僕のなかでクメール料理とは「タイ料理が遠くで鳴る鐘のような感じ」の料理であり、なんだかぼんやりとしている。一般的にはちゃんとしたクメール料理はポルポト時代に途絶えてしまったといわれていて、残っているのは庶民の味の残骸みたいな感じがする。つまり、僕の意見としてはだいたいのクメール料理は美味しいと思えず、なんだか不思議な感じ。

美味しいクメール料理は、朝食に食べるクイトゥーは美味しいけれど、それくらいしか思い浮かばないなあ。(シェムリアップにある「ミーケウ シエムリアプ」のクイトゥーをまた食べに行きたいくらい)。

とはいえ、旅行に来たならば一度くらいは現地の味を食べてみたいというのもある。プノンペンであれば、Topazの系列店であるマリス(Malis)と、クメールスリン(Khmer Surin)が有名でクメールスリンの方がカジュアルに楽しめる老舗というところ。

Khmer Surin
店内

古くからボンケンコンエリアにあり、ガイドブックにも載っている有名店。店内は一階は伝統的な雰囲気のレストランで、二階はテラス席があったりする。

テラス席は日本のタイ料理店みたいに区切られていて、座布団にごろっとしながらビールを飲んだりできるのが気持ちいい。なので、おすすめは二階のテラス席。

ドラフトビールはあやうい、あまり美味しくない
謎のスープ、クメール料理
川魚・・だと思う。
青いマンゴーの塩漬け、これ意外といける。

メニューとしてはクメール料理とタイ料理がまざっていて、店員さんに聞けばどれがタイ料理なのかと説明してくれる。アモックとかが一般的なクメール料理になるかと思うが、これもタイ料理を変にアレンジした料理って思えてしまうんだよなあ。

今回食べたクメール料理は名前は忘れてしまったが、川魚を揚げたものと、レモングラスのスープが出てきて、それをお米であえて、アクセントには熟していない青いマンゴーの塩漬けを少し入れるというもの。これはいってみれば、ぶっかけ飯みたいなものなのだけど、比較的美味しい部類のクメール料理だと思う。

そう、いまのクメール料理とは自分で味をコントロールしながら食べるスタイルなのだと思う。それを考えると旅行者が美味しいクメール料理にたどり着けない理由もわかるような気がするなという結論にいたる。なので、タイ料理を食べつつクメール料理を少しチャレンジするくらいがいいかも。ここは、プノンペンで手頃な値段でクメール料理を楽しむにはおすすめのレストラン。

Khmer Surin Restaurant
住所:House #9, Street 57, Sangkat Boeung Keng Kang I, Khan Chamkarmon,Phnom Penh
時間:10:00-22:00
休み:不定休

Related Post

大福 – 通な雰囲気の広島お好み焼屋さん... 街を歩いていて、Google Mapで発見。こんな場末のスナックとかあるような雰囲気のところにあるのか?と思ったら本当にあった。 カウンターだけのお店で、すっごい無口な男性の方がひとりでもくもくと焼いています。肉玉そばが450円で瓶ビールが500円。1,000円で満足できるというステキなお店。...
焼肉 やまだ(上野) – カジュアルで美味しい焼肉... 店のロケーションは怪しい 焼肉といえば、渋谷の鉢山に対して真逆の雰囲気なのだけど、美味しい焼肉を食べるという点においてはひけをとらないと思っている。 お店のロケーションは上野広小路のちょっと怪しい路地にあるので、若干いくのをためらいそうなところではある。 でも、美味しさには変えら...
フォークイン(Phở Quỳnh)で地元のフォーを食べる... ファングーラオ界隈で食事をすると考えたときに、ローカルフードということであれば迷いなくフォークインに行くのがおすすめ。 東京でいうところの下町にあるラーメンの名店みたいなものだけど、並ぶことなく美味しいフォーを食べることができる。 場所はファングーラオ通りとドークァンダウ通りの交差点。安...
五反田の「鳥茂」は焼鳥ではなく、不思議な高級やきとん屋さんでした。... 五反田の東口にひろがる歓楽街の一画にある不思議なお店。昭和の雰囲気で店内も映画のセットみたいな趣がある。店名は鳥茂なのだけど、出てくる料理は「やきとん」で豚肉。そしてなにより、メニューに値段がついていない時価で、そして高い。ちょっとしたビストロで食事したかのようだ。 鳥茂へのアクセス 五...
三城 – 松本随一の正当派な蕎麦屋... そのお店の外見からは蕎麦屋のようにはまったくみえず、なにかのギャラリーのような佇まい。 地元の人はあまり行かないみたいで(だって高いから)、ぼくらのようなよそから来たお客がほとんどなのだが、それでもこのお店の雰囲気や蕎麦のよさは松本随一の存在だと思う。 このお店の雰囲気は独特なものがあり...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください