Meta Houseカンボジアにある美術館や博物館は既に死んじゃった過去の人の作品ばかり。

それはそれで美しい作品も多いけれど、いまの人たちはどういう考えがあって、どういう感覚なのだろうっていうことは美術館や博物館ではよく分からない。

ちょっと前までは内戦でそれどころではないという話しもあったのかもしれないが、豊かになってきているカンボジアではギャラリーも出来てきていて現代アートの作品をみることができるようになってきている。

ボンケンコンエリアの東側にあるMeta Houseは老舗のギャラリーで現代アートの作品を観に行くことが出来る。

二階はカフェ兼ミニシアターみたいになっていて、夕方以降は営業しているみたいで、僕が行ったタイミングでは一階のギャラリーのみやっていた。

何人かの作品が展示されていたのだけど、正直なところちょっと不思議な感じ。色々な感性や美意識とか表現方法があると思うのだが、なんだか妙にダークサイドに暗いなというところで、これ買って部屋に飾りたいかといわれると困るという感じをもってしまう。

これはまあアーティストの展示内容がたまたまそうだったということもあるのだが、プノンペンにはここ以外にもいくつか新しいギャラリーが出来ている。ただ、浮き沈みが激しくすぐ閉店してしまうところも多いので、事前に確認してから行くといいと思う。

今回、宿泊しているThe Pavilionのスタッフは詳しい人がいたので、ホテルでおすすめを聞いてみるのもいいかと。

META HOUSE PHNOM PENH
住所:#37 Sothearos Boulevard, Songkhat Tonle Bassak, Khan Chamkarmon, Phnom Penh

保存

Related Post

中之条ビエンナーレ2015 – 伊参エリア編... 中之条ビエンナーレで巡る里山の旅。四万温泉の東側にある伊参エリア編。この辺りは、伊参スタジオが有名なところだけど、今回は新たな廃校が増えていたのが、ビエンナーレとしてはいいのだろうけれど、地域としてはどうなんだろうって思うところ。 旧伊参小学校 旧伊参小学校にあった作品。なんかぞわぞ...
中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...
リナ・ボ・バルディ展「ブラジルが最も愛した建築家」をみてきた... 美術館のロゴの上の赤い部分も作品のひとつ 夏にみてきたオスカー・ニーマイヤー展につづくブラジル建築の回顧展。 自然との調和という点においてはオスカー・ニーマイヤーと共通するところもあり、人に近いデザインという部分でいうとリナ・ボ・バルディがもっている暖かみとかいいなって思える。 ...
越後妻有の作品「再構築 Restructure」をみる... ポチョムキンでのんびりしたあと、行ってみたのは十日町の当間高原にある「再構築 Restructure」という作品。 草原のなかに隠れるようにして建つ小さな小屋なので、カーナビでのアクセスの場合には近くにあるリゾートホテルのベルナティオを目印にするといいと思う。 再構築 2...
建築的に見ていて楽しい高雄の地下鉄駅紹介「中央公園駅」... 高雄の地下鉄といえば、オフィシャルキャラクターが萌えキャラでなんかすげえなと思ってしまうのだが、それ以外にも現代建築として面白いところがある。 有名なのはターミナル駅である美麗島(フォルモサ)駅の建物と改札のステンドグラスだけど、今回行ってみた中央公園駅もまたのどかでいいところだった。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください