オーソドックスなタイ料理を食べられる老舗の名店。サイアムスクエアの繁華街にあって便利なところでもあるので、ランチでもディナーでもおすすめ。

バーンクンメー(Ban Khun Mae)へのアクセス

BTSのサイアム駅4番出口、またはラマ1世通りをすすみSoi5の路地を南側へ入る。300メートルくらい歩いた突き当たりにある一軒屋レストランがへのアクセスとなる。

雨が降ったときなどはBTSサイアム駅とつながっているSiam Square Oneのなかを通り抜けて反対側に出ていくとほぼ濡れずに行くことができる。

バーンクンメー(Ban Khun Mae)について

バンコクの旅行ガイドブックにはほぼ載っているし、バンコクの人たちにおすすめのタイ料理を訊くと結構な割合でおすすめされるレストラン。10年以上の歴史があり、わりと老舗レストランの部類に入ってきていると思う。

店内はアンティークな雰囲気でまとめられていて、タイの古い邸宅に来たような感じがする。スタッフも含めて落ち着いたいい雰囲気で食事を楽しむことができる。

メニューは写真付きの英語メニューがあるので、オーダーするときには困ることがない。なので、僕もメニューの名前をすっかり忘れているのだが。

ビールによくあうなあというものは焼豚みたいな感じで豚バラ肉を炭火で焼いたもの。これがシンプルだけどビールにあって美味しい。居酒屋きたみたいだ。そして、僕が好きなのは春雨とエビをつかった炒め物で、これは上野にあったサワディー(閉店)でも好きでよく食べていた。懐かしい。

チャーシューみたいなのとビール、これがよくあう
Ban Khun Maeにて、春雨とエビの炒め物、これが一番美味しかった。
魚を揚げたもの、これもまたうまい、豪華。

あとは中華料理の影響を受けたような感じのもの。魚を揚げてそこへ香辛料などを使ったタレをかけてあるというもの。これがビールによくあって美味しい。でも辛くて僕にはちょっとつらいものがあった。美味しいのに食べ進められない。

それでいてわりあい手頃な値段で食事ができるのがまた嬉しいところ。バンコクで幅広くタイ料理を楽しむのであれば、このレストランがおすすめだと思う。

日本語でオンラインで予約することも可能。予約はこちら

バーンクンメー(Ban Khun Mae)
住所:458/7-9 Siam Square Soi 8,Rama 1 Rd., Prathumwan,Bangkok
時間:11:00-23:00
休み:なし

Related Post

メニューは「もりそば」のみ。最上川沿いの名店「千利庵」でいただく蕎麦... 前に読んだ雑誌かなにかで、山形南部の長井の風景が出ていたのを見かけた。最上川の流れが作りだしたのどかな風景がすごく美しく一度は見ておきたいなと思っていた。もっとも美しいのは春のような気がするのだが、まずは思い立った初夏の季節に車を走らせてみる。 天童からだと山形市内を抜けて結構な時間がかかるた...
いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
オストレア(恵比寿)- 牡蠣好きのランチにはたまらない... イビチャ・オシムが「リスクのないサッカーなんてつまらない、人生と同じだ」といっているように、リスクがあっても美味しいものは食べるしかないと思っている。人生と同じである。 で、僕は過去に2度ほど牡蠣にあたったことがあるのだが、それでも牡蠣が好き。 入口には牡蠣のショーケース そんな...
うなぎ割烹山田 – 佐原にある鰻の名店... そろそろ夏も近づいてきて鰻を食べたいなあっていう気分。佐原の古い町並みをみるついでに、鰻を割烹山田で鰻を食べてきた。 ここは予約は4名以上じゃないとできなくて、11時の開店にあわせて行かないと、すごい待つことになる。鰻って回転が悪いので最初のターンで入れないと結構面倒。 お店は佐原駅のす...
台北之家 – 古い建物を利用した複合商業施設... 台北の下町風なところとおしゃれなところがうまく融合した街だなと思っている中山区エリアにある複合商業施設「台北之家光点台北」。もともとアメリカ大使館邸だったものを改装した建物だそうで、入り口の門から建物までのスロープや建物の全体的な雰囲気を含めてとても趣がある。建物を観にいくだけでも価値がある。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です