海外に住んでいる友人が日本に一時帰国してきて夜にご飯をすることになったのだが、月島でもんじゃ焼きということで選んだお店。僕が好きなのは「いろは」なのだが、予約がとりづらくこの日も満席。

すぐ近くにある「えびすや」に行ってみることにした。どうでもいいことだが、「いろは」に行くと毎回いい感じに酔っ払うので写真を撮り忘れてブログに書けていない。

「えびすや」の場所は月島駅からほど近いところで、大江戸線の改札出てから7-8分、駅の階段出てから2分くらい。駅からは近いのだが改札からは離れている。なお、「いろは」との距離も歩いて1分くらいしか離れていない。

お店はわりと大きくて、予約も取りやすいのは助かる。そして、ここには月島の地ビールが飲める。

この地ビールは酵母が生きている美味しさなのだが、味わい深すぎてもんじゃ焼きのチープさとは相容れないものがあるなというのが正直な感想。こういうところでは普通のビールをどんどん飲み干すくらいの方が楽しい。

地ビール。普通。

もんじゃやきは自分で作るスタイルなのだけど、結局のところだいたいごちゃ混ぜになっていればいいという食べ物だと思っているので、制作の過程についてはとくに気にしない。

ビールを飲んで、もんじゃ焼きをつまんで、している会話は「イランのオーガニックフードのスーパーマーケットで売っているイチジクは美味しい」とか、プノンペンに新しくできた鉄板焼きのお店の話しとか。もはや、どこに住むとかいうのはあまり関係ないんじゃないかと思えてくる。

マグロほほ肉鉄板焼き、うまい。
もんじゃ焼き
チジミ、結局これが最もおいしかった。

料理の話し。ここで一番美味しいと思ったのは、もんじゃ焼きではなくチヂミだった。薄いお好み焼きみたいな感じで作り上げるのだが、外側のパリッとした感じと内側のふっくらした感じのコントラストが美味しく、もんじゃを食べ飽きたときにはおすすめの一品。

すっかり長居して飲み食いしてしまったが、いろはよりもテーブルが広くてゆっくりできるのはいいところ。月島でもんじゃ食べるときには使い分けしてもいいかもなって思えるところだった。

えびすや
住所:東京都中央区月島3-9-10
時間:12:00-15:00,17:00-23:00
休み:火曜日(祝日は営業)

保存

Related Post

フアンペン(Huen Phen) – チェンマイの名店で定番のレストラン... 旧市街の真ん中にあってアクセスも便利。そして、ガイドブックにも書かれているみたいで、日本人もよく訪れている有名店。 でも、タイ人にも人気みたいで常に混んでいる。ランチタイムは結構席の争奪戦に近い感じになっている。 当然相席(でも、なにがおいしいかとか教えてくれるので助かるのだが)。しかし...
フランクフルトのアドルフ・ワグナーでりんご酒を堪能... フランクフルト現代美術館を訪れたあと外に出てみたら、すっかり暗くなっていた。冬のヨーロッパは陽が落ちるのが早い。 猛烈な空腹に見舞われいたので、どこか食べるところがないかなと思ってネットで調べて行ってみたのがアドルフ・ワグナーというレストラン。 年末のクリスマスシーズンだったこともあって...
セララバアド 2016 Winter Menu を楽しむ モダンガストロノミーにおける日本の名店であるセララバアド。春と秋を体験して、次は冬メニューを楽しんできた。 結構前のことなのだけれど、ここの料理は出会いの新鮮さが面白いので、メニューが終わってからブログの記事を書くようにしている。手品の種明かしを先に知ってしまったら悲しいじゃないか。 今...
麻布十番のCRAFT HANDSでクラフトビールを堪能する... すっかり人気が定着してきた感じがするクラフトビール。さまざまなビールの風合いを手軽に楽しめるのはすごくうれしい。いままで、海外まで行って飲み歩いたりしなきゃいけなかったからな。 今回行ってみたのは麻布十番にあるCRAFT HANDS(クラフトハンズ)というところ。雰囲気のいいバーのような感じも...
セララバアドでモダンガストロノミー2015年秋編... 前回の夏の訪問で圧倒的に楽しかったセララバアドでの食事。今回は秋メニュー編ということで改めて行ってきた。だいたい、このレストランはもはや訪れたときに次の予約しないと予約がとれないような感じになってきている。 秋編は自然の豊かさを感じるメニュー構成になっていて、落葉の風景などはセララバアドという...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です