにあるBrown Roastery and Eateryになるのではないかなと思う。店名にある通り焙煎所もあってコーヒーのいい香りであふれている。

こっちのお店もいままでカンボジアに対してもっていたイメージとは全然違う雰囲気で外のテラス席もまた気持ちがいい空間になっている。

Brown Roastery and Eatery

コーヒーのほかにフラペチーノみたいなのがあったりするのはスターバックスの影響を受けている感じがするけれど、それだけではなくコーヒーも普通に美味しい。

朝食のあとにコーヒー飲みに来るのもいいし、お昼過ぎの時間帯にのんびりするのもまたおすすめ。

遺跡の観光だけじゃなくて、新しいカンボジアスタイルのカフェの空間を楽しんでみてほしい。

BROWN Coffeeのサイトはこちら

BROWN Coffee and Bakery Pencil
住所:#17, St. 214 (Near Pencil Supermarket and ICS), Boeng Raing, Khan Daun Penh, Phnom Penh
時間:6:30-20:00
休み:なし

Brown Roastery and Eatery
住所:#23, st. 57 Corner 294, Boengkengkang 1, Khan Chamkarmorn, Phnom Penh
時間:6:30-22:00
休み:なし

Related Post

【閉店】清里駅前の「エイトマーケット」でクラフトビールと地元産ジェラート... このブログの記事を公開するまでの間に閉店してしまっていたのが惜しいお店だ。ブログを書くことで旅の楽しさとか行ってみてもらいたいなとか思っていたのだが。 松本を出発して、篠ノ井線に乗ってぐるっと小諸まで行き、そこから小海線に乗って小渕沢まで行こうかと乗り鉄旅。ひょんなことから清里駅で途中下車する...
モダンレトロな映画に出てきそうな美都餐室(Mido Café)で夜のはじまりを過ごす... 香港の夜は長い。夜市で雑貨を眺めたり、屋台でご飯を食べたり、バーへビールを飲みに出かけてみたり。そして、最後はスイーツでしめてみたり。 夕方と夜の境目みたいな時間をどこで過ごすのがいいかって思うと、僕としては油麻地にある老舗カフェの美都餐室(Mido Café)が好き。 古い映画のセット...
爐鍋珈琲(LuguoCafe) – 迪化街で一休みできる台湾風カフェ... もし台北において、限られた時間のなかでどこか一軒でも台湾風なカフェにいってみたいというのであれば、こちらの爐鍋珈琲(LuguoCafe)がおすすめできると思う。僕も5月に訪問してからリピートしてみたくらい。 なぜ、限られた時間のなかで訪問するカフェとしておすすめなのかというと・・・ 迪...
Elephant Factory Coffeeは裏通りにある隠れ家カフェ... 村上春樹の小説のタイトルから名付けられた京都のカフェ。ちょっとびっくりするような路地裏にあって、地元の友達と行っても「こんなところにカフェあるなんて知らなかった」というくらいのところ。 でも、雰囲気がよくて僕は好きなところだな。なにしろコーヒーが美味しい。 Elephant Factory ...
來了はカフェとしての利用もおすすめ... 2016年現在、台南でおもしろくなってきそうなエリアのひとつは新美街という小さな路地が通るエリア。台南のよさである古い建物をリノベーションして居心地のよい空間をつくり出していて、新しい文化の発信地になってきている。そして、今回訪れた來了はそんななかでも有名なところのひとつ。 來了へのアクセス...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください