7月の台北はもう真夏の暑さ。迪化街のASW Tea Houseでクラフトビール飲んだり、台湾の紅茶を飲んだりしていたのだけど、崋山1914のあたりを散歩していたらすっかり暑さにやられてしまった。

ということで、ランチタイムまでの時間をつぶす休憩にPaper St. Coffee Company (紙街咖啡館)に立ち寄ってひとやすみ。最初に来たときから比べるとすっかりこのエリアに馴染んだ人気店になってきていると思う。

過去の訪問
2014年12月:Paper St. Cafeはバリスタのいるストイックなカフェ
2015年3月:華山にある紙街咖啡館で朝のコーヒーを楽しむ

カウンターでコーヒー頼んで、しばし待つ。すごく丁寧に一杯ずつ淹れてくれているので、のんびりと待つ。この時間がいいなあって思う。今回はシングルオリジンのコーヒーを頼んでみた。アフリカ系の豆は特徴があってちょっとワインみたいな感じ。このマニアックなのがいいな。

崋山1914の散歩とセットで訪れるのがおすすめ。はじめて台北を旅する人にもこの場所の雰囲気は気に入るんじゃないかって思う。僕が台北でもっとも好きなカフェのひとつ。

Paper St. Coffee Company (紙街咖啡館)
住所:台北市中正區八德路一段28號1F
時間:10:00-20:00
休み:火曜日

保存

保存

Related Post

歴史を感じる台北純喫茶の「蜂大珈琲」... 西門での街歩きで一休みするのにオススメのカフェというか喫茶店。 お店の雰囲気は日本風にいえば「昭和なノスタルジー」な感じ。1956年創業で、きちんと本格的なコーヒーをいただけます。 おすすめとしては、地元ならではの台湾珈琲。ちょっと濃いめで酸味を感じるうまさ。 台湾...
北野であれば「粟餅所 澤屋」ははずせない。330年を越える老舗の粟餅は絶品。... 大徳寺で寺院めぐりしていると日もあがってきて、そこからさらに京都市街へと戻ってくる。バスで10分くらい、歩いても20-30分くらいで北野天満宮があるエリアまでやって来ることができる。 ここまで来ると北野天満宮への参拝もいいけれど(今回はパスしましたごめんなさい)、門前にある「粟餅所 澤屋」に行...
ハードロックカフェAngkorに行ってみた... ついにカンボジアにもハードロックカフェができたのか・・と感慨深いものがあり行ってみることにした。立地はシェムリアップの新市街的なところで、オールドマーケットの前にある川を渡ったところにある。橋を越えてすぐのところなので、まだ大丈夫だとは思うが、川向こうは治安が格段に悪くなるので夜遅くなどの訪問には注...
北一ホール – 柔らかな本物のランプが灯す幻想的な空間... 小樽にある北一硝子のお土産物通り沿い、北一硝子三号館にあるカフェ。古い倉庫を改装した建物は天井が高くコンサートホールとか教会のようにも感じる。 店内にはいると、石油ランプの独特の匂い、そしてちょっと熱を感じる。夏場とかは暑そうだけど、冬場はこのランプの光がさらにあたたかく感じられそうな雰囲気。...
爐鍋咖啡(Luguo Cafe) – 台北に来ると必ず立ち寄っているカフェ... 台北に来ると、なんとなくだけど足が向いてしまうのが迪化街で、古めかしい街並みも好きだし、散歩をしていて楽しい街だと思う。 で、迪化街に来てなにをするかというと、永久號でからすみを買って、ArtYard小藝埕で台湾雑貨を眺めて(うっかり買ってしまって)、そしてひと休みは小藝埕の2階にある爐鍋咖啡...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください