フランスのラーメン店では麵を残すことがあってもスープを飲み干す人が多いという話を聞いたことがある。まあ、そんなもんかなとか思いながら聞いていたのだが、佐市にきてここのスープを飲んでその気持ちがよくわかった。

スープの美味しいラーメンはそれだけで上品な料理に匹敵するくらい高尚なものだと実感する。

麵や 佐市は錦糸町に来ることはあまりないのだけど、前から気になっていたラーメン店。地下鉄駅からだとロッテホテルの一階を経由して行くとらくちん。ガード下にも立ち飲み屋があったりして楽しそうなエリアだな。

店内に入ってすぐのところで券売機で商品を購入。今回は全部入りの佐市麵を頼んでみることにした。夕方に行って店内は結構がらがらだったのだけど、お店の人に「詰めて座ってください」といわれるのはさすがの人気店。とはいえ、そこまで厳しくなくてもいいだろうとは思うけれど。

佐市麵

太麺なこともあり、出てくるまでに少し時間がかかる。なので瓶ビール飲みながら待ったりするのも悪くない。スープは化学調味料を使わずに作られている。一見すると濃厚な感じだけど、味わってみるとクリーミーさがあるけれど味は優しい。飲み干しても「身体に悪いことしてしまったぜ」みたいな感覚はない。

なんといっても牡蠣をつかったスープなので、この風味がすごくある。具材としても入っているけれど、この出汁にきいている牡蠣が美味しいのだな。ほかの具材で臭みをうまく隠していて複雑な味。ここは麵も美味しいけれど、なによりスープが美味しいラーメン店だな。

錦糸町の繁華街からは少し離れているけれど、ここのラーメン店まで通ってしまいたくなる気持ちが分かる。

麺や 佐市
住所:東京都墨田区錦糸4丁目6−9
時間:11:30-23:30(金土24:00,日22:00)
休み:年末年始

Related Post

いちばん星(佐賀) – 地元御用達なシメのラーメン屋... 佐賀ですっごい呑み歩いて、結構いい感じになってきているのだが、佐賀ラーメンだったら、絶対に「いちばん星」ですよ!と熱いおすすめを聞いたからには行かなくては。 ということで、佐賀市内でもなんかちょっと怪しい雰囲気のところへ足を踏み込んでみた。佐賀って駅前とかは深夜になると人通りもまばらなのだが、...
本場のとんこつラーメンを銀座で楽しむ「博多長浜屋台 やまちゃん」... たまに、福岡で食べるとんこつラーメンの味が懐かしくなり行ってしまうところ。東銀座の駅からも近く、比較的空いているので行きやすいのが好き。 本店は店名にある通り博多の長浜で屋台として登場したのだが、いまは天神などにも出店している有名店。お店はそれほど広くはないけれど、テーブル席もあったりするので...
究極の喜多方ラーメン「食堂 なまえ」で食べてきた... 恵比寿にある喜多方ラーメンの坂内で食べるラーメンがわりと好きなのです。ちょっと縮れた太麺と出汁のきいたスープがシンプルで優しい味だなあって思う。 なので、今回の旅で喜多方にやってきたのは本場のラーメンを食べるということ。行ってみたのは「食堂なまえ」というお店。住宅街のなかにある小さなお店で、カ...
「豚のさんぽ」でシメのラーメン 食堂園での焼肉がいまいち腑に落ちない結果となり、なんとなく足が向かったのがこちら。 結論としては信濃大町でこのお店だけが行列になっている理由がなんとなくわかった気がする。おそらくは、もっとも手頃でもっともまともなのだろう。 信濃大町駅のすぐ目の前にあるお店で、ラーメン店となっているけれど...
すずらんのラーメンは値段以上の価値がある... 恵比寿新聞ですこし大げさなんじゃないか?と思えるくらいの記事をみかけて、でもやはり美味しそう・・という誘惑に駆られて訪れたところ。(恵比寿新聞:全て手作り!素材に対する愛が究極すぎる恵比寿に引っ越ししてきたらーめん「すずらん」) 写真も説明も恵比寿新聞の方がしっかりしているので、そちらをごらん...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください