プノンペンでは定番のスポットである240通りにある有名な老舗カフェ。240通りは東京でいうと表参道みたいな感じでギャラリーとかがあったりする。

最近では、大きな通りがあって車でアクセスしやすいボンケンコンエリアに流行が移ってきているけれど、古きよき整備されたプノンペンの街並みが残っている通りは静かでいいエリアであることに変わりはない。比較的治安も安定しているのでのんびりできるエリアだと思う。

The 240は僕が泊まっているThe Pavilionの系列になっていて姉妹で運営していて(2016年現在、The 240のホテルはクローズしている)、パビリオンよりも少しカジュアルなラインのホテルがカフェの後ろにある。以前、パビリオンに泊まったときには満室だから一泊だけ240の方に泊まってくれないかといわれたことがある(結局、キャンセルが出て通しで泊まることができたため、こっちに泊まることはなかったけれど)。

ということで、このThe 240も洗練されたオーガニックなカフェで雑貨店が併設されている。正直なところ雑貨店にはあまり見るものがないのだが、こちらのカフェはなかなかに面白い。

テーブルにはグリーンがアクセントで飾られているのだが、どうしてもこれは猫が食べる「猫草」にしか見えない。前に来たときもこの猫草があって、猫が食べそうだよな・・と思いながら眺めていたのだが、数年経ってやっぱりまだこの猫草があってちょっと安心したというか、変わりがないなというか。

猫草にしかみえない

メニューはカンボジアには珍しく以前からオーガニックフードを取り扱っているところで、かなり健康志向。スムージーなんかを頼むのがおすすめ。あとはマンゴーが美味しいので、ここで午後のお茶をするのがいいのではないかと思う。

いまとなってはここ以外にものんびりできるカフェが増えてきて、このお店の優位性は薄れてきてはいるものの、プノンペンに来たのであればこの240通りの雰囲気含めてゆったりとした時間を過ごすのは旅の疲れを癒やすのにいいと思う。

The 240
住所:#83, Street 240 Phnom Penh
時間:8:00-20:00

保存

Related Post

Hachi Cafe – 越後妻有の地産地消カフェ... 絵本と木の実の美術館の1階に併設されているカフェ。学校のなかで職員室だったのかな、そんな感じなのだけど、ウッディなインテリアと明るく開放的な店内、そして開け放たれた窓から外の空気が入ってきて、すごく気持ちがいい雰囲気。Hachi というのはこの地区が鉢地区と呼ばれていることからつけられたネーミングみ...
蜷尾家甘味処(台南)のソフトクリーム... 台南で泊まっていた宿の斜め前にあって、11時の開店から夜に閉店するまで行列が絶えない店がある。なんの店なのだろうと思っていたのだが、どうもソフトクリーム屋さんみたいで、日本式であることが売りらしい。 前回来たときはあまりの行列に面倒くさくなりパスしていたのだが、今回はちょうど宿について荷物おい...
小島屋製菓店の志ん子餅はお土産に最適... 志ん子餅という和菓子。外側の皮はコシがあってモチモチしている。中の餡子は甘さ控えめで上品な感じ。 白い宝石みたいに美しい見た目もいいな。なにより地元十日町のコシヒカリの上新粉を使った餅は絶品。甘いものがそんな得意じゃなくても、いくらでも食べられる。 このお土産。越後妻有のお土産として有名...
品川のザ・シティ・ベーカリーはちょい飲みにも利用できる... 品川で少しディナーをしようかと思ったとき、渋い居酒屋かチェーンっぽいレストランかという選択肢になってしまうのだが、品川駅に直結しているシティ・ベーカリーだとそこそこ手軽で、お酒も豊富。意外と楽しめるということがわかった。 ザ・シティ・ベーカリー品川へのアクセス JR品川駅に直結しているの...
ここのシングルオリジンは絶品だ。日本橋の良心みたいなカフェ「Mighty steps coffee ... ハンドドリップで一杯ずつコーヒーを淹れていくことを「サードウェーブ」なんていっていた時代があったけれど、2017年のいまではそんなことをいっている人はあんま見かけなくなったなあ。たぶん「それって、いままでやっていたことと同じでは」なんていう気持ちがあったのかも。 日本橋の裏通りに古い一軒家をリ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください