帆布の風合いが好きで、京都では一澤帆布のものを愛用している。ほかにもいい帆布はあるかなと思ってみつけたのは日乃本帆布というブランドだった。

都内では、谷中とか浅草にお店があってたまに訪れてはうっかり買ってしまうのだが、トラックの幌とかテント用に使われるかなり厚手の帆布から作られたバッグはすごく丈夫。取っ手につかれている革の質感もよくて好きなお店なのです。ここの本店が米沢にあると知ってから気になっていたのだが、ようやく訪れることができた。

日乃本帆布の本店

ぼくが持っている製品

場所は上杉神社のすぐ近く、参道から伸びる道のつづきみたいなところにある。小さな蔵のようなお店で駐車場は道をはさんだ反対側にある。ちょっと分かりづらいかもしれないので、お店の人に確認しておくのもいいかと。

店内は結構小さくて、谷中のお店のほうが広いくらい。お店の名前にある「牛や」はもともとは革製品を作っていたことに由来するみたいだ。そこから、より普段使いにも耐えられるようにと帆布を採用していまに至っているとのこと。

生地の重さは一澤帆布よりも丈夫で重量感がある。丈夫さと重さはトレードオフの関係性だと思うので、最近の一澤帆布の手軽さを考えると好みの問題かなっていうところ。デザインとしても、わりと定番な感じなので面白みがないと思えるところもあるが、まあ丈夫です。

そして蝋引きされた帆布は使い込んでいくうちに味わいが出てきて愛着が増す。流行りの形を安く手に入れて使い回すのもいいけれど、僕はこういうスロウな製品のほうが好きだなあって思う。今回は商品を買うことなく出てしまったが、改めて谷中のお店行って、次に訪れるときには旅の思い出にひとつくらい買おうかなって思っている。

日乃本帆布 牛や
住所:山形県米沢市門東町1-5-29
時間:9:30-17:00
休み:不定休

保存

Related Post

うふカフェ(ufu cafe) – 米沢の隠れ家的カフェ... 初秋の山形旅行。ここらへんで面白いカフェはあるかなと思って、行ってみたのがこちら米沢の郊外にある「うふカフェ」。 ちょっと高台のエリアにあって、お店からは米沢の風景を眺めることができる。ちょうど稲刈りが終わって収穫のシーズンを迎えた米沢の景色を眺めながら、のんびりできるのがいい。 ...
初夏の山形、今年もさくらんぼ狩りをしてきた(高柳果樹園)... このブログが公開されるタイミングだと、もはや季節が一週してしまいそうなくらいなのだが、2015年の初夏も山形でさくらんぼ狩りをしてきていた。 訪れるのは山形の天童市にある高柳果樹園。最初に訪れたときから他へ場所を変えたことがないので、ここしか知らないのだけど、充分過ぎるくらい美味しいさくらんぼ...
一澤帆布と㐂一澤帆布 シタディンに荷物をおいてバスで向かったのは一澤帆布。一時期は信三郎帆布という名前ですぐ近くに店舗があったりしたこともあるが、いまではもとの場所に戻っている。 昔は本当にシンプルな品揃えで分厚い生地で無骨な帆布バッグばかりだったのだが、信三郎帆布を経ての一澤はラインナップに幅がでてきて、僕はこう...
合成帆布行 – 手頃な帆布バッグならここ... 台南で帆布バッグ巡りの旅をしてきた。 台南といえば、帆布バッグが有名らしく半径500mくらいの狭い範囲に、いずれも個性的な帆布バッグのお店が三軒あり、まず行ってみたのはこちらの「合成帆布行」。 場所は市内中心部ともいえる場所だと思う。国鉄台南駅とロータリーの間に小さな店舗があって、そこで...
行くぜ、東北。初夏のさくらんぼ狩り編(2016年)... 僕のなかでは初夏の風物詩、なんとなく淡い色合いの記憶。今年も山形でさくらんぼ狩りをしてきた。 過去のさくらんぼ狩りの記録 2013-06: 山形/庄内への小旅行 2014-07: 山形~宮城、ちょこっと福島の旅 2015-06: 初夏の山形/庄内の旅 2013年と2...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください