迪化街のさらに北側にあって、小学校の裏手の通りにひっそりとあるお店。交通量もそれほど多くないのだけど、この一画だけはバイクが並んでいてにぎわっている。賣麺炎仔は台北でもっとも古い麺料理店のひとつで、もともとは屋台だったのがいまは小吃店になっている。

入口にせりだすようにあるカウンターのテーブルや、お店の奥にあるテーブル席。キッチンの雰囲気など古きよき台湾のスタイルという感じがとても楽しい。

お店は地元の人で賑わっていて、メニューも中国語のみ。片言の言葉でなんとかオーダーをするのだけど、このお店の雰囲気とか旅行をしているなあってしみじみ思う。お店の人は一見するとつっけんどんな雰囲気だけど、困っていると的確にアドバイスをくれるのでそれに従えばいいんじゃないかと思う。

基本的には湯麺という麺料理。さまざまな具材をミックスした出汁は透き通っていてさっぱりしているけれど深みのある味わい。このスープが美味しいなあ。麺は結構太くてコシがあるタイプ。結構お腹いっぱいになる。

賣麺炎仔でもあれこれ頼んでしまった・・。

それ以外には煮豚みたいなのとか鶏肉を蒸したものもおすすめの模様。お店の人のレコメンドに従いあれこれ頼んでみる。ちょっと頼みすぎたかなと思うところはあったけれど、いやもうどれも美味しい。とくに鶏肉はお腹いっぱいなのに食べたくなるくらいだ。シンプルな味付けなのに鶏肉のジューシーさと柔らかさを堪能できる。鹿児島で食べた「すめ料理」を思い出す。蒸し鶏が美味しいって肉質がいいんだろうなって思う。

ちょっと交通の便が悪いところにあるけれど、このレトロなお店の雰囲気含めて旅の情緒があって美味しく楽しいお店。こういうのがあるから台北の旅って太ってしまう。。

賣麺炎仔
住所:台北市大同區安西街106號
時間:8:00-15:30(売り切れ次第閉店)
休み:なし

保存

Related Post

ハラルフード×中華料理の見事なコラボ。錦糸町の東京ムスリム飯店へ行ってきた。... 最近になって話題になりはじめているハラルフードを食べられるお店。しかも、ハラルフードだけど中華料理のスタイルだという。錦糸町というややマニアックな場所にあるのも気になる。 西新宿のシルクロードタリムは完全なウイグル料理だけど、あの人たちが中華料理にアプローチするとこんな感じになるのだろうか。と...
佳徳糕餅は地元で絶大な支持を誇るパイナップルケーキ... 台湾人の友人に「パイナップルケーキのお土産買おうと思ってんだよね」と話すと、みんな「絶対に佳徳糕餅のがいい!だって、おいしいもの!!」というテンション高めな返答がもどってくる。 気になる。でも、お店が不便なところにしかないんだよなあ・・って思っていたのだが、MRTの新しい路線が開通して近くなっ...
阜杭豆漿は台北朝食にとってのbillsみたいな存在... ものすごい手際のいいカウンターのおばちゃんたち 友人から「台北で朝食っていったらここだよ。え、まだいったことないの?」と熱烈なオススメをされたので、行ってみることにした。 場所はMRT善導寺駅から歩いて数分というところ。華山市場というところの2階にある。 僕が訪れたときは火曜日の...
時代を越えた定番の朝食、イノダコーヒ 本店で京の朝食セットを食べてきた... もうとっくにブログでも紹介しているかと思っていた京都での朝食の定番。イノダコーヒに行ってきた。そうか、ここに来ていたのはブログを始める前だったのか。ずいぶんと長いこと来ていなかったのだな。 イノダコーヒの本店は朝7時から営業していて、ここのモーニングは京都での朝食として定番になっていると思う。...
製麺会社が営む本格中華!広尾の「はしづめ」でのランチはこだわりの一品が味わえる... 広尾の地元に愛されている中華料理店。こじんまりとした雰囲気は上品な感じがある。カウンター席もあって一人でも行きやすい。そして、2017年のミシュランガイドでビブグルマンを獲得しているお店で、手頃な価格でランチを提供してくれているのが嬉しい。手軽にミシュランの味を楽しめる。 はしづめ広尾店へのア...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください