プノンペンでは定番のスポットである240通りにある有名な老舗カフェ。240通りは東京でいうと表参道みたいな感じでギャラリーとかがあったりする。

最近では、大きな通りがあって車でアクセスしやすいボンケンコンエリアに流行が移ってきているけれど、古きよき整備されたプノンペンの街並みが残っている通りは静かでいいエリアであることに変わりはない。比較的治安も安定しているのでのんびりできるエリアだと思う。

The 240は僕が泊まっているThe Pavilionの系列になっていて姉妹で運営していて(2016年現在、The 240のホテルはクローズしている)、パビリオンよりも少しカジュアルなラインのホテルがカフェの後ろにある。以前、パビリオンに泊まったときには満室だから一泊だけ240の方に泊まってくれないかといわれたことがある(結局、キャンセルが出て通しで泊まることができたため、こっちに泊まることはなかったけれど)。

ということで、このThe 240も洗練されたオーガニックなカフェで雑貨店が併設されている。正直なところ雑貨店にはあまり見るものがないのだが、こちらのカフェはなかなかに面白い。

テーブルにはグリーンがアクセントで飾られているのだが、どうしてもこれは猫が食べる「猫草」にしか見えない。前に来たときもこの猫草があって、猫が食べそうだよな・・と思いながら眺めていたのだが、数年経ってやっぱりまだこの猫草があってちょっと安心したというか、変わりがないなというか。

猫草にしかみえない

メニューはカンボジアには珍しく以前からオーガニックフードを取り扱っているところで、かなり健康志向。スムージーなんかを頼むのがおすすめ。あとはマンゴーが美味しいので、ここで午後のお茶をするのがいいのではないかと思う。

いまとなってはここ以外にものんびりできるカフェが増えてきて、このお店の優位性は薄れてきてはいるものの、プノンペンに来たのであればこの240通りの雰囲気含めてゆったりとした時間を過ごすのは旅の疲れを癒やすのにいいと思う。

The 240
住所:#83, Street 240 Phnom Penh
時間:8:00-20:00

保存

Related Post

華山にある紙街咖啡館で朝のコーヒーを楽しむ... Airbnbでえらい目にあっているものの旅はつづく。 ということで、朝は朝食を食べる感じでもなかったので、華山1914の向かいにあるPaper St. Coffee Company (紙街咖啡館)にてコーヒーを飲みに来た。 友人たちは台北まで来てコーヒーなのか?というわけだが、一杯ずつ丁...
空猫カフェ – ベーグルがおすすめの和カフェ... 千光寺公園から空猫カフェまでの道 10年ぶりくらいに尾道にやってきた。ちょっといまいちな天気でテンションあがらないのだが・・・、以前からちょっと気になっていたカフェへ来てみた。 場所は尾道の千光寺公園から、徒歩5~6分くらい。 GoogleMapを頼りに行ったのだが、思いもかけな...
やまねこカフェ – ラテアートがかわいい尾道の有名カフェ... 尾道でカフェを検索すると、人気店として上位にでてくるし、空猫カフェに来ていたお客さんもオススメしていたので、ランチあとに広島へ行く列車の時間つぶしにデザートを食べに来た。 場所は尾道駅からは15分くらい歩くくらいの距離でちょっと離れている。2013年10月現在ではカフェがあるビルの外装工事中で...
地元感たっぷり、松記糖水店でかき氷を堪能した。... 義順牛奶からさらに佐敦のスイーツ店巡りを続けてみることにする。もともと九龍の下町エリアである深水埗からはじまったスイーツの名店である松記糖水店(Chung Kee Desser) に行ってみることにした。 松記糖水店(Chung Kee Desser) 佐敦分店へのアクセス 地下鉄の佐敦...
横浜赤レンガ倉庫の癒やしスポット「ザフラワーアパートメントカフェ」... そういえば、5月にGreen Room Festival行ったときに赤レンガ倉庫のなかを探検していて、このカフェで一休みがすごい気持ちよかったんだった。 赤レンガ倉庫1号館2階の一番端にある花屋さん兼カフェ。最初花屋さんかと思ったら、スムージーやサンドイッチといった食事を楽しむこともできると知...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です