台北の裏通りにあるにある小さな本屋さん。本屋というか、雑貨屋のようでもある。

この小さな本屋はSNSを中心に世界中で注目されている書店となっている。

2012年にアメリカのFlavorwire.comが発表した「世界で最も美しい書店20」に、代官山の蔦屋書店などとともに紹介されている。

もう何回か訪れているのだけど、こんなにも小さな書店を選ぶとはすごいな。20店のうちもっとも小さなところだと思う。

過去の訪問
VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店 – 2013年5月
VVG Something [ 好樣本事 ]ふたたび – 2014年5月

VVG好様好事

台北に拠点をおくデザイン集団のVVGはこの書店をきっかけに拡大をしてきていて、いまではホテルまで営業するくらいの規模になっている。ちょっと趣は異なるけれど、明確なビジョンをもって経営して、まわりに影響を与えて地域ごと活性化させている姿は那須のSHOZO Cafeに通じるものがあるなあって思ったりしている。

VVG Something(好樣本事)も最初に訪れたときからちょっとずつ変えてきていて、今回の訪問ではすぐ隣に雑貨とアパレルなどを扱うお店が増床されていた。台湾産にはこだわらず、幅広くいいと思ったものを仕入れている。

ときには日本の文具があったりして、「おー、おまえこんなところで」と思わぬ再会をしたりするのだが、それもちょっと楽しい。洗練されすぎていなく、自然なスタンスが居心地いいなあって思える。お店のある通りもちょっとずつ変わってきていて似たようなお店が増えてきたり、飲食店なんかもできているのが面白い。

VVG Something(好樣本事)は書店だけでなく、この界隈の散歩も含めて楽しくておすすめできる。おすすめのところ。

VVG Something 好様本事

Related Post

華山にある紙街咖啡館で朝のコーヒーを楽しむ... Airbnbでえらい目にあっているものの旅はつづく。 ということで、朝は朝食を食べる感じでもなかったので、華山1914の向かいにあるPaper St. Coffee Company (紙街咖啡館)にてコーヒーを飲みに来た。 友人たちは台北まで来てコーヒーなのか?というわけだが、一杯ずつ丁...
富錦街とFujin Tree 353 Cafe 台北における西麻布から広尾にかけての雰囲気がある富錦街を散歩してきた。松山空港からほど近いこのエリアは落ちついていて雰囲気のいいギャラリーとかカフェなどが沢山あるいい街だなって思う。 富錦街へのアクセス そもそも富錦街へのアクセスについてはMRTなどは近くを通っていないので、バスかタクシ...
長白小館の酸菜白肉鍋は台北に来ないと食べられない味... 台湾らしい料理といえば、小籠包とか最近では現代的な料理も増えてきているけれど、旅情があるなあって思うのは鍋料理。地元の人が集まるような蛍光灯の光の店内でわいわいと食べるのが楽しい。そして美味しい。 旅の同行者は僕以上に辛いものが苦手なので、それじゃあと行ってみたのは長白小館。週末の土曜日に予約...
【閉店】夜のCafe Junkies(小破爛咖啡館)で手紙を書いて過ごす... もはやこのブログでもっとも登場回数の多いお店になっていると思う台北のCafe Junkies。しかし、このブログが公開されるタイミングでは閉店になっているなんて(2017年4月21日で閉店)。 いままでは朝に行くことが多かったのだけど、今回は饒河街觀光夜市へ行く前の夜に訪れてみた。 週末...
【閉店】クリスマスのCafe Junkies、地下鉄が開通してアクセスが便利に!... 台北でもっともお気に入りのカフェのひとつであるCafe Junkiesにふたたび。(前回の訪問、その前の訪問) 2014年11月に台北のMRT新線(松山線)が開通して、その台北小巨蛋站(Taipei Arena Station)から歩いてほんの数分の位置にあるので、地下鉄開通に伴ってアクセスが...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください