Meta Houseカンボジアにある美術館や博物館は既に死んじゃった過去の人の作品ばかり。

それはそれで美しい作品も多いけれど、いまの人たちはどういう考えがあって、どういう感覚なのだろうっていうことは美術館や博物館ではよく分からない。

ちょっと前までは内戦でそれどころではないという話しもあったのかもしれないが、豊かになってきているカンボジアではギャラリーも出来てきていて現代アートの作品をみることができるようになってきている。

ボンケンコンエリアの東側にあるMeta Houseは老舗のギャラリーで現代アートの作品を観に行くことが出来る。

二階はカフェ兼ミニシアターみたいになっていて、夕方以降は営業しているみたいで、僕が行ったタイミングでは一階のギャラリーのみやっていた。

何人かの作品が展示されていたのだけど、正直なところちょっと不思議な感じ。色々な感性や美意識とか表現方法があると思うのだが、なんだか妙にダークサイドに暗いなというところで、これ買って部屋に飾りたいかといわれると困るという感じをもってしまう。

これはまあアーティストの展示内容がたまたまそうだったということもあるのだが、プノンペンにはここ以外にもいくつか新しいギャラリーが出来ている。ただ、浮き沈みが激しくすぐ閉店してしまうところも多いので、事前に確認してから行くといいと思う。

今回、宿泊しているThe Pavilionのスタッフは詳しい人がいたので、ホテルでおすすめを聞いてみるのもいいかと。

META HOUSE PHNOM PENH
住所:#37 Sothearos Boulevard, Songkhat Tonle Bassak, Khan Chamkarmon, Phnom Penh

保存

Related Post

トゥール・スレン虐殺博物館(Tuol Sleng Genocide Museum)へ行ってきた... ひさびさのプノンペンへの旅。そして、ひさびさにトゥール・スレンへ行ってきた。行くと、その凄惨さと妙な生々しさにどんよりしてしまうのだけど、プノンペンに来たならば訪れた方がいいところではある。 プノンペン市街にマオツォトン通り(Mao Tse Toung Blvd)というのがあるのだが、多くのク...
まつだい「農舞台」と詩情的世界の棚田... 大地の芸術祭の拠点として最大規模の施設が、ここ松代駅に隣接している、まつだい農舞台という建物。ここには、半屋外型の劇場施設と、建物内には小さめのミュージアムとショップ、カフェが入っている。トイレも清潔でデザインも洗練されているのでおすすめ。 また、ここで有名なのは農舞台をはさんで反対側にある棚...
中之条ビエンナーレ2013(四万温泉編)... 芸術の秋!2年前に行ってすごい楽しかった、中之条ビエンナーレに今回も行ってきた。 六合からスタートして、初日で暮坂峠を抜けて沢渡を通り四万温泉へ向かう。この日は四万温泉にある中村屋という民宿に泊まるので、ここまで来ればもうお酒も飲めるってもんだ。 と、その前に中之条ビエンナーレをみてまわ...
ワタリウム美術館「ここより北へ」展覧会をみてきた... 北青山のワタリウム美術館でやっている石川直樹と奈良美智の写真展をみてきた。カメラマンである石川直樹さんの作品は楽しみだし、奈良美智さんの写真もときたま絵の展覧会でみかけていて、独特な視点があるなって気になっていたのでまとめて観られるのはいいなと。 会期が5月24日まで延長したこともあって、ぎり...
Zeppelin barはバーだけど餃子が美味しい... クメールスリンの近く278通りにあるロックバー。以前はボンケンコンの他のところにあったのだけど、2016年にいまのところに移転してきている。 移転したところはボンケンコンエリアだけど、最近は少し寂れている通りなので少し薄暗い。深夜の夜歩きには気をつけた方がよさそう。 プノンペンでは老舗の...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください