以前ここで買ったバッグは僕が台北で買った色んなもののなかでトップクラスに活躍している。シンプルでしっかりと作り込まれたバッグはどんなスタイルにも合わせやすい。気軽に使える。まさに、Made in Taiwanで好きなものをみつけたというところ。

最近は日本の企業とコラボレーションすることもあるみたいで、さらに気になる。杭州小籠包で食事をしたあと、10分くらい歩けばいけるところなので、久々にお店に行ってみることにした。

前回の訪問:Greenroomのバッグはシンプルで機能的で大活躍できる

前回はお店が空いていなくて、携帯電話で連絡をしたのだけど、今回はお店がちゃんと空いていてすんなりと入ることができた。とはいえ、雑居ビルの二階へ階段であがるというのは少し分かりづらいので小さな看板を見落とさないように。

前に来たときよりも商品のラインナップやカラーバリエーションが増えていて、目移りしてしまう。全て革でできた商品はちょっと高めだけど、布を使ったバッグは手頃な価格帯。

GreenRoomの小物あれこれ
今回はカメラストラップを購入

それ以外に小物の種類が増えていてあれこれ悩ましい。ちょうどデジカメのストラップがなかったので、ここで買うことにした。いつも使っているデジカメは小さくて、首にかけるほどじゃないし、手首にひっかけてもつくらいで充分。なので、このちょっと長めのストラップは結構便利に使っている。

シンプルななめし革は使って行くうちに味わいが出てくるのだろうな。それもまた楽しみ。旅先で手に入れたものと一緒に旅を続けるというのもいいものだ。

GR-GreenRoom Ideas Cooperation
お店がしまっていることもあるけれど、入口の携帯に電話してくれって書いてある

保存

Related Post

薑心比心の台湾発ショウガコスメはお土産にも自分用にも使える... 以前に泊まったアンバホテル台北西門のアメニティが、そのまんま生姜を固めたんじゃないかというような石けんやシャンプーですごく面白かった。 そして、使ってみると生姜の香りはジンジャーエールになったみたいな感覚があるけれど(またはショウガ焼き)、そのあとは思いのほか荒れがおさまったり、ほかほか気持ち...
五分埔 – 台北ファッションの問屋街... 台北で士林夜市はちょっといまいちだったが、それ以外の夜市に行ってみるかと思い、松山の銀河街観光夜市に行く途中にあったファッションの問屋街。 アクセスは地図をみると、台湾国鉄の松山駅からが近いようにみえるけれど、MRT後山埤駅からも徒歩5分くらいでいけるので、本数が多いMRTでのアクセスがおすす...
The Chonabod – タイらしいデザイン雑貨があるお店... プラナコーン ノーンレンに泊まっているときには必ず訪れているお店。お土産物にも自分用にも可愛くて面白いものが手に入る。 場所は、カオサン通り西側に接しているサムセン通りを北に進んでいき、プラナコーン ノーンレン近くまで行ったあたり。いかにもバンコクの下町風情が残っていて、このあたりは散歩をして...
「杭州小籠包」でのランチは僕のなかでの定番コース... 台北に来てランチはどこにしようかなあ、はじめて台北に来た人が一緒ならば小籠包は食べてもらっておいた方がいいよなっていうときに思い浮かぶのはここ杭州小籠包。 鼎泰豊はわるくないが、東京にもお店があるし、ちょっと優先度が下がってしまう。とはいえ、このあたりは趣味と興味の問題かなあ。しかし、僕の旅で...
合成帆布行はお土産に最適 永盛帆布から合成帆布まではものの10分も歩かずについてしまう。友人へのお土産を調達しにやってきた(前回の訪問はこちら)。 ここはショップのノベルティなども作っているところで、やはり永盛帆布と同じように工房兼ショップという感じ。 店先にはAmoとかいうロゴが入ったバッグがうずたかく積み上げ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください