迪化街といえば永久號のからすみといった乾物、そして恋愛の神様としても有名な霞海城隍廟がある。それ以外にも朝食時には民樂旗魚米粉湯とか気になるところが沢山ある。

散歩しているときに一休みするところといえば爐鍋咖啡だったのだけど、紅茶の専門店があるみたいなので行ってみることにした。雰囲気もいいし、紅茶以外に台湾のクラフトビールもあったりしてすごく楽しいところだった。

ASW TEA HOUSEへのアクセス

迪化街の中心街ともいえるエリアにある。霞海城隍廟の斜め向かい。民樂旗魚米粉湯からも見える古いビルの二階にある。隣は爐鍋咖啡があったりしてこの一画は面白い。お店は二階にあり、ASW TEA HOUSEという小さな看板を見逃さないように。

ASW TEA HOUSEについて

もともとは台湾発の西洋薬局である「A S WATSON & Co.」の古いビルで、外壁にはいまだに当時の面影が残るレリーフがあったりする。台北でも最も古いエリアであり雰囲気がいい。店内は緑色の壁紙で統一されている。レトロで美しい、図書室とか古い書斎のようなインテリア。

カウンターの奥にはお茶の缶が並んでいて、イギリスの紅茶専門店とかそんな感じもある。ゆったりとした店内は気持ちがいい。店内は洗練されたイギリスっぽい感じだけれど、窓の外には迪化街とその市場がみえていて、お店の雰囲気とのコントラストが旅行に来たんだなあって思う。旅情があるお店。

ASW Tea House
窓からみえる迪化街の風景も好き

台湾といえば中国茶で、烏龍茶とか茶器をつかって楽しむというイメージがあると思うけれど、もともと紅茶の生産も盛んで特長のあるものが多い。そして結構量が多いのでゆっくりと時間をかけて楽しむことができる。

もうひとつ、僕としては見逃せないのが、ここでは台湾産のクラフトビールを楽しめるということ。意外なほど色々な種類のビールがあり、ラベルもかわいい。そして、このお店の品揃えは結構豊富なので、暑い昼下がりにビールを飲んで一休みするのもおすすめ。僕は散歩で暑かったのでクールダウンのためにまずビール。そして、そのあと台湾の紅茶を飲むという水分とりすぎだろうっていう状況になってしまった。

台湾のクラフトビール
台湾の紅茶がこのお店のおすすめ

それにしても、ここは迪化街の喧噪をよそに時間がとまったかのような空間だ。天井も高くてゆったりとしている。隣の爐鍋咖啡もすごく好きだけど、こっちのASW TEA HOUSEも同じくらい好きだな。選べない。とはいえ、もし始めて台北にきたということであればこちらの方がメニューの選択肢も多いしおすすめなのかなって思う。屋台と中国茶だけじゃない台湾の風景というのも味わってみてもらいたい。

ASW TEA HOUSE
住所:台北市大同區迪化街一段34號2F
時間:09:00-18:00
休み:不定休(基本の定休はなし)

保存

保存

Related Post

アクアリウム at Alfred Dunhillは銀座の穴場的なカフェ... 銀座にありながらゆったりとした席で静かに過ごせる貴重なカフェ。ダンヒルの店内を抜けた2-3階にあるここはちょっと穴場じゃないかと思う。少なくとも、チェーン系のカフェとかで小さい席と騒々しい場所で時間をつぶすより、いい時間を過ごせる。 場所は銀座二丁目、ティファニーとか伊東屋の向かい側くらいでか...
ゆーゆー(尾道) – 古い銭湯をリノベーションしたカフェ... 尾道の商店街のなかにあって、見た目は完全に銭湯なんだけど、なかはカフェというユニークなお店。 約100年続いた銭湯「大和湯」を改造したとのこと。なので、ついついカフェ「大和湯」と思ってしまいそうだが、「ゆーゆー」というかなり一般的な店名なのがやや残念。 男女で出入り口の区別とかは...
船橋屋(広尾)のかき氷を食べる 広尾のHomework's のすぐ近くにある古民家みたいなお店があって、なんのお店だろうと思ったら甘味処のお店だった。そして、かき氷が美味しいらしい。すごい気になる。 ということで、さっそく行ってみたのだが、まだ夏の初めだというのに、既に人気で平日のお昼なのに入れないこともあった。行くなら2人...
【閉店】Little Pie Factory(広尾)は手軽に楽しめるカフェ... 広尾駅から有栖川宮記念公園の入口の方にあるお店。パイの専門店で、ここでテイクアウトして公園で食べるのも楽しくてたまに訪れていたのだが、今回はじめて店内で食事してみた。 アクセス 有栖川宮記念公園の入口すぐ近くにある。広尾駅からだと徒歩3分くらい。 Little Pie Fa...
丸林魯肉飯の定番魯肉飯ふたたび 前に常宿にしていたリビエラホテルから近くにあって、よく行っていた丸林魯肉飯。 台北美術館から近かったので、すごい久々に立ち寄ってみた。(前回の訪問はこちら) 同じ街に旅行しに来ているのに、行動範囲が変わるとここまで来なくなるものだなと実感する。 いま金峰魯肉飯を知ってしまった舌とし...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください