このブログが公開されるタイミングだと、もはや季節が一週してしまいそうなくらいなのだが、2015年の初夏も山形でさくらんぼ狩りをしてきていた。

訪れるのは山形の天童市にある高柳果樹園。最初に訪れたときから他へ場所を変えたことがないので、ここしか知らないのだけど、充分過ぎるくらい美味しいさくらんぼを心ゆくまで食べることができる。

過去の訪問
2013年の訪問:高柳果樹園(天童)でさくらんぼ狩り
2014年の訪問:山形でさくらんぼ狩りをしてきた。
2015年の訪問:初夏は山形でさくらんぼ狩り – 天童への旅

入口でお金を払って「場所知ってる?」と訊かれたので、「毎年来ているから知っている」と答えたところ、そのまま行っていいよといわれる。こういう自由なところが好き。行くなら、やはり朝イチ。まだ誰にも食べられていない熟したさくらんぼを見つけては食べて行く。なんて贅沢な朝食なのだろうって思う。

数種類あるのだが、最も美味しいと思うのは佐藤錦。この甘みの強さはお菓子を食べているみたいだ。酸味があったほうが好きということであれば佐藤錦の仲間みたな存在の紅秀峰も美味しい。佐藤錦に比べると知名度は低いけれど、酸味と甘みのバランスがあって、どちらか一方を選びがたい!って思ってしまう。

高柳果樹園には、これ以外にアメリカンチェリーもあるのだが、こちらはちょっと大味な印象。とはいえ、合間にアクセントとして楽しむには充分過ぎるくらいに美味しい。

そして、なんといってもさくらんぼ狩りのあとのお楽しみ。自家製の漬物と玉こんにゃくをつまみながら一休みする時間が好き。

この漬物もたまらない

ワラビなどの山菜、小ナスやキュウリの漬物はさくらんぼで甘くなった口直しとしてはもったいないくらいに美味しい。ご飯がほしくなる。玉こんにゃくもしっかりと味がしみているし、麦茶を飲みながら初夏の山形の空気を感じて、そしてのんびりする時間は旅をしていてよかったなあと思えるひととき。きっとまた初夏には来るのだろうなって思っている。

高柳果樹園
住所:山形県天童市干布226

保存

Related Post

山形でさくらんぼ狩りをしてきた。 ここ数年6月末には山形まで行って、さくらんぼ狩りをしているのだが、いつもは日帰りで行っていて、今回はじめて泊まりの旅をしてきた。 さくらんぼ狩りというのは、数ある「狩りものアクティビティ」のなかでも最もコストパフォーマンスが高いもので、1,200~1,500円で佐藤錦が食べ放題という夢のような...
いちごの町、東庄で狩りをしてきた。「磯山観光いちご園」は規模も大きくて種類も豊富。... 2月の週末に千葉の東庄でイチゴ狩りをしてきた。友人に「この週末はイチゴ狩り」と話しをしていたら、「ほんとうに・・狩りが好きなのね」といわれた。たしかに、否定はできないな。2017年はの狩りはじめは苺、贅沢な朝食を楽しんで来た。 千葉でのイチゴ狩りは1月下旬からゴールデンウィークの頃までがシーズ...
フルータスの宝石みたいなフルーツづくし... 門前仲町にあるフルーツショップ。人気店で週末は行列になるが、並ぶ価値はあるところ。最初、ちょっと高いよなと思うところはあったけれど、出てきたフルーツの美しさと旬を逃さない美味しさを見極めて出してくれるのは値段に納得感がある。 フルータスへのアクセス 東京メトロの門前仲町駅から歩いて数分の...
藤沢周平記念館、好きな人にはたまらないマニアックな個人文学館... 鶴岡で洋館めぐりの散歩をしたあと、前から気になっていた藤沢周平記念館に行ってみた。「蝉しぐれ」など時代小説の作家として有名な藤沢周平は鶴岡の出身なのです。 そして、直筆の原稿や資料や書斎の再現、なんなら昔済んでいた家の庭木までも移植していて藤沢周平の世界観を感じることができる。 これは...
初秋の米沢と庄内を旅行してきた 初夏に訪れた山形では、さくらんぼ狩りをして庄内の豊かな海の幸を楽しんで・・と充実した旅行ですごく印象深いものだったので、今度は収穫の秋にも来てみようと再び訪問。 そう、僕の旅行スタイルは同じところに何度もリピートしていくスタイルなのである。もう前の話だがブータンも2回行ったくらいだし。同じ場所...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください