迪化街のさらに北側にあって、小学校の裏手の通りにひっそりとあるお店。交通量もそれほど多くないのだけど、この一画だけはバイクが並んでいてにぎわっている。賣麺炎仔は台北でもっとも古い麺料理店のひとつで、もともとは屋台だったのがいまは小吃店になっている。

入口にせりだすようにあるカウンターのテーブルや、お店の奥にあるテーブル席。キッチンの雰囲気など古きよき台湾のスタイルという感じがとても楽しい。

お店は地元の人で賑わっていて、メニューも中国語のみ。片言の言葉でなんとかオーダーをするのだけど、このお店の雰囲気とか旅行をしているなあってしみじみ思う。お店の人は一見するとつっけんどんな雰囲気だけど、困っていると的確にアドバイスをくれるのでそれに従えばいいんじゃないかと思う。

基本的には湯麺という麺料理。さまざまな具材をミックスした出汁は透き通っていてさっぱりしているけれど深みのある味わい。このスープが美味しいなあ。麺は結構太くてコシがあるタイプ。結構お腹いっぱいになる。

賣麺炎仔でもあれこれ頼んでしまった・・。

それ以外には煮豚みたいなのとか鶏肉を蒸したものもおすすめの模様。お店の人のレコメンドに従いあれこれ頼んでみる。ちょっと頼みすぎたかなと思うところはあったけれど、いやもうどれも美味しい。とくに鶏肉はお腹いっぱいなのに食べたくなるくらいだ。シンプルな味付けなのに鶏肉のジューシーさと柔らかさを堪能できる。鹿児島で食べた「すめ料理」を思い出す。蒸し鶏が美味しいって肉質がいいんだろうなって思う。

ちょっと交通の便が悪いところにあるけれど、このレトロなお店の雰囲気含めて旅の情緒があって美味しく楽しいお店。こういうのがあるから台北の旅って太ってしまう。。

賣麺炎仔
住所:台北市大同區安西街106號
時間:8:00-15:30(売り切れ次第閉店)
休み:なし

保存

Related Post

長白小館の酸菜白肉鍋は台北に来ないと食べられない味... 台湾らしい料理といえば、小籠包とか最近では現代的な料理も増えてきているけれど、旅情があるなあって思うのは鍋料理。地元の人が集まるような蛍光灯の光の店内でわいわいと食べるのが楽しい。そして美味しい。 旅の同行者は僕以上に辛いものが苦手なので、それじゃあと行ってみたのは長白小館。週末の土曜日に予約...
六千牛肉湯は台南グルメではずせないお店のひとつだ... 台南郊外にある阿裕牛肉湯の牛肉湯はちょっと別格の美味しさだよなって思うけれど、いかんせん市街地から遠すぎて、旅行者が行ってみるにはハードルが高すぎる。 そうなると、なんだかんだいって地元の人による支持もアツい六千牛肉湯が台南での定番な牛肉湯ということになるのかなって思う。今回リピートで訪れたけ...
雙城美食街でシメの夜食 今回旅をしていて、おそらく日本人と思われる女の子がコンビニでカップラーメンを買っていたのだけど、この屋台天国の台北でそれはちょっともったいない。 台湾、とくに台北では屋台料理が深夜まで出ていて、この記事で紹介する雙城美食街は歩行者天国となっている通りのなかにあって、清潔な屋台村だと思う。今回、...
「台湾厨房 劉の店」で手軽に台湾料理を楽しむ... ひさびさに台湾料理を食べに行きたいなあと思って訪れたところ。錦糸町の駅前からすぐのところにあって、値段も手頃で食堂みたいなお店だった。お酒飲まずに食事だけとるのでも全然利用できる定食屋という感じ。変なチェーン店行くならここでいいんじゃないかと思う。場所が錦糸町でなければなあ、もっと通えるのに。 「...
五反田駅前中華の「亜細亜」は裏メニューが絶品... 五反田駅前にこんなところあったんだというくらい見落としていた中華料理店。駅前なのにロータリーがあるせいなのかちょっと穴場な感じがしてしまう。 広東料理を掲げているけれど基本的には街の中華料理店という趣があり、万人に美味しい料理を食べることが出来る。ランチでもいいし、夜にちょっときて食べるという...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください