いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。

そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思う日曜日の夕方。夕暮れ時に独立記念塔の公園を散歩していたのだけど、人で賑わっていてなんだか楽しかった。

以前はもっと川沿いの方が賑わっていたけれど、同じくらい治安もよくなくてなんだか面倒くさい街だなと思っていた。

昼間の風景

でも、今回訪れた夕方の独立記念塔のあたりは家族連れがいて散歩をしていたり、若い子たちがスマホを眺めて過ごしていたり、サッカーをしていたり。そして、スマホで音楽流しながらスケボーやっているのがいたのが印象的。週末の駒沢公園とかと変わりがない。

警察官も出てきているので夕暮れ時くらいまでは治安の問題もあまり感じない。これが20時過ぎると途端に人が減るのが驚くのだが、日が傾きはじめ暑さが和らぐ時間くらいからここを散歩するのがおすすめ。

独立記念塔の公園、夕方は家族連れで賑わっている

とくに屋台の出店が出ているわけでもないし、なにかが起きるわけでもないけれど、こういう日常がプノンペンの街にあって、僕らが日本で日曜日の夜に「ああ・・明日は月曜日か・・」とかごはんを食べている頃にプノンペンではスケボーやったり自撮りをしている人たちが公園でのんびり過ごしているんだな、ということを知るだけでも旅行に来てよかったなって思える。

プノンペンを旅するときには一度は来てみてほしい。

Related Post

姨捨駅から眺める善光寺平の夜景(そして翌朝も訪れた)。... 冬に通った松本から長野までの篠ノ井線。途中でとおった姨捨駅からの風景は「日本三大車窓」というだけあって雄大で美しいものだった。 前回の旅:篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅 今回は青春18きっぷも使えることだし、ちょっと夜景を見てみようではないかと、松本から姨捨まで...
あてま高原のベルナティオに宿泊記 僕のなかで、リゾートホテルのなかでは最も好きなホテルのひとつ。日本でのリゾートホテルというと、夏に泊まったベネッセハウスとかの方が有名。 でも、この静かな越後妻有の風景のなかにあって、控えめに存在しているけれど、質の高いサービスを提供しているベルナティオは、この地方で行われている大地の芸術祭の...
クレマチスの丘とヴァンジ彫刻庭園美術館とベルナール・ビュフェ美術館... 日本にある美術館でもっとも好きなところのひとつ。春から夏にかけて定期的に訪れているのは、沼津にあるクレマチスの丘というところ。 ここは、スルガ銀行を作ったいくつかの美術館が集まっていて、とくにクレマチスが咲く春~夏は通り過ぎる風すら美しく香っているかのようで居心地がよくて好きな場所。沼津って漁...
夜の高台寺のライトアップは美しい ちょうど京都旅の直前に万城目学の書いた「とっぴんぱらりの風太郎」を読んでいたので、北政所が住んでいた高台寺のことは気になっていた。 高台寺は旦那である豊臣秀吉の冥福を祈るために建立した寺院であり、寺の前は仏門に入った際につけられた「高台院」という名にちなんでいる。豊臣秀吉って飽くなき権力者であ...
饒河街觀光夜市は散歩するだけでも楽しい... 台湾に始めて来る人がいれば、だいたい一度は夜市に行きたいってことになる。僕は夜市にあまり興味がないのだけれど、それはさんざん行ったからであって、はじめて行く人にそんな話ししても自分の目で見た方がいいだろうってことになる。 そこで、どこの夜市に行くのがいいかなって話になるのだが、台北であれば松山...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください