尖沙咀(六本木)香港旅行を相談していて、どうせなら香港の料理を楽しみながらにしようかと六本木エリアで見つけたレストランに行ってみることにした。店名である尖沙咀とは香港にある地名で九龍半島の南端にあたる繁華街。

東京に置き換えるなら、海外にある和食レストランに「銀座」ってつけるようなものだろうか。わりと安直な気がしないでもないが、料理は本格的で美味しかった。

尖沙咀(六本木)へのアクセス

六本木駅から歩いて行ける距離。六本木通りを少し西麻布方面に戻る感じで、位置的には明治屋スーパーの裏手にあたるところ。裏通りに入った場所にあるけれど、お店はマンションみたいなところの一階にあって案外分かりやすい。そして入りやすい。

尖沙咀(六本木)について

奇をてらったところも高級なところもなく、ごく普通に香港にある中華料理のレストランというところ。たしかに照明とか椅子の雰囲気とか尖沙咀あたりにこういうレストランありそうだよなって思える。豪華ではないけれど、確実に美味しい料理が出てくる、というような感じ。

そして、実際に六本木の尖沙咀もそういうレストランで、優しい普通に美味しい中華料理を楽しむことができる。しかも、六本木にしては手頃な料金で食べることができる。

まずは前菜を食べつつ料理を待つのだが、この前菜も気取っていない普通の料理だが手を抜かずに作っているのが感じられる美味しさ。

前菜
大根餅
小籠包

そしておすすめは点心で、小籠包は外せない。アツアツの状態で出てきてぱくっと食べていると東京にいることを一瞬忘れる。

これは美味しい。そして、大根餅もまたもちもち具合が絶妙でビールによくあう。本当は中国茶の方がいいのだろうが、ビールを気軽に飲めるのは東京のいいところ。

ラストのご飯は福建炒飯がおすすめ。炒飯とはいえ、餡がかかって出てくるのでぱらぱらなご飯を想像していると肩すかしを食らうかもしれないが、このご飯の出汁が美味しいんだよな。

なんかのスープ、わすれた・・。
酢豚、これも美味しかったなあ。
そして福建炒飯!普通のごはんの上に餡がのって出てくる。

結局、飲み食いに夢中になりすぎて旅行の話しをほとんど忘れてしまったのだが、これはこれで仕方がない。なお、デザートはここのお店で食べなかったのだが、杏仁豆腐くらいしか種類がなかったので、他のお店で食べるのも悪くないと思う。

わりと人気店みたいで夜は予約しないと好きな時間に入ることができないと思う。あらかじめ電話で予約していくのが無難。 会食とかとっておきのデートっていう感じの雰囲気はまったくないけれど、普段着の感覚で食事を楽しむというのであれば、こういうお店の方が楽しいし確実に美味しい。

尖沙咀
住所:東京都港区六本木7-17-12
時間:11:30-15:00、17:30-23:30
休み:土曜日

Related Post

セララバアドでモダンガストロノミーの最高峰を体験... 去年訪れたマンダリンオリエンタルのタパス モラキュラー バー。そこで料理長をつとめたシェフがオープンしたレストランが代々木上原にできたと知って予約をいれたらすでに数ヶ月先という状況。 とはいえ、気がつくとその日はやってきて訪れることができた。すごい楽しみでランチは控えめにしてしまったくらい。代...
【移転】BISTRO GYORAN 魚籃で食べるジビエの味... ジビエが得意な魚濫坂にあるビストロに行ってきた。女子会的なもののアレンジで行ったのだけど(注:僕は男性です)、店内は僕以外すべて女性だった・・。 ということで、女性向き、女子会向けなお店なのだと思う。 店内はカウンターメインでテーブル席は奥の方にひとつあるだけなので、大人数での利用には向...
Chinese Dining 方哉のチャーハンは新しい恵比寿のスタンダード... 炒飯という料理はなかなかに奥が深い料理でだれでも作ることができるけれど、美味しく作るとなると至難の技という料理だと思う。恵比寿では、炒飯の名店があり、恵比寿駅にほど近い食堂の「こづち」。もうひとつはガーデンプレイスの方に近い「ちょろり」。 この二店のチャーハンは絶品で、何度でも食べたくなる中毒...
ソンブーン・シーフードはラチャダー店が立地抜群でおすすめ... バンコクを訪れる観光客にとって最も人気があって、かつおいしいレストランのひとつであるソンブーン・シーフードに行ってきた。 最も有名なのはスラウォン本店なのだけど、立地からいうとMRTフワイクワーン[Huai Khwang]駅の3番出口目の前にあるラチャダー店が便利ということを今回泊まってたシタ...
オストレア(恵比寿)- 牡蠣好きのランチにはたまらない... イビチャ・オシムが「リスクのないサッカーなんてつまらない、人生と同じだ」といっているように、リスクがあっても美味しいものは食べるしかないと思っている。人生と同じである。 で、僕は過去に2度ほど牡蠣にあたったことがあるのだが、それでも牡蠣が好き。 入口には牡蠣のショーケース そんな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください