広尾の有栖川公園からテレ朝通りを中国大使館の方へ少し行ったところにある蕎麦屋さん「蕎麦 たじま」でランチをしてきた。

ミシュランガイドに掲載されているところで、2017年はビブグルマンをとっているところ。

蕎麦 たじまへのアクセス

公共交通機関でのアクセスは悪くて、東京メトロの広尾駅から歩いて行くのが一番近い。有栖川記念公園の横を通り抜けて坂をあがっていき、中国大使館近くなると警察官が沢山いるところを過ぎてすぐのところ。テレ朝通りに面しているのだけど、店名が小さく書かれているだけなので見逃してしまわないように。


蕎麦たじまについて

平日のランチは空いていて予約とかの必要はない。余裕をもってゆっくりとランチを楽しめる。蕎麦の量は都内のお店だなあっていう量で大盛りにしてもちょっと少ないと思えるくらい。でも、すごく上品で美味しい。店内はシンプルで落ち着きがある。店員さんの数も多くきびきびと働いている。

訪れたタイミングが初冬だったこともあり、あたたかいものがいいなと鴨汁の蕎麦にしてみる。鴨肉は炭火焼きしているみたいで、口に含むと炭の香りが広がるのが美味しい。これは贅沢だ。ちょっと高いだけのことはある。

鴨汁蕎麦で蕎麦大盛り
蕎麦
この鴨が美味しい

蕎麦はシンプルを極めていて、特徴を感じることはないけれど、とにかく美味しい。しっかりとした食感と香りがいいな。値段を考えると高いと感じることはあるけれど、立地を考えればこんなものなのかもしれない。静かでいい店であることに間違えはない。夜はコース料理もやっているみたいで、それも気になるな。お酒を飲み、そして蕎麦をつまむという夕食もよさそうだ。

蕎麦 たじま
住所:東京都港区西麻布3丁目8−6
時間:11:30-14:30,17:30-21:30(祝20:30)
休み:日曜日、最終月曜日

Related Post

老舗の陸羽茶室で楽しむ飲茶は高いが雰囲気いい... 香港随一の老舗で高級店の部類に入る陸羽茶室。朝食に行ってもいいし、ランチに行っても楽しめる。 僕にとっては飲茶といえば蓮香樓なのだけど、陸羽茶室は同じジャンルの料理なのか?っていうくらい雰囲気が違う。 アンティークな感じの店構え、案内してくれるスタッフの洗練された身のこなし、やたらと高級...
恵比寿焼肉 kintanは「大人の焼肉スタイル」が楽しめる場所... 重量級の焼肉激戦区である恵比寿において、洗練された雰囲気で一線を画している焼肉店。金舌という店名は「kintan」になっただけでちょっと毒気が抜けた感じすらする。 僕としては焼肉はもうがっつり七輪で食べまくればいいじゃんと思っているのだが、たとえばデートとか仕事の会食とかに使うというシチュエー...
シンプルで定番「広尾のカレー」のカレーライス... インドカレーとかではなく、家で作るような普通のカレーライスを無性に食べたくなることがある。自分で作るには面倒くさい、多く作りすぎてそのあとしばらくカレーざんまいになる。ということを考えてしまい、自分で作るには躊躇してしまうことがある。 そんなときに行ってしまうのが広尾商店街のはずれにある「広尾...
越後しなのがわバルで土産土法で地産地消なランチ... ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。 キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面...
Ataで楽しむ冬の夜 お店は並木橋のたもとにある静かなエリア。 冬って寒すぎるしあまり好きな季節ではないのだけれど、しかしながら食事が美味しいのは寒いときだなって思う。 秋は旬のものは多いけれど、冬はさらに濃度が濃いというか外の寒さを感じつつあたたかい料理を楽しむというのは幸せを感じる。 なかでも好き...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください