僕のなかでクメール料理とは「タイ料理が遠くで鳴る鐘のような感じ」の料理であり、なんだかぼんやりとしている。一般的にはちゃんとしたクメール料理はポルポト時代に途絶えてしまったといわれていて、残っているのは庶民の味の残骸みたいな感じがする。つまり、僕の意見としてはだいたいのクメール料理は美味しいと思えず、なんだか不思議な感じ。

美味しいクメール料理は、朝食に食べるクイトゥーは美味しいけれど、それくらいしか思い浮かばないなあ。(シェムリアップにある「ミーケウ シエムリアプ」のクイトゥーをまた食べに行きたいくらい)。

とはいえ、旅行に来たならば一度くらいは現地の味を食べてみたいというのもある。プノンペンであれば、Topazの系列店であるマリス(Malis)と、クメールスリン(Khmer Surin)が有名でクメールスリンの方がカジュアルに楽しめる老舗というところ。

Khmer Surin
店内

古くからボンケンコンエリアにあり、ガイドブックにも載っている有名店。店内は一階は伝統的な雰囲気のレストランで、二階はテラス席があったりする。

テラス席は日本のタイ料理店みたいに区切られていて、座布団にごろっとしながらビールを飲んだりできるのが気持ちいい。なので、おすすめは二階のテラス席。

ドラフトビールはあやうい、あまり美味しくない
謎のスープ、クメール料理
川魚・・だと思う。
青いマンゴーの塩漬け、これ意外といける。

メニューとしてはクメール料理とタイ料理がまざっていて、店員さんに聞けばどれがタイ料理なのかと説明してくれる。アモックとかが一般的なクメール料理になるかと思うが、これもタイ料理を変にアレンジした料理って思えてしまうんだよなあ。

今回食べたクメール料理は名前は忘れてしまったが、川魚を揚げたものと、レモングラスのスープが出てきて、それをお米であえて、アクセントには熟していない青いマンゴーの塩漬けを少し入れるというもの。これはいってみれば、ぶっかけ飯みたいなものなのだけど、比較的美味しい部類のクメール料理だと思う。

そう、いまのクメール料理とは自分で味をコントロールしながら食べるスタイルなのだと思う。それを考えると旅行者が美味しいクメール料理にたどり着けない理由もわかるような気がするなという結論にいたる。なので、タイ料理を食べつつクメール料理を少しチャレンジするくらいがいいかも。ここは、プノンペンで手頃な値段でクメール料理を楽しむにはおすすめのレストラン。

Khmer Surin Restaurant
住所:House #9, Street 57, Sangkat Boeung Keng Kang I, Khan Chamkarmon,Phnom Penh
時間:10:00-22:00
休み:不定休

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です