米沢の街の中心的な存在である上杉神社。米沢城の跡地に作られた神社で、周囲はお堀で囲まれている。それにしても、山形県って酒田とか米沢とか洗練された都市があるのに、なぜ県庁が山形だったのだろうか。政治とは不思議なものだ。

しかし、県庁所在地から外れていることにより、この米沢の街も昔ながらの穏やかな雰囲気が残っているように思える。それはそれでいいことだと思う。

上杉神社

この上杉神社も、なんかこう穏やかな雰囲気というか、のんびりとしている。僕がそう思う理由は境内に多くいる猫のせいかもしれない。たぶん、半分野良猫なのだと思うが、境内には猫が沢山住んでいる。猫たちは人懐っこいというわけではないが、ほどほどの警戒心という感じの距離感。

動き置物みたいにして、自然な感じでそこにいる。のどかだなあ・・。なんだか米沢の街って好きになる。現在の本殿は大正時代に再建されたものだが、小さいながらも雰囲気がいい。神社は公園になっていることもあり、観光客というより地元の人たちが散歩をしたりしている方が多い印象。

上杉家というのがこの町にとって自然なものなので尊敬をされているのだろうなって思えるところだった。

おまえ上杉って名前だろっていうくらい凜々しい
重鎮感がある

上杉神社
住所:山形県米沢市丸の内1-4-13
時間:6:00-17:00(冬は7:00-)

保存

Related Post

台南の大天后宮は霊験あらたかな恋愛の神様をまつっている... 台湾でもっとも古い街である台南には神様の存在も圧倒的。国家一級古跡に指定されている台南大天后宮は台湾最古の廟のひとつであり、その御利益はかなりのものだという。今回泊まっていた、興居 台南からすぐ近くなこともあり朝の散歩をかねて行ってみることにした。 台南大天后宮へのアクセス 国鉄の台南駅...
ほぼ改修の終わったワット アルン(暁の寺)へ行ってきた... チャオプラヤ エクスプレスに乗っているときに、川沿いにたつひときわ美しいシルエットをみせてくれるワット アルン。 随分と長いこと改修工事をしていて、仏塔にも足場が組まれていたらしいのだが、川から船で見たところ、足場はなくなり元の姿に戻っていたので、行ってみることにした。 渡し船。1分の...
秋の鎌倉、円覚寺の紅葉を観にいく 鎌倉を代表する寺院のひとつで北鎌倉駅を降りると、そこがもう寺院の敷地のなかになっているという広大な場所。 春は桜、秋は紅葉と季節による美しさが際立っている。今回は秋の紅葉シーズンに来てみたのだが、少し時期遅れにも関わらず賑わっていて、そして美しい庭園が印象的。京都にいるかのような感じがあった。...
初夏の山形、庄内への旅。2017年6月編。... 2015年に行った旅行に近いのだが、初夏の天童でさくらんぼ狩りをして、そのあと酒田へ移動して寿司を食べる旅をしてきた。翌日は遊佐まで行ったり、米沢へ立ち寄ったりするのが少し違うところ。2015年の旅:初夏の山形/庄内の旅 この時期の山形/庄内地方は暑すぎもせず、寒くもなくちょうどいい感じがする...
佐賀でシチメンソウの紅葉を楽しむ 佐賀バルーンフェスタの競技が中止となってしまい、失意のうちに佐賀に戻ってきた。 佐賀が地元の友人と一緒だったので、なにをしようかと途方に暮れていたのだが、そういや有明海の干潟をみるのもいいかもなって思って、東与賀にある干潟よか公園に行ってみることにした。 佐賀駅から干潟よか公園までは車で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください