台湾らしい料理といえば、小籠包とか最近では現代的な料理も増えてきているけれど、旅情があるなあって思うのは鍋料理。地元の人が集まるような蛍光灯の光の店内でわいわいと食べるのが楽しい。そして美味しい。

旅の同行者は僕以上に辛いものが苦手なので、それじゃあと行ってみたのは長白小館。週末の土曜日に予約せずに行ってみたが、入ることができたのはラッキー。確実に行くならばオンラインでの予約が安全です。グルヤクで予約が可能(こちら)。

以前の訪問
長白小館の白菜鍋(酸菜白肉鍋)は万人受けする抜群に美味しい料理 – 2015年3月
長白小館 – 絶品酸菜白肉鍋(辛くない火鍋)– 2013年5月

長白小館へのアクセス

地下鉄の國父紀念館駅から近いので公共交通機関で行くのが便利。國父紀念館駅の二番出口を出たら、最初の十字路を右に曲がって100メートルくらい行った左側にある。お店には大きな看板が出ているので分かりやすい。駅から歩いて3分くらい。

長白小館について

酸菜白肉鍋という白菜鍋が有名。白菜で作るザワークラウトみたいな塩漬けにした発酵食品がベースになっている酸味がある鍋。この白菜鍋は家でも作ってみたのだが、なかなか再現できない。

上には豚バラ肉が並んでいて、見るからに美味しそう。肉はトッピングで好きなものを追加できるのだが、何度かきてあれこれ試した結果、僕の中では豚バラ肉を追加するのが最も安定して美味しいという結論になった。あと、鍋だけだと飽きるので、ちょっとした一品料理などを少し追加するのもおすすめ。葱餅みたいなのとか美味しかった。

できあがり
この葱餅おいしかった
タレ制作コーナー

お酒は安定の台湾ビール。冷蔵庫から勝手にとって、あとで瓶の数で精算する方式。一本いくらだか知らないが、かなり安いと思う。白酒もあるのだが、これはアルコール度数が無駄に高いので危険、悪酔いすると思う。

鍋のスープは鶏ベースだったと思うが、少なくなると店員さんが足してくれるのでスープもしっかり楽しんだ方がいいと思う。白菜とか野菜をあとから入れていくのが、これもあらかじめ入っている白菜のザワークラウトみたいなものの出汁が効いていて美味しい。

タレはお店の隅っこにあるコーナーで自分で好きなものを調合していく。ごま油があってこれをベースにすると香りがたって美味しいのだがちょっと胃がもたれる。。パクチーも載せ放題なので、パクチー好きには天国のようだ。これを鍋料理と一緒にがっつり食べるのが幸せ。

同行者にもすごく好評。8月いっぱいはお店が休業するので夏場に行くことはできないけれど、はじめての台北旅でも訪れてみる価値がある。

予約はグルヤクにて

長白小館
住所:台北市光復南路240巷53號
時間:11:30~14:00、17:00~21:00
休み:不定休(8月は休業)

Related Post

痺れるほどに美味い四川料理は目黒にあり。「龍門」で堪能してきた。... 世界三大料理である中華料理のなかで、四川料理はもっともメジャーなもののひとつである。北京、上海、広東、四川を並べて中華四大料理と呼ぶらしい。 そのなかの四川料理は旨くて辛いイメージが強くちょっと敬遠してしまいがちだが、目黒にある龍門の四川料理は山椒のぴりっとしたスパイスが効いていて、これはこれ...
麦酒倶楽部 ポパイのクラフトビール 両国にあるクラフトビールの有名店。すごく有名らしくて、予約取るのも面倒なくらいだった。結論としては、有名店だけどクラフトビールをあがめているわけではない僕にとっては来るのが面倒なお店だなというところ。 ビールの種類は多い方だとは思うけれど、結局好きなビールって絞られてくるし(僕だけかもしれない...
よっちゃん – 駅ビルで手軽な広島風お好み焼き... 旅の帰り際、広島駅から広島空港に出るリムジンバスの待ち時間で手軽に食事しようと思って入ったお店。 本当は食べログでも人気になっている「麗ちゃん」というところにしようと思ったのだが、時間帯が悪く長蛇の列。なので、隣のとなりにあったこちらの「よっちゃん」にしてみた。 結論からいうと、...
タップルーム 中目黒でベアードビールを堪能する... すっかりクラフトビール好きなこの頃。中目黒にあるベアードビールの直営店に行ってきた。 直営店だけあり、種類がすごい多くて26のタップと4つのハンドポンプで定番と季節のベアードビールを提供している。 ビールの雰囲気としては全体的にアメリカのクラフトビールっていう感じで僕が好きなタイプが多い...
上野のアレンモクでサムギョプサルざんまい... 上野で食事しようってことになって、お気に入りのタイ料理店「サワディー」へ行ってみたら扉はしまっているし、閉店していてショックを受けた。すごく美味しいお店だったのに・・、まあお客さん少なかったものな。本場の味が食べられるお店だっただけに残念。 はやくも夕食難民になってしまい、あてどもなく訪れてみ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください