このブログが公開されるタイミングだと、もはや季節が一週してしまいそうなくらいなのだが、2015年の初夏も山形でさくらんぼ狩りをしてきていた。

訪れるのは山形の天童市にある高柳果樹園。最初に訪れたときから他へ場所を変えたことがないので、ここしか知らないのだけど、充分過ぎるくらい美味しいさくらんぼを心ゆくまで食べることができる。

過去の訪問
2013年の訪問:高柳果樹園(天童)でさくらんぼ狩り
2014年の訪問:山形でさくらんぼ狩りをしてきた。
2015年の訪問:初夏は山形でさくらんぼ狩り – 天童への旅

入口でお金を払って「場所知ってる?」と訊かれたので、「毎年来ているから知っている」と答えたところ、そのまま行っていいよといわれる。こういう自由なところが好き。行くなら、やはり朝イチ。まだ誰にも食べられていない熟したさくらんぼを見つけては食べて行く。なんて贅沢な朝食なのだろうって思う。

数種類あるのだが、最も美味しいと思うのは佐藤錦。この甘みの強さはお菓子を食べているみたいだ。酸味があったほうが好きということであれば佐藤錦の仲間みたな存在の紅秀峰も美味しい。佐藤錦に比べると知名度は低いけれど、酸味と甘みのバランスがあって、どちらか一方を選びがたい!って思ってしまう。

高柳果樹園には、これ以外にアメリカンチェリーもあるのだが、こちらはちょっと大味な印象。とはいえ、合間にアクセントとして楽しむには充分過ぎるくらいに美味しい。

そして、なんといってもさくらんぼ狩りのあとのお楽しみ。自家製の漬物と玉こんにゃくをつまみながら一休みする時間が好き。

この漬物もたまらない

ワラビなどの山菜、小ナスやキュウリの漬物はさくらんぼで甘くなった口直しとしてはもったいないくらいに美味しい。ご飯がほしくなる。玉こんにゃくもしっかりと味がしみているし、麦茶を飲みながら初夏の山形の空気を感じて、そしてのんびりする時間は旅をしていてよかったなあと思えるひととき。きっとまた初夏には来るのだろうなって思っている。

高柳果樹園
住所:山形県天童市干布226

保存

Related Post

初秋の米沢と庄内を旅行してきた 初夏に訪れた山形では、さくらんぼ狩りをして庄内の豊かな海の幸を楽しんで・・と充実した旅行ですごく印象深いものだったので、今度は収穫の秋にも来てみようと再び訪問。 そう、僕の旅行スタイルは同じところに何度もリピートしていくスタイルなのである。もう前の話だがブータンも2回行ったくらいだし。同じ場所...
高柳果樹園(天童)でさくらんぼ狩り... 2014年の初夏も山形でさくらんぼ狩りをしてきた。 ここ数年、毎年行っていて(去年の情報はこちら)、だいたい6月最終週の週末に行くことが多かったのだが、そうすると「まだちょっと佐藤錦の時期には少しはやい」感じだったので、今年は7月のはじめの週末に行ってみたら今度は「もうすぐ旬が終わってしまう」...
ちょっと拍子抜けしてしまった「土門拳記念館」... 今回の旅でかなり期待が大きいままに訪れてしまったせいかもしれない。写真家である土門拳の作品を展示している土門拳記念館に訪問したのだが、ちょっと拍子抜けしてしまった。 理由ははっきりしていて、事前に知っていた所蔵数は7万点とのことだけど、実際に館内に展示されているのはその5%くらいなんじゃないだ...
登起波分店「登」 – 米沢牛をお得に食べるなら... 米沢まで来たからには・・ということで、向かったのは米沢牛が食べられるレストラン。僕はどうも、旅におけるエンゲル係数が高い方だと思われる。でも、一食入魂がモットーなので、これはもう仕方がない。 とはいえ、資金には限度というものがあるので、カジュアルにお得に食べられると書いてあった登起波分店「登」...
阿田水果でのおすすめは夜にフルーツの盛り合わせ... よくあるフルーツ店なのだけど、改装されておしゃれな雰囲気。1962年の創業で老舗の部類に入るお店だ。このあたりは冰鄉とか義成水果店や裕成水果行などフルーツ店が多くある激戦区になっている。夜のシメのデザートはこのあたりに来れば問題なし。 阿田水果へのアクセス 新美街の端っこの方、民生路との交差点に...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください