日本にも多数出店してきて物珍しさもなくなってきた、ディンタイフォン(鼎泰豐)の小籠包。アトレ恵比寿の七階にも出店しているので行ってみた。オープンして間もない頃は平日のランチでも並んでいたけれど、いまは落ち着いてきていて混雑さもなくなっている。

カウンターの一人席やボックス席など多様な席のアレンジがあるので、ひとりでもグループでも手軽に利用ができる。

ランチのラインナップはやや高いくらいだけど、駅ビルに入っている有名店ということを考えればこんなものかもというところ。だいたいのランチには小籠包がついてくる。

ということで、平日限定の豚肉の麺料理を頼んでみた。これってつまりは生碼麺(サンマー麺)のことで、もやしが入った麺料理は辛くなくて旨みが深い。僕としては同じ恵比寿のチャイニーズダイニング方哉の方が断然好きだけど、こちらの方がややさっぱりしている印象。

小籠包の質はさすがの鼎泰豊というところ。台北の店舗で食べるものと遜色ない出来だと思う。このどこで食べても一定以上の品質が楽しめるというのが鼎泰豊のよさなのだろうな、きっと。

そうそう何度も台湾に行けないわけだし、たまにはここでランチをして自分の台湾旅への熱をさますのもいいかもしれないなって思った。ディナーで改めて来たいかといわれると、それはないのだが友人とかとランチするにはちょうどいいところだと思う。

鼎泰豊 恵比寿店
住所:東京都渋谷区恵比寿南1-6-1 アトレ恵比寿西館 7F
時間:11:00-23:00
休み:なし

保存

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です