インドカレーとかではなく、家で作るような普通のカレーライスを無性に食べたくなることがある。自分で作るには面倒くさい、多く作りすぎてそのあとしばらくカレーざんまいになる。ということを考えてしまい、自分で作るには躊躇してしまうことがある。

そんなときに行ってしまうのが広尾商店街のはずれにある「広尾のカレー」。外観が目立つのですぐ分かる立地がすごい。テレビでも紹介されていて、わりと人気店なのだけど、立地が不便なのでランチタイムは少し外せばそれほど混んでいない。

店主は吉川こうじさんという人で、芸能人のほうの吉川晃司さんがメディアでたまに言及していたりする。そういう風に誰かに話ししたくなる理由はなんとなくわかる。お店の雰囲気もそうだけど、アットホームというか、飾らない感じでちょっと応援したくなる。

ということでランチで訪問。すごく狭い店内はカウンターの奥に通されると出るのに一苦労するくらい。とはいえ、居心地が悪いっていう感覚にはならないのはおもしろい。

おすすめというか僕が好きなのは普通のカレーに牛テールをトッピングしたもの。そして、テーブルにおいてあるピクルスは忘れずに食べてほしい。これがまた美味しくてカレーを待つ間にも食べてしまうし、カレーを食べる合間に箸休め的に食べるのもまたしみじみ美味しい。

洋食店で出てくるようなものでもなく、ごく普通のカレーなのだけど手間がかかっているのはわかる。ご飯は雑穀米があればそちらを選んでみるのもいい。飾り気ない美味しいカレーが食べたくなったときには行ってしまう不思議な魅力のあるお店。

広尾のカレー
住所:東京都渋谷区広尾5-17-8 アプリシエ広尾1F
時間:11:30-15:00,17:00-24:00(土日祝は通し営業)
休み:月曜日

保存

Related Post

地元の名店「大すき茶屋」ではおでんと蕎麦... 親類に「時間あるなら大すき茶屋で蕎麦食べるのがいい」という話しがあり、行ってみることにした。目印は大きな看板で「この味にくいな」だからなと言われて、なにいってんだと思っていたのだが、実際に到着してみてわかった。 看板にある電話番号が54-2917なのだけど、その下にあて字で「この味にくいな」っ...
京鼎樓バルのランチは微妙な感じ 恵比寿でランチをしたときに、バーガーマニアの隣にある京鼎樓の廉価版みたいな京鼎樓バルでランチをしてきた。 僕の感想としては、中華料理っぽさを出しつつ違う料理がメインなのはまさにバルという名前がついているだけのことはあるなというもの。フードコートみたいな料理だった。 京鼎樓バルへのアクセス...
かわなで食べる旬の味(穴子編) 飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。 このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのです。 7~9月くらいの夏の時期は穴子を提供していて(詳し...
ビストロ Kは中目黒でおすすめのランチ... コストパフォーマンスに優れた中目黒の良心みたいなイタリア&フレンチな感じの洋食レストラン。ランチも手抜かりなく抜群に美味しい。 魚介類は築地で仕入れているし、パスタは手打ちの生パスタ。そして、なにより野菜が美味しい。野菜はこのお店の主役というわけじゃないけれど、それでも細かいところまで...
初小川でいただく江戸前な鰻 浅草にある鰻の老舗で有名店に行ってきた。基本的に予約しないとお店に入ることもままならないところで、おそらくは鰻の仕込みとかがあるからじゃないかな・・と思う。 その代わりに予約をしていったら、思いのほか早く鰻が出てくる(それでも、普通の料理と比べると時間かかるものだけど)。 場所は浅草の中...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です