プノンペンでは定番のスポットである240通りにある有名な老舗カフェ。240通りは東京でいうと表参道みたいな感じでギャラリーとかがあったりする。

最近では、大きな通りがあって車でアクセスしやすいボンケンコンエリアに流行が移ってきているけれど、古きよき整備されたプノンペンの街並みが残っている通りは静かでいいエリアであることに変わりはない。比較的治安も安定しているのでのんびりできるエリアだと思う。

The 240は僕が泊まっているThe Pavilionの系列になっていて姉妹で運営していて(2016年現在、The 240のホテルはクローズしている)、パビリオンよりも少しカジュアルなラインのホテルがカフェの後ろにある。以前、パビリオンに泊まったときには満室だから一泊だけ240の方に泊まってくれないかといわれたことがある(結局、キャンセルが出て通しで泊まることができたため、こっちに泊まることはなかったけれど)。

ということで、このThe 240も洗練されたオーガニックなカフェで雑貨店が併設されている。正直なところ雑貨店にはあまり見るものがないのだが、こちらのカフェはなかなかに面白い。

テーブルにはグリーンがアクセントで飾られているのだが、どうしてもこれは猫が食べる「猫草」にしか見えない。前に来たときもこの猫草があって、猫が食べそうだよな・・と思いながら眺めていたのだが、数年経ってやっぱりまだこの猫草があってちょっと安心したというか、変わりがないなというか。

猫草にしかみえない

メニューはカンボジアには珍しく以前からオーガニックフードを取り扱っているところで、かなり健康志向。スムージーなんかを頼むのがおすすめ。あとはマンゴーが美味しいので、ここで午後のお茶をするのがいいのではないかと思う。

いまとなってはここ以外にものんびりできるカフェが増えてきて、このお店の優位性は薄れてきてはいるものの、プノンペンに来たのであればこの240通りの雰囲気含めてゆったりとした時間を過ごすのは旅の疲れを癒やすのにいいと思う。

The 240
住所:#83, Street 240 Phnom Penh
時間:8:00-20:00

保存

Related Post

台北のバービーカフェに行ってきた 店員さん 台北でバービーカフェがオープンしたという話は聞いていて、どこにあるのかなと思っていたのだが、Po_iでシャツを作って、忠孝復興のあたりを歩いていたら偶然に発見してしまったので入ってみた。 オープン当初はかなりの賑わいだという話だったのだが、僕が行ったとき(18:00くらい)は...
リノベーションカフェから個性派まで、台南で外せないオススメなカフェリスト7選... 台南って古い建物がたくさん残っていて、一部は廃墟になってしまったりしている。最近はちょっとしたリノベーションブームが起きていて、古い建物を使ったカフェなどができていたりする。 そして、それに影響されるように面白いカフェも増えてきていて、東京や台北にも負けないくらい楽しい。この街の規模でこれだけ...
きくすい堂の紹介のかるかんはお土産におすすめ... かるかん 鹿児島のお土産スイーツとえば「かるかん」。「かるかん」といえば明石家。 と、もはや脊髄反射みたいに決まっているかのような流れなのだけど、そんなときにちょっと見方を変えてオススメしたいのは「きくすい堂」のかるかん。 僕だけかもしれないが、よく空港とかで「かるかん」だと思っ...
よくも悪くも昭和感満載な「珈琲専門店エース」(神田)の珈琲と海苔トースト... Instagramを眺めていたら偶然見つけたお店。レトロな雰囲気の外観や、どんなものだか想像もつかない「海苔トースト」とか、神田の街の雰囲気によく似合った面白そうなところだ。神田駅からも近いのでちょっと食後の珈琲がてらに行ってみることにした。 結論としては、煙草の煙がひどすぎて雰囲気はいいけれ...
Bloom Caféはプノンペンでは古めかしいカフェだけど落ち着ける... プノンペンで涼しくゆっくりと過ごせるカフェのひとつ。普通の邸宅のようでもあり、ちょっと不思議な感じなラウンジみたいな空間はプノンペンらしいといえばそうかもしれない。 あえてここまで来るかといわれると微妙なところだが、近くを通りかかれば立ち寄ってみるのもいいと思う。 Bloom Caféへ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です