米沢の街の中心的な存在である上杉神社。米沢城の跡地に作られた神社で、周囲はお堀で囲まれている。それにしても、山形県って酒田とか米沢とか洗練された都市があるのに、なぜ県庁が山形だったのだろうか。政治とは不思議なものだ。

しかし、県庁所在地から外れていることにより、この米沢の街も昔ながらの穏やかな雰囲気が残っているように思える。それはそれでいいことだと思う。

上杉神社

この上杉神社も、なんかこう穏やかな雰囲気というか、のんびりとしている。僕がそう思う理由は境内に多くいる猫のせいかもしれない。たぶん、半分野良猫なのだと思うが、境内には猫が沢山住んでいる。猫たちは人懐っこいというわけではないが、ほどほどの警戒心という感じの距離感。

動き置物みたいにして、自然な感じでそこにいる。のどかだなあ・・。なんだか米沢の街って好きになる。現在の本殿は大正時代に再建されたものだが、小さいながらも雰囲気がいい。神社は公園になっていることもあり、観光客というより地元の人たちが散歩をしたりしている方が多い印象。

上杉家というのがこの町にとって自然なものなので尊敬をされているのだろうなって思えるところだった。

おまえ上杉って名前だろっていうくらい凜々しい
重鎮感がある

上杉神社
住所:山形県米沢市丸の内1-4-13
時間:6:00-17:00(冬は7:00-)

保存

Related Post

千葉にあるバラの名所、谷津バラ園で存分にバラを浴びるほどみてきた... 関東圏においてバラの名所っていくつかあるみたいなのだけど、千葉の谷津というところにあるバラ園が相当に有名らしい。バラにそれほど思い入れがあるわけじゃないのだが、近くに蛍明舎という気になる喫茶店もあるので、ちょっと足を延ばしていってみることにした。 バラの見頃は春は5-6月、秋は10-11月くら...
旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...
ひさびさに中世記念堂へ行ってみた ここへ来る前に、ランチに杭州小籠包へ行っていたのだが全く写真を撮っていなかった。あまりに美味しかったからというよりかは案内に忙しかったからというところ。 そのあと、お店の向かい側にある中正記念堂へ行きたいというので、ものすごいひさびさに行ってみることにした。修学旅行みたいな旅行だな。 中...
初夏の山形、今年もさくらんぼ狩りをしてきた(高柳果樹園)... このブログが公開されるタイミングだと、もはや季節が一週してしまいそうなくらいなのだが、2015年の初夏も山形でさくらんぼ狩りをしてきていた。 訪れるのは山形の天童市にある高柳果樹園。最初に訪れたときから他へ場所を変えたことがないので、ここしか知らないのだけど、充分過ぎるくらい美味しいさくらんぼ...
安曇野ちひろ美術館へ行ってきた いわさきちひろの専門美術館である、安曇野ちひろ美術館に行ってきた。 信濃大町から松本へ向かう道の途中にあるので、立ち寄りしやすいと思う。この周辺は安曇野アートラインとかいう場所で美術館が点在しているのだが、美しい庭園に囲まれたちひろ美術館はランドマーク的な存在。 僕が訪れたときは、ちょっ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください