尖沙咀(六本木)香港旅行を相談していて、どうせなら香港の料理を楽しみながらにしようかと六本木エリアで見つけたレストランに行ってみることにした。店名である尖沙咀とは香港にある地名で九龍半島の南端にあたる繁華街。

東京に置き換えるなら、海外にある和食レストランに「銀座」ってつけるようなものだろうか。わりと安直な気がしないでもないが、料理は本格的で美味しかった。

尖沙咀(六本木)へのアクセス

六本木駅から歩いて行ける距離。六本木通りを少し西麻布方面に戻る感じで、位置的には明治屋スーパーの裏手にあたるところ。裏通りに入った場所にあるけれど、お店はマンションみたいなところの一階にあって案外分かりやすい。そして入りやすい。

尖沙咀(六本木)について

奇をてらったところも高級なところもなく、ごく普通に香港にある中華料理のレストランというところ。たしかに照明とか椅子の雰囲気とか尖沙咀あたりにこういうレストランありそうだよなって思える。豪華ではないけれど、確実に美味しい料理が出てくる、というような感じ。

そして、実際に六本木の尖沙咀もそういうレストランで、優しい普通に美味しい中華料理を楽しむことができる。しかも、六本木にしては手頃な料金で食べることができる。

まずは前菜を食べつつ料理を待つのだが、この前菜も気取っていない普通の料理だが手を抜かずに作っているのが感じられる美味しさ。

前菜
大根餅
小籠包

そしておすすめは点心で、小籠包は外せない。アツアツの状態で出てきてぱくっと食べていると東京にいることを一瞬忘れる。

これは美味しい。そして、大根餅もまたもちもち具合が絶妙でビールによくあう。本当は中国茶の方がいいのだろうが、ビールを気軽に飲めるのは東京のいいところ。

ラストのご飯は福建炒飯がおすすめ。炒飯とはいえ、餡がかかって出てくるのでぱらぱらなご飯を想像していると肩すかしを食らうかもしれないが、このご飯の出汁が美味しいんだよな。

なんかのスープ、わすれた・・。
酢豚、これも美味しかったなあ。
そして福建炒飯!普通のごはんの上に餡がのって出てくる。

結局、飲み食いに夢中になりすぎて旅行の話しをほとんど忘れてしまったのだが、これはこれで仕方がない。なお、デザートはここのお店で食べなかったのだが、杏仁豆腐くらいしか種類がなかったので、他のお店で食べるのも悪くないと思う。

わりと人気店みたいで夜は予約しないと好きな時間に入ることができないと思う。あらかじめ電話で予約していくのが無難。 会食とかとっておきのデートっていう感じの雰囲気はまったくないけれど、普段着の感覚で食事を楽しむというのであれば、こういうお店の方が楽しいし確実に美味しい。

尖沙咀
住所:東京都港区六本木7-17-12
時間:11:30-15:00、17:30-23:30
休み:土曜日

Related Post

香味屋で食べる贅沢な洋食食べ比べ 結構前のことに成るのだが、台東区の根岸にある老舗の洋食屋「香味屋」に行ってきた。 洋食というと、一品の量が多くて高いこともあり、美味しいのだけどなかなかバリエーションがある食事をできないなという悩みがあったのだが(たとえば、オムライスだけとかさ・・)、今回知り合いがアレンジしてくれて、みんなで...
ブラッカウズふたたび – やはりここら近辺で一番すきなハンバーガー... Reg on Dinner行った翌日にランチで再訪(前回はこちら)。しかも、昨日と同じ人と。 なんとなく、ハンバーガー熱が盛り上がってしまい「ここはひとつブラッカウズにも行こうではないか」みたいになった勢いで二日連続のハンバーガー。 ちょっと久々に来たのだが、やはり肉々しいハンバーガーは...
こういう店を一軒知っていると便利なところ。渋谷の「手打ちそば 炙 多心」でゆっくりとお酒を楽しむ。... 渋谷にこんなところあったんだというくらい静かな桜丘エリアにある蕎麦店。渋谷駅から賑やかな通りを代官山方面に10分くらい歩くので少し面倒ではあるが、手頃な価格帯で静かに飲めるお店は貴重な存在だ。 お店の雰囲気は割烹料理か小料理店かという感じで、ちょっと高級感がある。テーブル席やカウンター席にくわ...
佐賀の「花たろう」で佐賀的な地産地消を楽しむ... 佐賀の地元の人に連れて行ってもらったお店。今回で2回目なのだけど、豪華な食事といえばここっていう感じ。日本酒の種類も豊富だし、なにより佐賀の新鮮な魚を食べることができる。 食べログには全然クチコミないのだが、隠れた名店で、できればそのままにしておきたい存在であるけれど、あまりに美味しかったので...
六本木のBrewDog Roppongiでスコットランドのクラフトビールをロックとともに楽しむ... 六本木でちょこっとクラフトビール飲むといえばアントン・ビーが好きだったのだけど、最近ではブリュードッグの方が広くてビールの種類も多くてこっちに流れることが多い。スコットランドのブリュワリーがオープンしたバーでアジア圏では六本木が初めての店舗。 BrewDog Roppongiへのアクセス ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください