入口にはセブンイレブン

プノンペンからバンコクに戻ってきた。その日の深夜には日本に帰るのだが、トランジットであってもゆっくりしたいなということで、ドンムアンのアマリに泊まるか迷ったが、バンコク市街に出てきてイビスに泊まることにした。

結論としては郊外に隔離されるくらいならサイアムまで出てきた方が断然楽しいと思う。

ここには前回の旅でもトランジットのように宿泊したのだが、利便性が高くてかつ手頃で安いホテルだと思う。

前回の訪問:Ibis Bangkok Siamは無難なビジネスホテル

上層階はイビスの上位互換であるメルキュールがあり、イビスは低層階にあるのだが、そんなに夜景みたければスカイバーとか行けばいい。ホテルから歩いて数分のところにThe Roofというバーがある。

アクセスはBTSのナショナルスタジアム駅の階段降りてすぐのところにあるのですごく便利。ホテルの前は常にタクシーもいるので、深夜早朝の移動にも困らない。利便性だけ考えるとこれ以上ない立地だと思う。

部屋はそれほど広くはないものの機能的に作られていて不便なところはない、むしろ快適。僕がバンコクでもっとも好きなホテルであるプラナコーンノーンレンとはだいぶ違うよな・・ってしみじみ思う。宿泊料金はほぼ同じなのに。

バンコクのホテルにおいて利便性と快適性を求め、それでいて手頃な宿泊料金ということであればちょっとここよりいいところはなかなか見つからないと思う。

どこ泊まっても似たようなインテリアでつまらないなっていうことを求めてはいけない。予約はExpediaで行った。

イビス バンコク サイアム(Ibis Bangkok Siam)
住所:Rama 1 Wangmai Pathumwaaccac

Related Post

リッチモンドホテル松本の宿泊記 初秋の松本訪問では駅前の飯田屋に泊まったのだが、今回はわりと自由にホテルを選べる状況だったので他のところに行ってみた。とはいえ、料金クラスとしては飯田屋と変わらないのだが。 リッチモンドホテルは松本駅からはのんびり歩いて5~6分くらいのところにあり、夜は松本で随一かつ唯一の飲食店街を抜けていく...
Meta Houseのギャラリーはプノンペンのいまを知ることができる... カンボジアにある美術館や博物館は既に死んじゃった過去の人の作品ばかり。 それはそれで美しい作品も多いけれど、いまの人たちはどういう考えがあって、どういう感覚なのだろうっていうことは美術館や博物館ではよく分からない。 ちょっと前までは内戦でそれどころではないという話しもあったのかもしれない...
老舗のタイ料理、バーンクンメー(Ban Khun Mae)でタイ料理を堪能する... オーソドックスなタイ料理を食べられる老舗の名店。サイアムスクエアの繁華街にあって便利なところでもあるので、ランチでもディナーでもおすすめ。 バーンクンメー(Ban Khun Mae)へのアクセス BTSのサイアム駅4番出口、またはラマ1世通りをすすみSoi5の路地を南側へ入る。300メー...
エアアジア X(成田-バンコク)搭乗記... 2016年6月はインドシナ半島を旅してきた。まずは、エアアジアでバンコクまで。 思えばこのチケットはなにするか決めていなくて一年前のセールで買ったものだった。去年も似たような状況でうっかりマレーシアに行くことを忘れかけていた。あまりにも早くからエアチケット買っておくのも考えものだよな。 ...
シタディーン スクンビット23 バンコクに宿泊... ミャンマーからデモで封鎖気味のバンコクに戻ってきて、今回はスクンビットでアソーク交差点の北側に泊まることにした。 いつもであれば、アソーク交差点の南側にある同じシタディン系のシタディーン スクンビット16に泊まるのだけど、交差点が封鎖されてしまっている現状では、南側よりちょっと栄えていて高速道...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください