Meta Houseカンボジアにある美術館や博物館は既に死んじゃった過去の人の作品ばかり。

それはそれで美しい作品も多いけれど、いまの人たちはどういう考えがあって、どういう感覚なのだろうっていうことは美術館や博物館ではよく分からない。

ちょっと前までは内戦でそれどころではないという話しもあったのかもしれないが、豊かになってきているカンボジアではギャラリーも出来てきていて現代アートの作品をみることができるようになってきている。

ボンケンコンエリアの東側にあるMeta Houseは老舗のギャラリーで現代アートの作品を観に行くことが出来る。

二階はカフェ兼ミニシアターみたいになっていて、夕方以降は営業しているみたいで、僕が行ったタイミングでは一階のギャラリーのみやっていた。

何人かの作品が展示されていたのだけど、正直なところちょっと不思議な感じ。色々な感性や美意識とか表現方法があると思うのだが、なんだか妙にダークサイドに暗いなというところで、これ買って部屋に飾りたいかといわれると困るという感じをもってしまう。

これはまあアーティストの展示内容がたまたまそうだったということもあるのだが、プノンペンにはここ以外にもいくつか新しいギャラリーが出来ている。ただ、浮き沈みが激しくすぐ閉店してしまうところも多いので、事前に確認してから行くといいと思う。

今回、宿泊しているThe Pavilionのスタッフは詳しい人がいたので、ホテルでおすすめを聞いてみるのもいいかと。

META HOUSE PHNOM PENH
住所:#37 Sothearos Boulevard, Songkhat Tonle Bassak, Khan Chamkarmon, Phnom Penh

保存

Related Post

プノンペンからケップまで車をチャーターして移動... 今回のカンボジア旅は、アンコールワットではないカンボジアをめぐる旅。プノンペンからカンボジア南部の町であるケップまでは車をチャーターして移動することにした。 この区間は乗合バスも運行しているけれど、車をチャーターしての移動の方が圧倒的に便利。値段も手頃なのでおすすめ。 現地の友人に手配を...
カンボジアメイドのBodia Natureはお土産に最適... カンボジア産にこだわったスパ・プロダクトで有名なブランド。手頃な商品も多いのでカンボジア土産には最適だと思う。プノンペンでは国立博物館の近くに本店があるので、そこに行くのがおすすめだけど、ボンケンコン地区にも小さな支店があるのでそちらに行くのもいいと思う。市場にも商品があるのだが、ちょっと怪しい。...
モエレ沼公園に行ってきた イサムノグチが晩年に設計した公園。札幌郊外にあって、公共交通機関でのアクセスは悪いのだが来てみる価値はある。 公園の入場に関しては無料なのだけど、あまりにも広い公園なので見てまわるにはレンタルサイクルを借りるのがおすすめ。というか歩いて見てまわるよりもずっと気持ちがいい。 人工的につくら...
アジアソサイエティーセンター香港で写真展をみてきた... 旅先でみる現代アートってその国がもっている感性の一端がみえるようでなんだか楽しい。同じものを扱っていても情報のまとめ方なんかが違っていて、ちょっと新鮮な感覚がある。それが全てなわけではないけれど、少しその国に対して理解が深まったような感じがする。 今回の旅では金鐘にあるアジアソサイエティセンタ...
Khmer Surin Restaurantではクメール料理よりもタイ料理を食べるのが無難... 僕のなかでクメール料理とは「タイ料理が遠くで鳴る鐘のような感じ」の料理であり、なんだかぼんやりとしている。一般的にはちゃんとしたクメール料理はポルポト時代に途絶えてしまったといわれていて、残っているのは庶民の味の残骸みたいな感じがする。つまり、僕の意見としてはだいたいのクメール料理は美味しいと思えず...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください