台湾らしい料理といえば、小籠包とか最近では現代的な料理も増えてきているけれど、旅情があるなあって思うのは鍋料理。地元の人が集まるような蛍光灯の光の店内でわいわいと食べるのが楽しい。そして美味しい。

旅の同行者は僕以上に辛いものが苦手なので、それじゃあと行ってみたのは長白小館。週末の土曜日に予約せずに行ってみたが、入ることができたのはラッキー。確実に行くならばオンラインでの予約が安全です。グルヤクで予約が可能(こちら)。

以前の訪問
長白小館の白菜鍋(酸菜白肉鍋)は万人受けする抜群に美味しい料理 – 2015年3月
長白小館 – 絶品酸菜白肉鍋(辛くない火鍋)– 2013年5月

長白小館へのアクセス

地下鉄の國父紀念館駅から近いので公共交通機関で行くのが便利。國父紀念館駅の二番出口を出たら、最初の十字路を右に曲がって100メートルくらい行った左側にある。お店には大きな看板が出ているので分かりやすい。駅から歩いて3分くらい。

長白小館について

酸菜白肉鍋という白菜鍋が有名。白菜で作るザワークラウトみたいな塩漬けにした発酵食品がベースになっている酸味がある鍋。この白菜鍋は家でも作ってみたのだが、なかなか再現できない。

上には豚バラ肉が並んでいて、見るからに美味しそう。肉はトッピングで好きなものを追加できるのだが、何度かきてあれこれ試した結果、僕の中では豚バラ肉を追加するのが最も安定して美味しいという結論になった。あと、鍋だけだと飽きるので、ちょっとした一品料理などを少し追加するのもおすすめ。葱餅みたいなのとか美味しかった。

できあがり
この葱餅おいしかった
タレ制作コーナー

お酒は安定の台湾ビール。冷蔵庫から勝手にとって、あとで瓶の数で精算する方式。一本いくらだか知らないが、かなり安いと思う。白酒もあるのだが、これはアルコール度数が無駄に高いので危険、悪酔いすると思う。

鍋のスープは鶏ベースだったと思うが、少なくなると店員さんが足してくれるのでスープもしっかり楽しんだ方がいいと思う。白菜とか野菜をあとから入れていくのが、これもあらかじめ入っている白菜のザワークラウトみたいなものの出汁が効いていて美味しい。

タレはお店の隅っこにあるコーナーで自分で好きなものを調合していく。ごま油があってこれをベースにすると香りがたって美味しいのだがちょっと胃がもたれる。。パクチーも載せ放題なので、パクチー好きには天国のようだ。これを鍋料理と一緒にがっつり食べるのが幸せ。

同行者にもすごく好評。8月いっぱいはお店が休業するので夏場に行くことはできないけれど、はじめての台北旅でも訪れてみる価値がある。

予約はグルヤクにて

長白小館
住所:台北市光復南路240巷53號
時間:11:30~14:00、17:00~21:00
休み:不定休(8月は休業)

Related Post

尖沙咀の美味厨はなにか違う気がする... 香港に詳しい友人にどういうところでご飯食べたら美味しい?って尋ねてみて真っ先に回答されたのが美味厨の排骨菜飯は絶対に食べた方がいい!っていう熱狂的な推薦。 本店は香港島の銅鑼湾にあってちょっと行きづらいなあと思っていたのだが、尖沙咀(チムサーチョイ)側にもお店が出来たみたいなので、そっちに行っ...
モダンガストロノミーを手軽に!セララバアド、2017年冬メニューを体験してきた。... 2016年秋の訪問から数ヶ月経ち、2017年の冬メニューを楽しんで来た。去年の冬メニューより値段が上がっていることもあるが、それ以上により手間のかかった驚きと美味しさが体験できる。 新しい料理のジャンルとしてすごい面白いモダンガストロノミーと日本の食材をいかした組み合わせが好きなレストランだ。...
祇園のぎょうざ歩兵で生姜餃子 地元に住んでいた友人から「青春の祇園でおすすめのところ」と教えてもらい、訪れてみたお店。「旅行で京都に来て餃子かよ」って思うなかれ。ここの生姜餃子は絶品のうまさで歩兵ならではの味だと思う。 アクセス 祇園の北側エリア、祇園白川の通りから巽橋を渡ってすぐのところ。まわりは雰囲気のある建物が...
「くらすわ」でいただく絶品の信州十四豚... 諏訪に泊まったときに泊まった「紅や」から歩いて1分くらいのところにあるレストラン。ここはあの「養命酒」で有名な養命酒製造株式会社が運営しているところで、レストランのほかにカフェやお土産物などを扱うショップなどがある複合施設になっている。 レストランは奥のエレベーターで上がった二階。週末に行った...
永和世紀豆漿大王は無難で美味しい 台湾の朝食といえば食べる豆乳みたいな豆漿が有名なメニュー。僕は塩味のある鹹豆漿が好きで油条と食べるのが幸せ。前から知っていた有名店へようやく行くことができた。 永和世紀豆漿大王へのアクセス MRT雙連駅から出てすぐの所にある。お店の看板は文字が薄くなっていて最初、前を通り過ぎてしまった。...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください