僕のなかでクメール料理とは「タイ料理が遠くで鳴る鐘のような感じ」の料理であり、なんだかぼんやりとしている。一般的にはちゃんとしたクメール料理はポルポト時代に途絶えてしまったといわれていて、残っているのは庶民の味の残骸みたいな感じがする。つまり、僕の意見としてはだいたいのクメール料理は美味しいと思えず、なんだか不思議な感じ。

美味しいクメール料理は、朝食に食べるクイトゥーは美味しいけれど、それくらいしか思い浮かばないなあ。(シェムリアップにある「ミーケウ シエムリアプ」のクイトゥーをまた食べに行きたいくらい)。

とはいえ、旅行に来たならば一度くらいは現地の味を食べてみたいというのもある。プノンペンであれば、Topazの系列店であるマリス(Malis)と、クメールスリン(Khmer Surin)が有名でクメールスリンの方がカジュアルに楽しめる老舗というところ。

Khmer Surin
店内

古くからボンケンコンエリアにあり、ガイドブックにも載っている有名店。店内は一階は伝統的な雰囲気のレストランで、二階はテラス席があったりする。

テラス席は日本のタイ料理店みたいに区切られていて、座布団にごろっとしながらビールを飲んだりできるのが気持ちいい。なので、おすすめは二階のテラス席。

ドラフトビールはあやうい、あまり美味しくない
謎のスープ、クメール料理
川魚・・だと思う。
青いマンゴーの塩漬け、これ意外といける。

メニューとしてはクメール料理とタイ料理がまざっていて、店員さんに聞けばどれがタイ料理なのかと説明してくれる。アモックとかが一般的なクメール料理になるかと思うが、これもタイ料理を変にアレンジした料理って思えてしまうんだよなあ。

今回食べたクメール料理は名前は忘れてしまったが、川魚を揚げたものと、レモングラスのスープが出てきて、それをお米であえて、アクセントには熟していない青いマンゴーの塩漬けを少し入れるというもの。これはいってみれば、ぶっかけ飯みたいなものなのだけど、比較的美味しい部類のクメール料理だと思う。

そう、いまのクメール料理とは自分で味をコントロールしながら食べるスタイルなのだと思う。それを考えると旅行者が美味しいクメール料理にたどり着けない理由もわかるような気がするなという結論にいたる。なので、タイ料理を食べつつクメール料理を少しチャレンジするくらいがいいかも。ここは、プノンペンで手頃な値段でクメール料理を楽しむにはおすすめのレストラン。

Khmer Surin Restaurant
住所:House #9, Street 57, Sangkat Boeung Keng Kang I, Khan Chamkarmon,Phnom Penh
時間:10:00-22:00
休み:不定休

Related Post

ブラッカウズふたたび – やはりここら近辺で一番すきなハンバーガー... Reg on Dinner行った翌日にランチで再訪(前回はこちら)。しかも、昨日と同じ人と。 なんとなく、ハンバーガー熱が盛り上がってしまい「ここはひとつブラッカウズにも行こうではないか」みたいになった勢いで二日連続のハンバーガー。 ちょっと久々に来たのだが、やはり肉々しいハンバーガーは...
池袋の三馬力で馬肉づくし お店の外観 いまでは貴重になった生肉を食べるということを、手頃な価格で心ゆくまで堪能してきた。 熊本で買った肉乃橋本の馬肉もそうだけど、馬肉がこんなにもさっぱりしていて美味しいなんて、新しい価値観を発見した気分だ。 お店の場所は池袋駅からはちょっと歩くのだが、すごい怪しいエリアで...
【閉店】ブション・プロヴァンサル(中目黒)のランチ... フランスレストランウィークで見かけて気になったのでランチをいただきに訪れてみた。 場所は中目黒の駅からもちょっと離れているのでアクセスはいい方じゃないなってところ。 代官山にあった「シェ・アズマ」(2014年7月で閉店)のオーナーシェフが新しく拠点を移して活動しているレストランということ...
Narita Yutaka – 中目黒で手軽に楽しめるフレンチ... フランス レストランウィークのタイミングでどこかランチ行きたいなと思いつつ、有名店は軒並み予約で埋まっていて、偶然見つけたのが中目黒にあるNarita Yutakaというレストラン。 どんなレストランなのか事前にまったく調べないままに訪れてみたのだけど、手頃だけど洗練されていて、とてもいいレス...
ミシュラン三つ星の「鮨 田なべ」に行ってみた... 比較的お手頃な価格帯で「ミシュラン三つ星のところでディナーを楽しんだ」といえるところ。それ以上の価値があるかといわれるとちょっとわからない。でも、札幌で寿司を食べるのであれば雰囲気もいいし、洗練されているのでいいところだとは思う。 場所は以前の場所から札幌駅に近い六花亭のビルに移転していて広く...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください