迪化街のさらに北側にあって、小学校の裏手の通りにひっそりとあるお店。交通量もそれほど多くないのだけど、この一画だけはバイクが並んでいてにぎわっている。賣麺炎仔は台北でもっとも古い麺料理店のひとつで、もともとは屋台だったのがいまは小吃店になっている。

入口にせりだすようにあるカウンターのテーブルや、お店の奥にあるテーブル席。キッチンの雰囲気など古きよき台湾のスタイルという感じがとても楽しい。

お店は地元の人で賑わっていて、メニューも中国語のみ。片言の言葉でなんとかオーダーをするのだけど、このお店の雰囲気とか旅行をしているなあってしみじみ思う。お店の人は一見するとつっけんどんな雰囲気だけど、困っていると的確にアドバイスをくれるのでそれに従えばいいんじゃないかと思う。

基本的には湯麺という麺料理。さまざまな具材をミックスした出汁は透き通っていてさっぱりしているけれど深みのある味わい。このスープが美味しいなあ。麺は結構太くてコシがあるタイプ。結構お腹いっぱいになる。

賣麺炎仔でもあれこれ頼んでしまった・・。

それ以外には煮豚みたいなのとか鶏肉を蒸したものもおすすめの模様。お店の人のレコメンドに従いあれこれ頼んでみる。ちょっと頼みすぎたかなと思うところはあったけれど、いやもうどれも美味しい。とくに鶏肉はお腹いっぱいなのに食べたくなるくらいだ。シンプルな味付けなのに鶏肉のジューシーさと柔らかさを堪能できる。鹿児島で食べた「すめ料理」を思い出す。蒸し鶏が美味しいって肉質がいいんだろうなって思う。

ちょっと交通の便が悪いところにあるけれど、このレトロなお店の雰囲気含めて旅の情緒があって美味しく楽しいお店。こういうのがあるから台北の旅って太ってしまう。。

賣麺炎仔
住所:台北市大同區安西街106號
時間:8:00-15:30(売り切れ次第閉店)
休み:なし

保存

Related Post

ラマ島に来たらシーフードを食べるのは必須です – 天虹海鮮酒家... ラマ島に来た目的のひとつは美味しい海鮮料理を食べること。香港で海鮮料理といえば、有名どころなのは他にもいくつかあるけれど、ここラマ島のレストランはのどかな漁港の風景を眺めながら食べるっていう雰囲気含めていいところだった。 ラマ島ってどこだよ!って話しはまた後日。 天虹海鮮酒家 ...
台南小吃グルメを食べつくす!厳選の6軒(ランチ小腹編)... 小吃(シャオチー)とは、店や屋台で食べる中華の一品料理のことで、台南にはこの小吃のお店がそれこそ星の数ほど無数にある。小吃こそ台南が誇る食文化だと思う。 前日の投稿で朝食編を紹介したので、今度はランチや「ちょっと小腹空いたな」というときにおすすめしたいところを僕が行ったところのなかから選んで厳...
お腹いっぱいでも食べられてしまう絶品餃子。立石の蘭州で最高にうまい水餃子を堪能する。... せんべろな飲んべえの聖地である立石において、蘭州の餃子も外すことができない人気店だ。ランチ営業はしていなくて、夜しかやっていない中華料理店なのだけど、平日でも混雑していてお店の前に待つことになる。大人数で行っても入れないと思うので、立石めぐりをするときは少数精鋭でのぞみたい。 お店の場所は立石...
台北にある誇張古珈琲店って穴場でいいところだった... 永康街でランチ食べたり散歩したり、買い物したりしたあと。まだ時間があるので、台北の裏通りを抜けながら散歩していたときに見つけたカフェ。というか喫茶店。とくに探して入ったわけではない。でも、なんだか不思議な魅力があるカフェだった。 場所は東門駅から北側に入った裏通り。というか車も通らないような路...
跳舞珈琲(Dance Cafe) – 都会のオアシス的存在... 今回もスクートのセールを利用して台湾へ。到着日の夜に台風がやってきて、すごいことなったのだが、それはおいおい書くとして。 旅先で知り合った pregoさんおすすめの台北カフェ「跳舞咖啡廳」に行ってきた。場所はMRT双連駅からは徒歩5分、中山駅から徒歩8分といったところ。中山地下街のR10出口か...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください