すごい久々にTOKYO DESIGN WEEKへ行ってみることにした。何年ぶりだろうか。外苑の絵画館の前にひろがる芝生の広場が会場になっている。普通に散歩したって気持ちのよい秋の日曜日、素晴らしく晴れた午後に訪れた。

外苑の銀杏並木はまだ緑
外苑の銀杏並木はまだ緑

最近、地方でも開催されるようになったアートイベントとは異なり、より企業色が強く新しい技術を取り入れた展示などもあったりするのは東京という大都市が会場になっているというのがあるのかもしれない。

僕としてはこのイベントへ久々に来た理由は、birdがやるライブを聴きに行くというのが大きな目的だったのだけど、ライブ前のリハーサルから結構真剣に演奏していてなんだか得した気分になる。

いい天気の下でアコースティックギターとbirdの歌声というシンプルなステージは最高に完璧な休日の風景。音楽を楽しむことは、ライブハウスといった箱の中から屋外に変わってきているなと思っていて、こういうライブが聴けることが幸せだなって思う。

birdのライブが始まる前、すごく気持ちのいいステージ
birdのライブが始まる前、すごく気持ちのいいステージ

TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた一方でアートの展示は疲弊してきているように思えてしまう。TOKYO DESIGN WEEK も絵画館前に会場が移ってからの成功があり、地方でも同じようにアートを使って活性化をはかるところが増えてきている。

でも、なんていうか誰かが成功するとそれをみんながコピーして同じようなものを横展開しはじめる現象があり、そして、全体的な質が疲弊してきているように思えてしまう。こういう同じようなイベントが繰り返されるとアートをリスト化して上から順番に使い捨てているような感覚を受ける。芸術をサポートするといより消費している感覚。運営する大人はそれでいいのだろうが、なんかこう・・アートってもっと自由なものなんじゃないかなあと思ってしまう。

TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきたTOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきたTOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた

ここでヘボコンに会えるとは・・
ここでヘボコンに会えるとは・・

TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた

この有機LED使った照明が気になった
この有機LED使った照明が気になった

TOKYO DESIGN WEEK自体はとても気持ちよく運営されているけれど、全体的な空気は少し違和感があった。そして、ちょうど会場をあとにした直後に起きた火災事故は痛ましい。正直なところ「あんな展示あったんだ」というところなのだが、本当に言葉にしようがない悲しい事故だと思う。大人たちはこれに対してどう対応をしていくのだろう。

TOKYO DESIGN WE

Related Post

GREENROOM FESTIVAL 2015に行ってきた 去年はじめて行ってみて、このユルい感じはリピート確実だなって思っていたのだが、実際に今年も行ってみた。 今年は5月23日、24日の開催。横浜の赤レンガ倉庫で行われた。 僕は23日の土曜日に行ったのだけど、夏を思わせるような暑い天気は最高の環境。 オフィシャルバーで水着の女の子!が売...
佐賀でシチメンソウの紅葉を楽しむ 佐賀バルーンフェスタの競技が中止となってしまい、失意のうちに佐賀に戻ってきた。 佐賀が地元の友人と一緒だったので、なにをしようかと途方に暮れていたのだが、そういや有明海の干潟をみるのもいいかもなって思って、東与賀にある干潟よか公園に行ってみることにした。 佐賀駅から干潟よか公園までは車で...
京都国際マンガミュージアムの展示は楽しい... 今回の旅行について、ギアとともに旅のハイライトとなった京都国際マンガミュージアム。とはいえ、事前情報があったわけではなく、京都について「なにしようかな・・・」とFacebookに書いたら友達が教えてくれたからなんだけど。 ということで、ここがたぶんマンガに関する博物館なのだろうくらいの印象とと...
Infinity of Flowers を観てきた 2014年9月にグッチ新宿店で行われていたチームラボのインスタレーション「Infinity of Flowers」を観てきた。 チームラボのインスタレーションは彼らがこういった表現をはじめた頃から、絶えず新しい技術を取り込んでいて、いろんな表現の可能性をチャレンジしているところが好きで観に行っ...
国立新美術館でやっている「草間彌生展 わが永遠の魂」をみてきた... ひさびさに行われた草間彌生の個展をみてきた。何年か前に松本市美術館で行われていた「永遠の永遠の永遠」の個展がさらにスケールアップしていて、圧倒的な迫力だ。同時期にやっているミュシャ展も気になってはいるのだが、同時にふたつをみる体力はなかった。 とりあえず、草間彌生本人のインタビューとか歌まで入...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.