一泊二日で台北旅。短いようで長いこの一日は啜飲室でしめる。同行者は今日始まった旅なのになんだか5日間くらい旅行している気分なんだけど、とかいっている。まあ、その気持ちも分からなくはない。

前回の訪問:2016年の台北では「啜飲室」がもっとも楽しいバーのひとつ – 2016年4月

初日のシメは啜飲室

店名である啜飲室はチュオィンシーと読み、ひとくちという意味がある。ちょっとずつビールを味わいながら飲む場所ということだろう。クラフトビールってそういうものだ。

台湾産のクラフトビールも何種類かそろっていて、店員さんに試飲させてもらって自分の好きなビールを選ぶことができる。一杯あたりの金額は日本で飲むのと大して変わりがない金額だなっていう印象。よって、台湾で飲むビールとしては高い方になる。

啜飲室

訪れたのは土曜日の22時過ぎということもあり大混雑。基本的にスタンディングのバーなのだが、それでもテーブルを確保できなかったので、そこら辺の通路で飲むことにする。

ちょっと疲れて、壁にもたれかかって飲んでいたら、トイレの列に入り込んでしまい、隣の子にここ並んでいるの?と話しかけられて気づく。でも、それがきっかけにあれこれ話しをしていると、旅行が好きで来月には東京に来るという。さっそく、クラフトビールが美味しいお店とか、ちょっと面白いレストランの情報を交換する。こういうところで得る情報ってすごく楽しい。

啜飲室

1時間くらいいたのだけどすごく賑わっていて台北の夜でいま一番面白い場所のひとつなんだなあって改めて思う。さんざんあちこち歩き回ってちょっと疲れていたけれど、ここまで来てビール飲んで旅の初日をしめることができてよかった。さあ、ホテルに帰って一眠りしたら明日は旅の最終日だ。

2017年9月追記:お店のFacebook ページによるとこちらのお店は既に閉店していて、他のエリアに再出店しているとのこと。

啜飲室
住所:台北市大安區復興南路一段107巷5弄14號
時間:17:00-23:30(金土24:30)
休み:なし

保存

Related Post

蒙古紅ではじめての蒙古火鍋体験 岡山媽媽雑貨舗でオーダーしたバッグを受け取っているとき、雑談のなかでオススメされた蒙古火鍋のお店。 「辛いよ~」といわれたのだが、結構調整もできるということで、お店にいたオーナーのお知り合いの方に案内してもらいお店に到着。地元の人でごった返していて、店内にはラブラドール犬がうろついている・・・...
ブルックリンラガーの樽生が飲める「BROOKLYN DELI」(清澄白河)でランチ... 清澄白河あたりを散歩しようかなというときに、ちょっと食事をするのにいいところ。 カフェのような手軽さで、ちゃんとした美味しい料理を食べることができる。そして、なによりも嬉しいのはブルックリンラガーのドラフトビールが置いてあるところ。 BROOKLYN DELIへのアクセス 地下鉄の...
蘑菇 Mogu Cafeで台湾クラフトビールを昼から飲む... 蘑菇 Boodayの二階にあるカフェ。お店には行ってすぐ右側にある階段をあがっていく。トイレなどは一階のショップのものを共有。お会計も一階で行う方式。大きな窓から入り込む光が気持ちよくておすすめのカフェ。 蘑菇 Mogu Cafeへのアクセス 蘑菇 Boodayの二階にあるので、アクセス...
民楽旗魚米粉湯での朝食ふたたび 前回の土日台北旅では、ホテルに荷物を置いて迪化街へ向かったのだが、このルートは意外と効率がよかったので今回の旅でも朝は迪化街に向かうことにする。 以前の訪問:民楽旗魚米粉湯で台北の地元感ある朝食 前回もそうだけど、金曜日の夜まで日本にいて、週末の朝食を友人と台北の屋台みたいな店で食べると...
いつも賑わっている「双連文記花枝羹」でB級グルメを堪能する... MRT雙連駅の近くにあって、マンゴーかき氷で日本人に有名な冰讃(ピンザン)の筋違いの路地にある軽食B級グルメのお店。 たまたま通りかかったら、ここだけ朝から賑わっていたので、よくわからないままに地元のおっちゃんに混じって食べてみました。 お店は限りなく屋台に近い形態ではあるものの、かろう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.