銀座エルメスの8階にあるギャラリーでミシェル・ブラジー展をみてきた。エルメスに入るなんてイベントホールくらいしか用がないのだが、一階で売っているApple Watchのエルメスバージョンは気になっている(しかし2年で価値が消滅しかかるアクセサリーはちょっと高いなあ)。

エルメスのイベントホールは春にやったシャルル・フレジェ展に来て以来となる。日本のシャーマニズムを美しく切り取ったあの展示も衝撃的だったが、今回の「リビングルームII」と名付けられた展示もまた衝撃的だった。

既製品に植物や昆虫、微生物を取り込んだ作品は、時間の経過の中で変化していき作品が完成するということがない。会場奥に大きく展示されたカーペットにはランダムなきらきら光る線がひかれているのだが、これはカタツムリがはった跡だったりする。

またはキャンバスに食品を塗り込んだあと、ねずみや微生物がそれを食べすすめる過程が柄になった作品があったりする。普段の生活で見逃しているものが、アートと組み合わさると斬新になるという発想がおもしろい。

ミシェル・ブラジー展ミシェル・ブラジー展プレイステーションやナイキのスニーカーから植物が根を張り育っていく姿は「もののけ姫」に出てくる世界観のようで、自然がやがて文明を圧倒するという見え方は僕の感覚ではとてもすんなりとはいるものだ。

でも、サン=テグジュペリが「自然が人間に抗う」と書いてしまうようなヨーロッパ的な考えからすると、これは衝撃的なものかもしれない。

ミシェル・ブラジー展ミシェル・ブラジー展シャルル・フレジェ展もミシェル・ブラジー展もこのギャラリーでみる展示は自然や人間といったいままでの感覚を呼び覚ますようなもので、エルメスというブランドがじつは持っているロックな感じに通じるものがあるのだろうかって思ってしまう。

「リビングルームⅡ」ミシェル・ブラジー展
開館日: 2016年9月16日(金)- 2016年11月27日(日)
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム

Related Post

俺のイタリアンでライブを聴きながら食事... 俺の~系列といえば美味しい食事を立食で食べてお得な料金でせわしないというところ、そして並ぶという印象だけど、今回訪れた「俺のイタリアン TOKYO」はオンラインで予約ができるのですごい便利。 しかもちゃんと椅子に座って食事が楽しめるし。時間は2時間制と決まっているけれど、それはまあしょうがない...
大地の芸術祭 2015 – 川西エリア編 新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭の川西エリア編。ここは信濃川の西岸にあたるエリアで河岸段丘が一望できるところ。 このエリアでは有名過ぎるくらいな、ジェームス・タレルの光の館。そして、ナカゴ・グリーンパークがあるのだが、このあたりはみたことがあるので今回...
中之条ビエンナーレ2013(六合編) 季節はすっかり秋めいてきて、芸術の秋っていう雰囲気。 ということにつられてってことではないのだが、群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観に行ってきた。僕のなかでは、数ある地方芸術祭のなかでは最も好きなもののひとつ。 美しい秋の里山風景とともにホスピタリティを感じ...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の豊島編)... 直島~犬島と移動してきて、さらに豊島への船旅。犬島から豊島の家浦港までは高速艇で30分ほどの航路となる。 豊島では家浦港から歩いて数分のところにある横尾美術館みてから、町内バスで豊島美術館へ移動。そこから唐櫃港までは徒歩で10分くらい山を下っていった。小豆島へ渡るフェリーの時間まで時間があった...
VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください