台北に来てランチはどこにしようかなあ、はじめて台北に来た人が一緒ならば小籠包は食べてもらっておいた方がいいよなっていうときに思い浮かぶのはここ杭州小籠包。

鼎泰豊はわるくないが、東京にもお店があるし、ちょっと優先度が下がってしまう。とはいえ、このあたりは趣味と興味の問題かなあ。しかし、僕の旅では杭州小籠包。今回の旅でもランチで向かうことにした。

以前の訪問:杭州小籠湯包(台北)は定番な小籠包を手軽に食べられる 2014年12月

お店について、店員さんに一声かけて人数を伝えたら番号を書いた紙をもらって10分くらい待てばなかに案内される。開店がはやい店なので、並ぶけれど、人数がそれほど多くなければそんなに長い時間ってことはないと思う。なので、多少並んでいても諦めずに待つこと。

杭州小籠包

前菜とか飲み物は冷蔵庫にあるものを勝手にとって後精算する台湾でよくみかけるスタイル。ビールが置いてあるところに観光客対応だなと思いつつもうれしいところ。夏の休日に昼からビールなんて幸せだ。メニューは写真付きなのですごく分かりやすい。

おすすめなのは小籠包。以前の記事でも書いたけれど、定番のもののほかに、蟹みそとヘチマの小籠包が美味しい。今回は複数人で行ったのでシュウマイも美味しかったし、アサリと瓜のスープとか一品料理もあれこれ食べられてよかった。ここは複数人で行った方が断然楽しいな。それでいてお会計はかなりお得な感じがある。

旅に出ているなあっていう雰囲気もあり、そして抜群に美味しい。夜遅くまでやっているので、夜に来るのもいいかもしれない。

杭州小籠湯包
住所:台北市中山區杭州南路二段17號
時間:11:00-23:00
休み:なし

保存

Related Post

阿宗麵線はやはり何度食べてもうまい... 蜂大珈琲で阿里山珈琲の豆を買うために西門まで来たのだが、夕食がてらになに食べようかと思ったら、やはり阿宗麵線は外せないよなあってことで食べてきた。 立ち食いスタイルなので落ち着かないのだが、そんなこと構わないってくらいうまいのだからしょうがないよね。深みのある鰹だしのスープは絶品だし、少し黒酢を入...
上海小吃で上海蟹ナイト 日本でもっとも怪しいレストランのひとつである上海小吃。歌舞伎町のほぼ中心街に近いところにある。まず、お店に行くまでの道でひとつの物語が書けそうなくらいだ。 各種ナイトクラブとかがある通りの看板に「客引きは100%ぼったくりで違法です」と書かれているのだが、その通りは客引きでひしめき合っている。...
青家(中目黒)で健康的なおばんざいランチ... お店は一軒家で雰囲気ある 前から気になっていた創作和食的なお店にランチで訪問。場所は中目黒駅からも結構歩くので遠かったが、目黒川を散歩しながら来ればそれほど大変でもないし、一軒家レストランという雰囲気いい感じは歩いてくる価値あると思う。 古い民家を改造した感じのお店で、ちょっと通りから...
旅好きなら試してみたいウユニ塩湖の塩でできたカクテル – rootに行ってきた... 旅好きな友人から教えてもらって中野まで。駅からほど近い飲食店が並ぶ小径の奥にあるrootという一軒家レストラン。 レストランの名前通り、僕らの根本にあるようなシンプルな料理をしっかり出すようなお店だった。 店内は手作り感があって入り口はバーっぽい作りにもなっている。二階席もあるみ...
六本木の尖沙咀で本格的な香港料理を楽しむ... 香港旅行を相談していて、どうせなら香港の料理を楽しみながらにしようかと六本木エリアで見つけたレストランに行ってみることにした。店名である尖沙咀とは香港にある地名で九龍半島の南端にあたる繁華街。 東京に置き換えるなら、海外にある和食レストランに「銀座」ってつけるようなものだろうか。わりと安直な気...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください