いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。

そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思う日曜日の夕方。夕暮れ時に独立記念塔の公園を散歩していたのだけど、人で賑わっていてなんだか楽しかった。

以前はもっと川沿いの方が賑わっていたけれど、同じくらい治安もよくなくてなんだか面倒くさい街だなと思っていた。

昼間の風景

でも、今回訪れた夕方の独立記念塔のあたりは家族連れがいて散歩をしていたり、若い子たちがスマホを眺めて過ごしていたり、サッカーをしていたり。そして、スマホで音楽流しながらスケボーやっているのがいたのが印象的。週末の駒沢公園とかと変わりがない。

警察官も出てきているので夕暮れ時くらいまでは治安の問題もあまり感じない。これが20時過ぎると途端に人が減るのが驚くのだが、日が傾きはじめ暑さが和らぐ時間くらいからここを散歩するのがおすすめ。

独立記念塔の公園、夕方は家族連れで賑わっている

とくに屋台の出店が出ているわけでもないし、なにかが起きるわけでもないけれど、こういう日常がプノンペンの街にあって、僕らが日本で日曜日の夜に「ああ・・明日は月曜日か・・」とかごはんを食べている頃にプノンペンではスケボーやったり自撮りをしている人たちが公園でのんびり過ごしているんだな、ということを知るだけでも旅行に来てよかったなって思える。

プノンペンを旅するときには一度は来てみてほしい。

Related Post

台南週末旅2014 街中にあった郵便箱 別に週末を利用してというわけじゃないけれど、2014年のゴールデンウィーク後半を利用して台湾を旅してきた記録の台南編。 ちょうど台南を旅していたタイミングが週末にかさなっていて、賑わう台南を旅してくることになった。 週末の台南は混雑という感じじゃなくて、活気が...
水戸の偕楽園で梅を愛でて、ゆるキャラに絶句する... 鹿島から国道を北上して水戸までやってきた。ちょうど梅が咲いている時期だったこともあり、偕楽園へ行ってみることにする。都市にある公園ではセントラルパークに次ぐ敷地で、岡山の後楽園、金沢の兼六園とともに日本三大名園として有名。 偕楽園へのアクセス 梅の時期には常磐線が特急などもふくめて目の前にある偕...
旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...
チェンマイ散歩旅 チェンマイでの過ごし方で一番好きなのは、旧市街をぶらぶらと散歩してまわること。 できれば自転車ですらなく、だらだらと歩くのがいい。自転車での移動すらはやすぎると思う。のんびりと進み、ちょっと疲れたらその辺の駄菓子やさんみたいんところの軒先で、コーラでも飲みながら休んだりするのがまた楽しい。 ...
庄内の城下町、鶴岡でレトロな洋館めぐりの散歩旅... 庄内エリアで商業の中心地は酒田で、鶴岡は政治の中心地として栄えてきた。かなり古い街で洋館があることは知っていたのだが、これが案外みていて楽しい旅だった。100年以上前の昭和初期に作られたものが多く、昔の文化などに思いをはせるいいきっかけになる。 洋館めぐりの中心はJR鶴岡駅から南に2キロくらい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください