instagramで知ったお店。もとは神田駅近くにある味坊という中華料理店で、その支店が御徒町にもできたということ。神田のお店は人気店過ぎてなかなか予約が取れないということだけど、羊香味坊はまだオープンして間もないということで空いている。

お店は御徒町駅の裏通りともいえるところで、ちょっと不思議な感じがある。店内は明るくて清潔。お店の奥にはカウンターがあり立ち飲みもできるので、ひとりでちょっと来てビール飲んでおつまみ食べて帰るというのもよさそうだ。

お店の外観
お店の外観

料理は中国東北地方の家庭料理で羊肉が美味しい。身体をあたためる効果がある羊肉、冬場にはとてもうれしい。味付けは日本人向けにアレンジしているかというと全然そんなことはなくて、結構強烈にスパイスを感じる。手加減していない感じが楽しい、そして美味しい。

色々な部位の羊串があるので、とりあえず盛り合わせを頼んでみる。スパイスの香りがあるけれど、辛いわけではなく旨みが凝縮された感じ。お酒を飲みながらつまむには楽しい一品だな。

羊肉串の盛り合わせ
羊肉串の盛り合わせ
青唐辛子の羊肉詰め、見た目地味だけど激しいやつです
青唐辛子の羊肉詰め、見た目地味だけど激しいやつです

辛くて刺激的なものを狙うのであれば青唐辛子の羊肉詰め。ししとうではなく、手加減なしの唐辛子のなかに羊肉が入っている。最初は苦みがあり美味しいのだが、後から強烈に辛いので注意して食べた方がいい。強烈な料理。

見栄えがよくて、さらに美味しいのはラムチョップ。オシャレなお店で食べるラムチョップもいいけれど、スパイスがきいた羊肉を炭火で焼いたシンプルなものを手づかみで食べるというのも美味しい。カジュアルで気軽。

ラムチョップ
ラムチョップ

一品料理では、豚足の煮こごりとかいうのが不思議で美味しい。ニンニク醤油をつかっていて、ちまちまとつまんで食べられる。すごく美味しいというより不思議という表現だな。

もうひとつは、おからのチャーハンみたいなもの。チャーハンなのだけど、お米ではなくおからを使っている。ダイエット食みたいな感じだが、チャーハンよりも軽く食べられるのでおすすめ。そして、餃子も定番の料理でビールによくあう一品。

豚足のにこごり
豚足のにこごり
おからチャーハン
おからチャーハン
定番、焼き餃子
定番、焼き餃子

雰囲気は中国の食堂っていう感じ。冬の寒い夜に暖かい店内で羊肉を楽しむのって、なんだかささやかなしあわせを感じるものです。まだまだ食べていない料理があるから通いたくなるお店。

羊香味坊(ヤンシャンアジボウ)
住所:東京都台東区上野3-12-6
時間:(月-金)7:30-9:30,11:30-24:00、(土日祝)14:00~23:00(日22:00)
休み:なし

Related Post

くろひつじ(中目黒)でジンギスカンを食べる... ジンギスカンを食べたい!という欲求から中目黒のくろひつじで食べてきた。ラム肉には身体をあたためる作用があるとのことで、夏場に食べるものじゃないけれど(胸焼けする)、秋以降に食べるにはいい食事じゃないかと。 くろひつじはもともと倉庫だったみたいで、ちょっと無機質なカフェみたいな店内にもうもうと煙...
ペナンならではの屋台料理はキンバリーストリートで!... ペナンのことをなにも知らないままに来てしまい、泊まっていたAirbnbの部屋でブログとか読んでいて、キンバリーストリート(Kimberley St.)あたりに美味しい屋台のお店がたくさんあるという情報を入手。さっそく、夕食時に向かってみた。 ペナンの市街地のなかにあり、まわりには外国人などがよ...
蓮香樓で飲茶の朝食、香港らしい朝の風景... お店の外観 この旅の前日、金曜日の夜は日本で食事をしていたのに、週末の朝ごはんは香港で食べているという不思議さ。 でも、これからすごく充実した週末を過ごせそうな確信がもてる朝食を食べてきた。 蓮香樓は、ガイドブックにも必ず掲載されているような中環の有名店。 でも、地元の人に...
【閉店・移転】上野でぎょびーといえば「昇龍」の餃子ということになる。... 僕のなかでは「せんべろ」と同じくらい不思議な言葉だったのだが「ぎょびー」という言葉。餃子にビールという組み合わせを略したものなのだけど、この間違えない組み合わせ!感動するなあ。 ということで、街中で美味しそうな餃子をみつけたらビールと一緒に食べることにしている。上野ではアメ横商店街にある昇龍が...
ハラルフード×中華料理の見事なコラボ。錦糸町の東京ムスリム飯店へ行ってきた。... 最近になって話題になりはじめているハラルフードを食べられるお店。しかも、ハラルフードだけど中華料理のスタイルだという。錦糸町というややマニアックな場所にあるのも気になる。 西新宿のシルクロードタリムは完全なウイグル料理だけど、あの人たちが中華料理にアプローチするとこんな感じになるのだろうか。と...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください