旅の始まりに、さくらんぼとお漬け物という贅沢な朝食をとったあと向かってみたのは同じ天童市にある腰掛庵というところ。

高柳果樹園からは車で10分くらい。山形バイパスを越えてちょっと路地に入ったところにある。お店の前にわりと広い駐車場がある。

お店は大きな古民家を店舗にしていて趣がある。ここの人気はかき氷なのだけど、訪れたタイミングではやっていなくてお持ち帰りのみの営業をしていた。

ただ、店内を見てまわることはできるので、古民家のなかを見てまわるのはちょっと楽しい。

持ち帰りの商品としては「わらび餅」と「お餅の詰め合わせ」みたいなものがあって、わらび餅が好きな僕としては見逃せない。迷わず大きな箱で買ってみることにする。わらび餅はひとつひとつが結構大きくてぷるぷるしている。餅なのだけど、水分が多くて不思議な食感。口の中で溶けていくような感覚があって、こんなわらび餅は始めて食べた。すごいな。

腰掛庵のわらび餅

お餅の詰め合わせもまたびっくりするくらいに美味しい。こんな風にたっぷりと水分を含んだお餅っていうのが不思議。くず餅でもないし、ゼリーでもない。重みと食感のある綿菓子のようでもある。この詰め合わせもあれば迷わず買いたくなる一品。

これだけぷるぷるなものなので、日持ちはしないからお土産には難しい。自分用に買っていく、現地ですかさず食べてしまうくらいの感じになる。そして、ここのわらび餅は天童まで来て食べてみたくなる味だと思う。

持ち帰る際には、クーラーボックスなど持っていくくらいの準備で買っておきたい。

腰掛庵
住所:山形県天童市北目1-6-11
時間:9:30-17:00
休み:月曜日(祝日の場合水曜休)

保存

Related Post

漢聲巷門市でヂェン先生の服を買う 台北郊外にある惠中布衣文創工作室まで行ってヂェン先生こと、鄭惠中さんのリラックスした服を買いに行こうかと考えていたのだけれど(以前訪問したときの記事はこれ:)、今回の台北旅は週末旅ということもあり時間がないので、台北市街で探すことにした。 ということで向かったのは漢聲巷門市という出版社がやって...
小島屋製菓店の志ん子餅はお土産に最適... 志ん子餅という和菓子。外側の皮はコシがあってモチモチしている。中の餡子は甘さ控えめで上品な感じ。 白い宝石みたいに美しい見た目もいいな。なにより地元十日町のコシヒカリの上新粉を使った餅は絶品。甘いものがそんな得意じゃなくても、いくらでも食べられる。 このお土産。越後妻有のお土産として有名...
ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini)銀座店で食べるパフェ... 銀座に来て、甘いものでも食べてひと休みというときにはジョエル・デュランに行くことが多いのだけど、今回は隣にあるピエール・マルコリーニに行ってみた。たぶん、世間的にはこちらの方が有名。 あらかじめいっておくけれど、僕は権威とか人がいいっていうものに対して「あえて」ケチつけることによって、「自分は...
「さかた海鮮市場」と「海鮮どんや とびしま」の朝食はもはやはずせない定番。... なんだか数年前と同じようなパターンで酒田旅をしているなと思いつつ、ここには訪れてしまうという場所だ。 酒田港に隣接する場所にある「さかた海鮮市場」と「海鮮どんや とびしま」は一階が地元の物産館で魚屋なども入っている。二階はその魚屋が経営する食事処で早朝からやっているのが嬉しい。こんないい場所が...
TABE TABI MARKET BOSO FOOD CENTER – サービスエリアに... いちはらアート×ミックスの帰り道に立ち寄ったところ。 館山自動車道の市原サービスエリア上り線がリノベーションされて、随分とおしゃれで楽しいスポットになっていた。 以前はだいぶ寂れててファーストフードのお店くらいしかなかったのだが・・いまは房総半島の地産地消をテーマにしたショップ&フードコ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください