2016年夏時点においてプノンペンでもっともおもしろいエリアのひとつ。ボンケンコン地区のなかでも、ノロドム通りから308通りを200mくらい入ったところにあるBassac Laneには小さなバーが建ち並んでいてナイトエリアとしてプノンペンで注目されているところ。ちなみに、バーがあってお酒が飲めるというエリアであって風俗関係のお店は見当たらないので、そういうのが目当ては方は別のサイトへどうぞ。

Bassac Laneへのアクセス

ボンケンコンエリアにあり、独立記念塔からノロドム通りを南に進んでいき、Malisのある308通りを少し入ったところ。200メートルくらいすすむと右側に小さな路地があり、そこがBassac Laneのエリアとなる。治安はあまりよさそうな雰囲気はないけれど、夜までトゥクトゥクがいるから移動は多少高くてもトゥクトゥクを利用するのが安全だと思う。

Hangar 44

Hangar 44について

Bassac Laneの路地のなかでももっとも奥の方にある。店内に大きなバイクが飾られているのが目印。どうやら、もともとはバイクの修理工場だったのかそんなような感じらしい。

この路地はほかにもオーセンティックな感じのバーとか、カフェっぽいところとか色々あるので気になるところを飲み歩いてみるのもいいかもしれない。夜は21:00過ぎから盛り上がってきて深夜までつづく。かなり楽しそうなエリアである。

オリジナルカクテル、どうみても美味しそうにみえない。。
マティーニとか頼む方が無難

Hangar 44は、一階はカウンターとスツールがあるくらいで、二階はソファ席になっている。なので、ゆっくりとお酒を楽しみたい場合には二階に上がってしまうのがおすすめ。店員さんは英語が通じるので、オーダーには困らないと思う。客層はクメール人も少しはいるけれど基本的には欧米の人たちが中心。

ここではカクテルの種類が多いので、オリジナルのものを含めて試してみるのもいいと思う。ただ、オリジナルのカクテルは美味しいのだが、写真映えは全然しなかった。むしろ写真に撮るとなんだかまずそうにしか見えない・・。instagramとかにアップするのであれば、マティーニとか定番のお酒の方がいいかもしれないって余計なお世話か。

ソファ席はゆったりしていて、時間を忘れてしまいそうなところだが、23時を過ぎるとトゥトゥクの数が減って旅行者には帰りづらくなってしまうため、深夜までとはいえほどほどのタイミングで帰ること。とはいえ、経済成長著しいプノンペンでもおもしろいエリアが増えてきて楽しい。

Hangar 44
住所:44 Bassac Lane, Phnom Penh
時間:17:00-24:00(日月火は23:00)
休み:不定休

Related Post

松本ブルワリーはここでも飲める!オールドロックでクラフトビール... 中町通りの松本ブルワリーでビールを飲んで、松本に住んでいる友人と飲み明かして相当酔っていたのだが、そのあと一人で二次会に行ってみることにした。 場所は松本のパルコ近くにあるオールドロックというビアパブみたいなところで、イギリスのパブっぽい雰囲気がある。立ち飲みとかも出来る感じ。夜遅い時間に来た...
東京駅で軽く日本酒が楽しめるバー「秋田純米酒処」... 東京駅でちょっと軽く飲んだりするときに立ち寄るところ。東京駅の八重洲北口からすぐのところにある北町ダイニングというところの2階にある。 ちょっと分かりづらいところなんだけど、いつも賑わっているのがすごい。 お店は「あべや」という比内地鶏のレストランに併設されているバースタイルの場所で、カ...
アートアクアリウム2016へ行ってきた。... このブログをはじめるより前から、夏になると行っていたアートアクアリウム。2016年で10周年らしい。そんなにやっていたのか。 金魚をアート作品として宝石を眺めるようにみせるというのはすごく斬新でおもしろい。 過去のアートアクアリウム アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみて...
老舗のタイ料理、バーンクンメー(Ban Khun Mae)でタイ料理を堪能する... オーソドックスなタイ料理を食べられる老舗の名店。サイアムスクエアの繁華街にあって便利なところでもあるので、ランチでもディナーでもおすすめ。 バーンクンメー(Ban Khun Mae)へのアクセス BTSのサイアム駅4番出口、またはラマ1世通りをすすみSoi5の路地を南側へ入る。300メー...
The Lord Webbレストラン – 手頃なタイ&西洋料理レストラン... ホアヒン郊外にあるレストラン。今回泊まった「Sea Harmony Eco Lodge Guesthouse」からは歩いて数分のところにあるので、もし泊まったときにはいく機会があるんじゃないかと思う。 一見すると普通のタイのリゾートによくある雰囲気のレストランなのだが、中身はタイ料理だけじゃな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください