今回泊まっているIbis Siamから最も近いルーフトップバー。ホテルを背にして右方向へ、ラマ通りを歩いて数分のところにあるSiam@Siamの25階にある。

Siam@Siamホテルの屋上にある

ホテルからの眺望も悪くないのだが、近いことだし旅の終わりにバンコク夜景でも見てくるかと思い行ってみることにした。

Siam@Siamはデザインホテルという分類になると思うのだが、なんだかちょっと趣味の悪いSMクラブみたいなデザイン(行ったことないけど)で僕としては泊まりたくなるようなホテルではないなという印象。だいたいサイアムとはいえ、このホテルのある場所まで来てしまうと交通の便がいまいち悪いし。

エレベーターで最上階にあがって階段をあがると視界がひらけて、ナショナルスタジアムの競技場やサイアムのスカイラインなどが一望できる。

屋上からはナショナルスタジアムが一望できる

しかし、レストランにお客さんは全くいなくて「あれ、まだ空いてなかったのかな」と思ってしまったのだが、どうやら既にオープンしているらしい。結局、このあとしばらくいたけれど全くお客さんが訪れる気配はなかった。

僕としてはビールだけ飲んで帰ろうかなと思っていたので、シンハービールを頼むことにする。値段としてはバンコクでほかにあるバーと同じような価格帯。安くはないが、このロケーションならば納得感がある。そして、なにより空いているのであれこれ夜景をみてまわれるのがいい。

遠くのチャオプラヤ川へつながる通りの渋滞や、その向こうの川の流れ。反対側の風景は鮮やかなサイアムの夜景。夕方にみる風景としては結構美しい。今回の旅の最後をここで迎えたのはいいことだなと思った。

イビスに泊まって風景をみるのはこのルーフトップバーというのはいい選択なのかもしれない。全然人が来なかったし、料理もそんなに美味しそうなものが出てくる雰囲気はないけれど、悪いところではないと思う。

The Roof – Siam@Siam
住所:865 Rama 1 Road,Opposite National Stadium, Wang Mai, Patumwan,Bangkok
時間:18:00-24:30

保存

Related Post

Beco das Garrafasとボサノヴァのライブ コパカバーナの裏通りのさらにその奥には、袋小路みたいな小さな路地裏がある。 Beco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)と呼ばれているその一角は「酒瓶だらけの路地」という意味。しかし、このしょぼい路地が世界的に有名であり、1960年代には後にボサノヴァを作り出す人たちが集まっ...
Khmer Surin Restaurantではクメール料理よりもタイ料理を食べるのが無難... 僕のなかでクメール料理とは「タイ料理が遠くで鳴る鐘のような感じ」の料理であり、なんだかぼんやりとしている。一般的にはちゃんとしたクメール料理はポルポト時代に途絶えてしまったといわれていて、残っているのは庶民の味の残骸みたいな感じがする。つまり、僕の意見としてはだいたいのクメール料理は美味しいと思えず...
In Love Bar & Restaurantは地元向けThe Deckという感じ... The Deckがロケーション含めて高級版とするならば、このIn Loveはそれをスケールダウンして、すっかりカジュアルにした「地元向け」という感じ。 見えるロケーションもワットアルンじゃなくて、ラーマ8世橋だし。 しかし、このレストランはそのネーミングのかっこ悪さをのぞけば本物で美味し...
日本橋ブルワリーは新しいクラフトビールの名所になりそう... 2016年11月末にオープンした新しいクラフトビールのお店。自前の醸造は2017年からということだけど、東日本橋界隈にも雰囲気のいいところでビール飲めるところが出来てくれてうれしい。さっそく行ってきた。 NIHONBASHI BREWERY (日本橋ブルワリー)へのアクセス メトロの人形...
ケップのホテルはThe Beach Houseがおすすめ... カンボジア南部のひなびたリゾート地であるケップ。ホテルは海岸線沿いに何軒かあり、あとは山の奥の方とかにもいくつかある。まだ全然開発されていない、のんびりとしたところなのだが、2016年夏時点においてはThe Beach Houseに泊まるのがおすすめだと思う。 The Beach Houseへ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください