台湾に始めて来る人がいれば、だいたい一度は夜市に行きたいってことになる。僕は夜市にあまり興味がないのだけれど、それはさんざん行ったからであって、はじめて行く人にそんな話ししても自分の目で見た方がいいだろうってことになる。

そこで、どこの夜市に行くのがいいかなって話になるのだが、台北であれば松山にある銀河街観光夜市が僕は好き。松山駅に近い方にあるお寺の雰囲気もいいし、お祭りみたいな感じが楽しい。なにより地下鉄が開通してアクセスが格段に便利になった。地下鉄の松山駅を出てすぐのところ。

過去の訪問
2015年3月:饒河街観光夜市へのアクセスが便利になっていた
2013年7月:饒河街観光夜市は面白かった

饒河街觀光夜市

東側から入るとすぐのところにある福州世祖胡椒餅は行列があっても意外と早くすすむので買って食べてみるのがおすすめ。

インドのナンを焼くように窯の中で焼く肉まんみたいなものはやけどに注意した方がいいけれど、これは絶品の台湾B級グルメの味だ。

そこからのんびりと西の方に向かってのんびりと歩いて行く。通りは中央にある露天を挟んで両側に分かれているのだが、どちらを歩いてもさして違いはないと思う。なので、往復して見てまわるほどではない。

ちょっとした射的ゲームとか、ピンボールみたいなものもあって夜祭りの雰囲気は観光夜市と名乗っているけれど、地元の人でも賑わっている。週末に来るのが楽しいのだと思う。

露店での買い物をするのもいいし、買い食いするのもいい。のんびりと30分くらいかけて市場の反対側まで出るとタクシーがたむろしているので、そこからそのまま次の目的地へ向かってしまうのが便利。台湾らしい風景にあふれている楽しい夜市だと思う。

饒河街觀光夜市

保存

Related Post

Asana Bar(シェムリアップ) – 隠れ家っぽい雰囲気のバー... 入口にはぼんぼり シェムリアップでご飯を食べた後、寝る前のひとときを少し過ごすにはうってつけのバーを発見。 場所はバーストリートから少し離れたところで、少し薄暗い裏通り。古い建物を改造した感じのところなのだが、フランス人が経営しているみたいでインテリアとかも凝っているし、トイレもきれい...
Beco das Garrafasとボサノヴァのライブ コパカバーナの裏通りのさらにその奥には、袋小路みたいな小さな路地裏がある。 Beco das Garrafas(ベコ・ダス・ガハーファス)と呼ばれているその一角は「酒瓶だらけの路地」という意味。しかし、このしょぼい路地が世界的に有名であり、1960年代には後にボサノヴァを作り出す人たちが集まっ...
薑心比心の台湾発ショウガコスメはお土産にも自分用にも使える... 以前に泊まったアンバホテル台北西門のアメニティが、そのまんま生姜を固めたんじゃないかというような石けんやシャンプーですごく面白かった。 そして、使ってみると生姜の香りはジンジャーエールになったみたいな感覚があるけれど(またはショウガ焼き)、そのあとは思いのほか荒れがおさまったり、ほかほか気持ち...
バゴー寺院巡りの旅 ヤンゴンからぎりぎり日帰りできるところにあるチャイティーヨーのゴールデンロックへの参拝。これにあわせて行けるのがヤンゴンの東70kmにあるバゴーという町。 ここでは寺院巡りをするというのが旅のスタイルとなる。結構駆け足で巡ったので数時間の滞在となってしまったが、のんびりした雰囲気のところなので...
ヤンゴン街歩き、タクシー事情など 2014年最初の旅はミャンマーへ行ってきた。バンコクからエアアジアを利用してヤンゴンへ到着。 2月くらいのヤンゴンは朝霧が出ることが多いみたいで、僕が乗ったヤンゴンへの朝便も2時間くらい遅延してしまった。 ヤンゴンの空港をでて空気を感じたときに思ったのは、意外に湿度が低くて涼しいという感...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.