いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。

そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思う日曜日の夕方。夕暮れ時に独立記念塔の公園を散歩していたのだけど、人で賑わっていてなんだか楽しかった。

以前はもっと川沿いの方が賑わっていたけれど、同じくらい治安もよくなくてなんだか面倒くさい街だなと思っていた。

昼間の風景

でも、今回訪れた夕方の独立記念塔のあたりは家族連れがいて散歩をしていたり、若い子たちがスマホを眺めて過ごしていたり、サッカーをしていたり。そして、スマホで音楽流しながらスケボーやっているのがいたのが印象的。週末の駒沢公園とかと変わりがない。

警察官も出てきているので夕暮れ時くらいまでは治安の問題もあまり感じない。これが20時過ぎると途端に人が減るのが驚くのだが、日が傾きはじめ暑さが和らぐ時間くらいからここを散歩するのがおすすめ。

独立記念塔の公園、夕方は家族連れで賑わっている

とくに屋台の出店が出ているわけでもないし、なにかが起きるわけでもないけれど、こういう日常がプノンペンの街にあって、僕らが日本で日曜日の夜に「ああ・・明日は月曜日か・・」とかごはんを食べている頃にプノンペンではスケボーやったり自撮りをしている人たちが公園でのんびり過ごしているんだな、ということを知るだけでも旅行に来てよかったなって思える。

プノンペンを旅するときには一度は来てみてほしい。

Related Post

金瓜石で古きよき日本家屋を探訪する... 九分行きのバスで知り合った日本人に「九分の先にある金瓜石に行かれるということですが、そこはどういったものがあるんですか?」と聞かれたのだが、僕はそれに対して答えをもっておらず、ずいぶん怪しい回答をしたと思う。 しかし実際問題として金瓜石になにがあるのか知らなかったのだから、それは仕方が...
伝統の森での滞在 伝統の森の敷地 今回の旅行では、カンボジアまできて食べ歩きしている感がある(否定はしない)。 しかし、シェムリアップ郊外で運営されている伝統の森というところでの滞在は印象深いものだった。 伝統の森に行く手段としてもっとも一般的なのはシェムリアップでトゥクトゥクを手配して向かうとい...
千葉にあるバラの名所、谷津バラ園で存分にバラを浴びるほどみてきた... 関東圏においてバラの名所っていくつかあるみたいなのだけど、千葉の谷津というところにあるバラ園が相当に有名らしい。バラにそれほど思い入れがあるわけじゃないのだが、近くに蛍明舎という気になる喫茶店もあるので、ちょっと足を延ばしていってみることにした。 バラの見頃は春は5-6月、秋は10-11月くら...
源光庵のふたつの窓「迷いの窓」「悟りの窓」をみてきた... 京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。 ...
横浜トリエンナーレ2014をみてきた 2014年11月3日まで開催されていた横浜トリエンナーレを観てきたのでその記録。 とりあえず会期終わってからこれを書いているのだけど、まあそんなくらいの距離感でよかったかなというところ。 見に行けなかったとしても後悔はないと思うし、横浜の街も別にトリエンナーレで盛り上がるって感じじゃない...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.