いまのプノンペンの中心的なエリアである独立記念塔は1953年の独立を記念してその数年後に作られた比較的新しいモニュメント。アンコールワットを模していて、何年か前に行われたASEANの会議の時に修復されたはずなのでかなり新しい印象をうける。

そして、カンボジアも豊かになったんだなあとしみじみと思う日曜日の夕方。夕暮れ時に独立記念塔の公園を散歩していたのだけど、人で賑わっていてなんだか楽しかった。

以前はもっと川沿いの方が賑わっていたけれど、同じくらい治安もよくなくてなんだか面倒くさい街だなと思っていた。

昼間の風景

でも、今回訪れた夕方の独立記念塔のあたりは家族連れがいて散歩をしていたり、若い子たちがスマホを眺めて過ごしていたり、サッカーをしていたり。そして、スマホで音楽流しながらスケボーやっているのがいたのが印象的。週末の駒沢公園とかと変わりがない。

警察官も出てきているので夕暮れ時くらいまでは治安の問題もあまり感じない。これが20時過ぎると途端に人が減るのが驚くのだが、日が傾きはじめ暑さが和らぐ時間くらいからここを散歩するのがおすすめ。

独立記念塔の公園、夕方は家族連れで賑わっている

とくに屋台の出店が出ているわけでもないし、なにかが起きるわけでもないけれど、こういう日常がプノンペンの街にあって、僕らが日本で日曜日の夜に「ああ・・明日は月曜日か・・」とかごはんを食べている頃にプノンペンではスケボーやったり自撮りをしている人たちが公園でのんびり過ごしているんだな、ということを知るだけでも旅行に来てよかったなって思える。

プノンペンを旅するときには一度は来てみてほしい。

Related Post

猫のいる神社、上杉神社 米沢の街の中心的な存在である上杉神社。米沢城の跡地に作られた神社で、周囲はお堀で囲まれている。それにしても、山形県って酒田とか米沢とか洗練された都市があるのに、なぜ県庁が山形だったのだろうか。政治とは不思議なものだ。 しかし、県庁所在地から外れていることにより、この米沢の街も昔ながらの穏やかな...
小樽運河と散歩 小樽まで来たので、北一硝子からちょっと足を延ばして小樽運河まで。歩いて5分もかからないところにあってかなり近い。レンタルサイクルとかもあるけれど、坂の多い町なので歩いて回ってもいいんじゃないかなって思う。 運河沿いは幹線道路が走る郊外といったところで、写真でよく見る風景の反対側は全然情緒がない...
安曇野ちひろ美術館へ行ってきた いわさきちひろの専門美術館である、安曇野ちひろ美術館に行ってきた。 信濃大町から松本へ向かう道の途中にあるので、立ち寄りしやすいと思う。この周辺は安曇野アートラインとかいう場所で美術館が点在しているのだが、美しい庭園に囲まれたちひろ美術館はランドマーク的な存在。 僕が訪れたときは、ちょっ...
アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
鎌倉の大仏をみてきた 年末の昼過ぎから鎌倉をちょこっと日帰りで散歩みたいな旅してきた。僕にとっては鎌倉って近すぎてなかなか行かないところだけれど、なんだろう、色んな要素があって面白いところだった。 ただし、年末の時期に行くには寒い。もっと光の強い時期に改めて行ってみたいところ。 まずは、鎌倉駅から江ノ電に乗り...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください