すごい久々にTOKYO DESIGN WEEKへ行ってみることにした。何年ぶりだろうか。外苑の絵画館の前にひろがる芝生の広場が会場になっている。普通に散歩したって気持ちのよい秋の日曜日、素晴らしく晴れた午後に訪れた。

外苑の銀杏並木はまだ緑
外苑の銀杏並木はまだ緑

最近、地方でも開催されるようになったアートイベントとは異なり、より企業色が強く新しい技術を取り入れた展示などもあったりするのは東京という大都市が会場になっているというのがあるのかもしれない。

僕としてはこのイベントへ久々に来た理由は、birdがやるライブを聴きに行くというのが大きな目的だったのだけど、ライブ前のリハーサルから結構真剣に演奏していてなんだか得した気分になる。

いい天気の下でアコースティックギターとbirdの歌声というシンプルなステージは最高に完璧な休日の風景。音楽を楽しむことは、ライブハウスといった箱の中から屋外に変わってきているなと思っていて、こういうライブが聴けることが幸せだなって思う。

birdのライブが始まる前、すごく気持ちのいいステージ
birdのライブが始まる前、すごく気持ちのいいステージ

TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた一方でアートの展示は疲弊してきているように思えてしまう。TOKYO DESIGN WEEK も絵画館前に会場が移ってからの成功があり、地方でも同じようにアートを使って活性化をはかるところが増えてきている。

でも、なんていうか誰かが成功するとそれをみんながコピーして同じようなものを横展開しはじめる現象があり、そして、全体的な質が疲弊してきているように思えてしまう。こういう同じようなイベントが繰り返されるとアートをリスト化して上から順番に使い捨てているような感覚を受ける。芸術をサポートするといより消費している感覚。運営する大人はそれでいいのだろうが、なんかこう・・アートってもっと自由なものなんじゃないかなあと思ってしまう。

TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきたTOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきたTOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた

ここでヘボコンに会えるとは・・
ここでヘボコンに会えるとは・・

TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた

この有機LED使った照明が気になった
この有機LED使った照明が気になった

TOKYO DESIGN WEEK自体はとても気持ちよく運営されているけれど、全体的な空気は少し違和感があった。そして、ちょうど会場をあとにした直後に起きた火災事故は痛ましい。正直なところ「あんな展示あったんだ」というところなのだが、本当に言葉にしようがない悲しい事故だと思う。大人たちはこれに対してどう対応をしていくのだろう。

TOKYO DESIGN WE

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です