銀座エルメスの8階にあるギャラリーでミシェル・ブラジー展をみてきた。エルメスに入るなんてイベントホールくらいしか用がないのだが、一階で売っているApple Watchのエルメスバージョンは気になっている(しかし2年で価値が消滅しかかるアクセサリーはちょっと高いなあ)。

エルメスのイベントホールは春にやったシャルル・フレジェ展に来て以来となる。日本のシャーマニズムを美しく切り取ったあの展示も衝撃的だったが、今回の「リビングルームII」と名付けられた展示もまた衝撃的だった。

既製品に植物や昆虫、微生物を取り込んだ作品は、時間の経過の中で変化していき作品が完成するということがない。会場奥に大きく展示されたカーペットにはランダムなきらきら光る線がひかれているのだが、これはカタツムリがはった跡だったりする。

またはキャンバスに食品を塗り込んだあと、ねずみや微生物がそれを食べすすめる過程が柄になった作品があったりする。普段の生活で見逃しているものが、アートと組み合わさると斬新になるという発想がおもしろい。

ミシェル・ブラジー展ミシェル・ブラジー展プレイステーションやナイキのスニーカーから植物が根を張り育っていく姿は「もののけ姫」に出てくる世界観のようで、自然がやがて文明を圧倒するという見え方は僕の感覚ではとてもすんなりとはいるものだ。

でも、サン=テグジュペリが「自然が人間に抗う」と書いてしまうようなヨーロッパ的な考えからすると、これは衝撃的なものかもしれない。

ミシェル・ブラジー展ミシェル・ブラジー展シャルル・フレジェ展もミシェル・ブラジー展もこのギャラリーでみる展示は自然や人間といったいままでの感覚を呼び覚ますようなもので、エルメスというブランドがじつは持っているロックな感じに通じるものがあるのだろうかって思ってしまう。

「リビングルームⅡ」ミシェル・ブラジー展
開館日: 2016年9月16日(金)- 2016年11月27日(日)
会場:銀座メゾンエルメス フォーラム

Related Post

夏の碌山美術館にも来てみることにした... 萩原碌山の作品をメインにした個人美術館である碌山美術館。冬の時期に訪れて美術館のエントランスで炊かれていた薪ストーブの様子や、雪に覆われた様子の雰囲気が絵本の世界のようでとても美しく、季節を変えてまた来たいと思っていた。ということで、夏の終わりのこのタイミングで再びの訪問。 冬の訪問:安曇野の...
水戸芸術館で開催していた石川直樹個展「この星の光の地図を写す」を観てきた。... 今回の旅における大きな目的のひとつは、水戸でやっている石川直樹の個展を観にいくこと。ちょっと意外だったのは初の大規模個展ということだ。登山家や探検家として有名になった人だけど、僕が思う印象は人を撮るカメラマンという感じ。 グラビア写真を撮るということではないけれど、各地を旅していきながら人を撮...
SNOOPY MUSEUM TOKYO「愛しのピーナッツ。」展をみてきた... 六本木に2016年4月から2018年までの期間限定でオープンしているSNOOPY MUSEUM TOKYOへ行ってきた。このミュージアムは作者の住んでいたサンタローザにあるミュージアムの分室として海外に唯一あるもので、コミックの原画が東京で気軽に観られるというのはとても貴重なんじゃないかと思う。 ...
(2013.12.23で閉店)ジョエル デュランのリエジョアマニアに参加してみた... 銀座にある大人な感じのカフェであるジョエル デュランでは、店頭でメルマガ会員みたいなものを募集していて、それにメールアドレスを登録しておくと、不定期に開催されている新作リエジョアのお披露目会である「リエジョアマニア」というものの招待案内が送られてくる。 で、招待案内のメールに申し込んでみたとこ...
中之条ビエンナーレ2013の歩き方 芸術の秋ですよ。なにかきれいなものをみてくるかということで、群馬の中之条エリアで2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ2013」を観てきた。2年前に観に来たときよりも規模が大きくなってきてはいるけれど、それでも他のアートイベントと比べると手作りで地元の人も楽しんでいるような雰囲気で、いいイベン...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください