台湾料理の看板をかかげておきながら、普通の中華料理店というお店はかなりあるけれど、ここは正真正銘な感じがある台湾料理のお店。それも、B級グルメ感がある小吃が沢山そろっている便利なところ。

小吃といえば、台湾ではあちこちのお店でちょっとずつ食べるものだけど、ここには色んなものがそろっているので、ちょっとうれしくなる。

場所は新橋駅から歩いて数分、柳通りに面したところにある。烏森口からだと桜田公園のなかを通り抜けて行った方が近いと思う。お店はかなり小さくて狭い。トイレも古式ゆかしい和式トイレ。ひさびさにみたな。

お店の外観、新橋駅から徒歩数分の柳通りにある

ランチタイムに訪れたのだけど、ランチタイムメニューは結構ラインナップが豊富。鶏そばとか美味しそうだなあと頼んでみたけれど、ダシのきいた一品だった。麵よりもスープだけを飲んでいたい。見た目の地味さがすごいけれど、意外とちゃんと美味しい。

豚足を食べながらビールを飲む休日のランチはとてもしあわせ。きっと平日は混むのだろうが、休日であればかなりのんびりとしている。こういう休みの日ってなんだかしあわせ。ランチだと水餃子を安くオーダーできるので、これも忘れずに頼んでおいた方がいい。

店内は台湾一色
鶏そば
豚足
水餃子
ビールは台湾ビール

そして、あとで気づいたのだけどランチメニューに関係なく、昼でも壁に貼りつけている料理を頼むことができる。試しに台南でよく食べた肉圓(バーワン)を頼んでみることにする。結構高いけれど、まあこの料理を日本で食べられるということが驚きなのかもしれないな。

オーダーしたら、お店のおじさんが冷凍庫をごそごそとなにか捜し物をしていて、ようやく見つけたと思ったら肉圓だった。そして、お皿にのせて電子レンジに放り込んでいる。えええ、これ冷凍できるものなのか。そして、電子レンジで解凍なのかよってちょっと不安になったけれど、出てきたものは普通に美味しかった。

ここの肉圓は蒸したあと、かるく素揚げしているのか、冷凍のせいなのか少し正面が固いのだけど、生地のもちもち感は肉圓そのもの。そして、上にかかるソースは台南でよく食べる甘辛いものよりも、もっと中華料理のソース感があるけれど、日本人の口にはこちらの方があうのかもしれない。普通に美味しい一品。台南以外で肉圓を食べることがないのだが、地域によってスタイルが少し異なるというし、こういうのもありなのだろう。

肉圓
壁にはあれこれメニュー

それにしても小吃として考えると少し高いけれど、日本でお酒が飲める料理店としては安い。チェーン系の居酒屋くらいの値段で結構楽しめると思う。今回は昼から飲むという感じだったけれど、夜に来てみるのもよさそうだ。とても良心的なきちんとした台湾料理のお店だと思う。

台湾家庭料理 香味
住所:東京都港区新橋3-16-19
時間:11:30-14:00(土日祝15:00),17:00-23:30(土日祝22:30)
休み:なし

Related Post

ブイヨン (Bouillon) – 伊万里の地産地消フレンチでランチ... 知り合いに伊万里でランチするおすすめを訊いたところ、ここを紹介されたので訪問してみた。場所は伊万里駅から徒歩1分くらいと近いのだけど、伊万里の繁華街らしきところからは逆側なので、ちょっと離れている印象をうける。 お店のロケーションとしては、ロードサイドの商店街っぽいところで、ここにレストランが...
さかな亭 – 新橋最強ランチのひとつ... さかな亭の外観。新橋駅ビルの地下にある。 人というのは、美味しいものを出すお店に惹き寄せられるものなのだなということを実感する。 新橋でランチをしようかと思ったとき、駅前ビルの地下でみかけた行列に並んでみて入ったお店。 行列の種類っていくつかあるけれど、僕のなかでは「おじさんが並...
代官山 蚤の市にいってきた 代官山のT-SITEでパリの蚤の市をモチーフにしたイベントがあるというので行ってみたのだけど、すごい楽しいイベントだった。 T-SITEの駐車場を利用して開催しているので平日開催なのだけど、そのせいもあって破綻するほどの混雑もなく賑わいのなかでイベントを楽しめるくらいなのがいいなって思う。 ...
恵比寿の「おおぜき」ってそんなに美味しいのだろうか... レビューサイトでやたらと評価の高い恵比寿の「おおぜき」のラーメン。僕がひねくれているということは多少あるにせよ、それでももっと美味しいところあるんじゃないかなあという感想をもってしまった。 お店の場所は恵比寿駅から歩いて数分のところで、銀行の横の小径を恵比寿神社の方に向かって坂道を上がったとこ...
神楽坂のル・コキヤージュではキッシュのランチがおすすめ... 神楽坂の裏通りに結構昔からあって、なんていうか大事なリストに残っているフランス料理のレストラン。フレンチとはいっても堅苦しいところはなくて、かといってカジュアル過ぎるわけでもなく、なんていうか「ちょうどいい感じ」がすごく好き。 Cafe Le Coquillage (カフェ ル コキヤージュ)...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください