エビチャーハン © 2016 shin. All rights reserved.

Chinese Dining 方哉のチャーハンは新しい恵比寿のスタンダード

Chinese Dining 方哉炒飯という料理はなかなかに奥が深い料理でだれでも作ることができるけれど、美味しく作るとなると至難の技という料理だと思う。恵比寿では、炒飯の名店があり、恵比寿駅にほど近い食堂の「こづち」。もうひとつはガーデンプレイスの方に近い「ちょろり」。

この二店のチャーハンは絶品で、何度でも食べたくなる中毒性がある料理なのだが、2016年の夏にそこへ燦然とあわれた新星がChinese Dining 方哉だと思う。恵比寿はすっかりチャーハン激戦区になったな、という感じがする。

場所はちょろりのすぐ近くにあり、恵比寿のビール坂をあがった途中にある。ビルの二階にあるので見逃さないようにしたい。店内はそれほど広くはなく、ランチのピークタイムには入れないこともあるので、可能であれば少し時間をずらして行きたいところ。

テーブルにおいてあるザーサイもまた美味しい
テーブルにおいてあるザーサイもまた美味しい

「ちょろり」、「こづち」のチャーハンが化学調味料を使って昔ながらの美味しい炒飯を作っているのに比べると、「Chinese Dining 方哉」は化学調味料を使わず素材のよさを引き出す美味しさ。砂糖をうまく使っているのかな、濃厚で優しい味。

とくにオススメはエビチャーハンで、炒飯の美味しさもそうだし、なによりぷりぷりのエビの食感がまた美味しい。これは贅沢な炒飯だな。絶品の味。

もうひとつ、ランチで好きなのは生碼麺(サンマー麺)という料理。丼からあふれそうなくらいにもやしがたっぷりと載った麺料理で、スープは五目焼きそばの餡みたいな感じで辛いのが苦手な人でも楽しめる味。麺とのバランスもよくてすっかりハマってしまう味だと思う。

エビチャーハン
エビチャーハン
酢豚
酢豚
生碼麺(サンマー麺)
生碼麺(サンマー麺)

ちなみに、通常のランチメニューに半炒飯として豚肉炒飯をつけることができるのだが、これもまた美味しい。しかしボリュームは相当あるので注意が必要。

ひとつひとつがとても丁寧に作られていて、炒飯だけでなくどれもが美味しい。高級店で食べるような上品な中華料理を手頃にカジュアルで楽しめる貴重なお店だと思う。ランチだけでなく、夜に行ってみるのもよさそうなところ。

Chinese Dining 方哉
住所:東京都渋谷区恵比寿4-23-14 asビル 2F
時間:[月~金]11:30~14:30,18:00-23:00(金26:30)、[土]18:00-23:00
休み:日曜日

コメントを残す

Your email address will not be published.
Required fields are marked:*

*