一泊二日で台北旅。短いようで長いこの一日は啜飲室でしめる。同行者は今日始まった旅なのになんだか5日間くらい旅行している気分なんだけど、とかいっている。まあ、その気持ちも分からなくはない。

前回の訪問:2016年の台北では「啜飲室」がもっとも楽しいバーのひとつ – 2016年4月

初日のシメは啜飲室

店名である啜飲室はチュオィンシーと読み、ひとくちという意味がある。ちょっとずつビールを味わいながら飲む場所ということだろう。クラフトビールってそういうものだ。

台湾産のクラフトビールも何種類かそろっていて、店員さんに試飲させてもらって自分の好きなビールを選ぶことができる。一杯あたりの金額は日本で飲むのと大して変わりがない金額だなっていう印象。よって、台湾で飲むビールとしては高い方になる。

啜飲室

訪れたのは土曜日の22時過ぎということもあり大混雑。基本的にスタンディングのバーなのだが、それでもテーブルを確保できなかったので、そこら辺の通路で飲むことにする。

ちょっと疲れて、壁にもたれかかって飲んでいたら、トイレの列に入り込んでしまい、隣の子にここ並んでいるの?と話しかけられて気づく。でも、それがきっかけにあれこれ話しをしていると、旅行が好きで来月には東京に来るという。さっそく、クラフトビールが美味しいお店とか、ちょっと面白いレストランの情報を交換する。こういうところで得る情報ってすごく楽しい。

啜飲室

1時間くらいいたのだけどすごく賑わっていて台北の夜でいま一番面白い場所のひとつなんだなあって改めて思う。さんざんあちこち歩き回ってちょっと疲れていたけれど、ここまで来てビール飲んで旅の初日をしめることができてよかった。さあ、ホテルに帰って一眠りしたら明日は旅の最終日だ。

2017年9月追記:お店のFacebook ページによるとこちらのお店は既に閉店していて、他のエリアに再出店しているとのこと。

啜飲室
住所:台北市大安區復興南路一段107巷5弄14號
時間:17:00-23:30(金土24:30)
休み:なし

保存

Related Post

Viva Restaurant(シェムリアップ)に再訪して飲んだくれる... Villa sok sanにチェックインして荷物を置いたら、すぐに街に繰り出してビール飲んできた。まずは、Viva Restaurantでドラフトビール飲むのがいいなということで訪問(前回の訪問はこちら)。 ここはドラフトビールの樽の入れ替わりがかなり早いので新鮮で美味しいビールが飲める(確率...
リオ セナリウム(Rio Scenarium)でナイトライフを楽しむ... ラパ地区 リオデジャネイロのセントロの端っこにあるカリオカ駅から水道橋のあたりはラパ地区(Lapa)と呼ばれていて、ここはライブハウスやレストランなどが軒を連ねていて、表通りは比較的治安がよく深夜までナイトライフが楽しめるエリアになっている。ホテルに関しても安宿はこの辺りに集中している。 ...
特有種商行は台湾映画好きなら必ず訪れる価値があるカフェ... ここに来る前に立ち寄った「誇張古珈琲店」と似たような昭和感のあるカフェなのだけど、ちょっと違う。おしゃれで人気のあるカフェ。 特有種商行はアンティークな雰囲気がある地元でも人気のところなのだが、ここは台湾の映画監督である魏德聖監督がとってきた「KANO」などの作品が好きな人であれば有名だし、知...
六品小館で江蘇料理をふたたび堪能してきた。... 大安森林公園前のDandy Hotelをチェックアウトして永康街の方へと散歩しながら歩いて行く。あんなに、自分でもびっくりするくらいに朝食を食べたのになんだかお腹が空いてきたような気もする。 そして、夕方前には桃園空港に行かなければならないので、次のランチがこの旅で最後の台北で食べる食事になる...
銀座に残された秘密の隠れ家「月光荘サロン 月のはなれ」... 老舗画材店である月光荘が運営するカフェ&バー。銀座の裏通りにあり、小さな屋上庭園が気持ちいい空間。夜には店内で生演奏もあったりして、気持ちのいい空間。それでいて、良心的な価格帯でチャージ料金もない良心的なお店。秘密の隠れ家は銀座の屋上にあった。 月光荘サロン 月のはなれへのアクセス お店...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください