プノンペンでは定番のスポットである240通りにある有名な老舗カフェ。240通りは東京でいうと表参道みたいな感じでギャラリーとかがあったりする。

最近では、大きな通りがあって車でアクセスしやすいボンケンコンエリアに流行が移ってきているけれど、古きよき整備されたプノンペンの街並みが残っている通りは静かでいいエリアであることに変わりはない。比較的治安も安定しているのでのんびりできるエリアだと思う。

The 240は僕が泊まっているThe Pavilionの系列になっていて姉妹で運営していて(2016年現在、The 240のホテルはクローズしている)、パビリオンよりも少しカジュアルなラインのホテルがカフェの後ろにある。以前、パビリオンに泊まったときには満室だから一泊だけ240の方に泊まってくれないかといわれたことがある(結局、キャンセルが出て通しで泊まることができたため、こっちに泊まることはなかったけれど)。

ということで、このThe 240も洗練されたオーガニックなカフェで雑貨店が併設されている。正直なところ雑貨店にはあまり見るものがないのだが、こちらのカフェはなかなかに面白い。

テーブルにはグリーンがアクセントで飾られているのだが、どうしてもこれは猫が食べる「猫草」にしか見えない。前に来たときもこの猫草があって、猫が食べそうだよな・・と思いながら眺めていたのだが、数年経ってやっぱりまだこの猫草があってちょっと安心したというか、変わりがないなというか。

猫草にしかみえない

メニューはカンボジアには珍しく以前からオーガニックフードを取り扱っているところで、かなり健康志向。スムージーなんかを頼むのがおすすめ。あとはマンゴーが美味しいので、ここで午後のお茶をするのがいいのではないかと思う。

いまとなってはここ以外にものんびりできるカフェが増えてきて、このお店の優位性は薄れてきてはいるものの、プノンペンに来たのであればこの240通りの雰囲気含めてゆったりとした時間を過ごすのは旅の疲れを癒やすのにいいと思う。

The 240
住所:#83, Street 240 Phnom Penh
時間:8:00-20:00

保存

Related Post

スプレンダーコーヒー(SPLENDOR COFFEE)ブルックリンスタイルなスペシャリティコーヒーの... 浅草と蔵前の中間くらい、やや浅草よりかなあ・・というエリアにある小さなカフェがとてもしっくりくる場所なのです。ブルックリンスタイルということだけど、手作り感があるお店の作りとか、比較的ゆったりとしたスペースとか、そろってない家具の雰囲気がこの居心地のよさを作っていると思う。僕はちょっと系統は違うけれ...
プノンペンからケップまで車をチャーターして移動... 今回のカンボジア旅は、アンコールワットではないカンボジアをめぐる旅。プノンペンからカンボジア南部の町であるケップまでは車をチャーターして移動することにした。 この区間は乗合バスも運行しているけれど、車をチャーターしての移動の方が圧倒的に便利。値段も手頃なのでおすすめ。 現地の友人に手配を...
カヤバ珈琲で過ごす至福の時間 谷根千を散歩していると、言問通りの上野桜木交差点に建つ古い古民家のカフェがある。 お店の前のベンチには並んでいる人がいて人気店なのだろうなあと思っていたのだが、並ぶのは面倒だなと避けてきていた。 週末に谷根千を歩いていたら偶然にもわりと空いてそうだったのと、目当てにしていたカフェが閉店し...
鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ... いま台南でどこのエリアに興味があるかといえば新美街のエリアで、そのなかでも一番好きなのは鳳冰果舖というフルーツ専門のカフェ。ここで美味しい果物たちに出会ってからというもの、すっかり果物好きになった僕は日本でも美味しい果物屋さんを巡るようになってしまった。それくらい僕のライフスタイルにインパクトがあっ...
Zeppelin barはバーだけど餃子が美味しい... クメールスリンの近く278通りにあるロックバー。以前はボンケンコンの他のところにあったのだけど、2016年にいまのところに移転してきている。 移転したところはボンケンコンエリアだけど、最近は少し寂れている通りなので少し薄暗い。深夜の夜歩きには気をつけた方がよさそう。 プノンペンでは老舗の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください