前日の夜は啜飲室で深夜近くまで飲んでいて、タクシーでホテルに戻り部屋に入ってからの記憶があまりない。とはいえ、今日は旅の最終日。朝6時半にはホテルを出発した。向かったのは台北で最も人気の高い朝食店である阜杭豆漿というレストラン。今回もやはり並んだけれど、その価値があるだけの絶品朝食だった。

前回の訪問:阜杭豆漿は台北朝食にとってのbillsみたいな存在

阜杭豆漿へのアクセス

MRT善導寺駅から歩いて数分というところ。華山市場というところの2階にある。朝6時前から行列ができているので近くに行けばすぐにわかると思う。今回は7時ちょっと前についたのだけど40分くらい並んだ気がする。夏場は朝からぞんぶんに暑いので、暑さ対策を忘れないようにしておきたい。

店内入っても行列

阜杭豆漿について

メニューのオーダーは口頭なので、スムーズにするために食べたいものを紙に書いておくといいかと思う。片言の日本語は通じるけれど、すごく忙しそうにしているので、その方がスムーズ。

マストなメニューは塩味の豆乳である「鹹豆漿」。油條はあらかじめ入っているので、他にもあれこれ食べるのであればよほど好きではない限り頼まなくてもいいかも(お店のおばちゃんもそれに近いことをいっていた)。なお、女性の人は甘い豆乳スープ(「甜豆漿」)の方も評価が高いので食べ比べしてみるのもいいかもしれない。

鹹豆漿
阜杭豆漿での朝食

そして、台湾式玉子巻きともいえる「蛋餅」もおすすめ。シンプルですごく美味しいって思えるお店が少ないのだけど、ここの蛋餅は絶品。ここでの食事の時には「ダイエットは明日から」という金言をもって楽しみつくしたい。

そして忘れてはならないのが小餅という小さな焼き饅頭みたいなメニュー。胡椒餅のように窯のなかで焼き上げてつくる饅頭は外がカリッとしていてなかがふっくらという絶妙の味わい。これを食べずにお店を後にしてはいけない。

種類は知っている限りでは葱花鹹餅、蘿蔔絲餅、焦糖甜餅の三種類。葱花鹹餅は葱がたっぷりと入っていて、蘿蔔絲餅は切り干し大根みたいなのがはいっている。そうか、長野でよく食べるおやきみたいな感じだなと思ったりする。デザート代わりになりそうなのは焦糖甜餅という焦がした砂糖がカラメル状にはいっている小餅。コーヒーが飲みたくなる味だな。

厚餅夾蛋という揚げパンみたいなので玉子をサンドした料理も、ちょっと胃がもたれそうな感じはあるが、余力があれば頼んでみてもらいたい。高雄の興隆居でも似たようなものを食べたけれど、阜杭豆漿の方が洗練されていて圧倒的に美味しいと思う。

予約もできないし、ほぼ確実に結構な並ぶことを覚悟しないといけないお店ではあるけれど、その見返りに食べられる朝食は本当に美味しい。ホテルで朝食を食べている場合ではないなって思える。

阜杭豆漿
住所:台北市忠孝東路一段108号2F-28
時間:5:30-12:30
休み:月曜日、旧正月

保存

保存

Related Post

Peach(台北-羽田)搭乗記。近大ナマズは全然うなぎ味じゃなかった。... 前回の週末台北旅行と同じく、帰りはピーチで桃園から羽田までのフライト。 羽田につくのが24時過ぎくらいで、土日に旅をするにはこのフライトが現実的にはもっとも台北滞在を楽しめると思う。これ以上遅くなると羽田に泊まるとか、ほぼ徹夜で月曜日の朝をむかえるとか支障が出てくる。 以前の搭乗記:Pe...
ひさびさの阿宗麵線、朝は空いていておすすめ... 西門に泊まっていたので、ひさびさに阿宗麵線を食べてきた。台北には何度も来ているけれど、手軽で美味しいっていうことであれば、阿宗麵線にかなうものはないな。 過去の訪問 「阿宗麺線」台北B級グルメの王者 阿宗麵線はやはり何度食べてもうまい 阿宗麵線へのアクセス MRT西...
台北にある誇張古珈琲店って穴場でいいところだった... 永康街でランチ食べたり散歩したり、買い物したりしたあと。まだ時間があるので、台北の裏通りを抜けながら散歩していたときに見つけたカフェ。というか喫茶店。とくに探して入ったわけではない。でも、なんだか不思議な魅力があるカフェだった。 場所は東門駅から北側に入った裏通り。というか車も通らないような路...
胡椒餅といえば定番「福州世祖胡椒餅」... 台北初日は夜に到着して、西門のあたりを散歩して阿宗麵線を食べたあと、ホテルまで歩いて戻るなかで台北駅近くの福州世祖胡椒餅で胡椒餅を買ってみた。今回泊まった台北駅すぐ近くの新驛旅店(台北車站一館) からは徒歩ほんの数分といったところ。 台北の夜の街ってなんてことないけれど、こういう風に手軽におい...
陸羽茶室で飲茶の朝食 沢木耕太郎の深夜特急にも登場した陸羽茶室。飲茶が美味しいお店はこの他に沢山あるけれど、格式ある雰囲気も含めていうと、ここ以上に古きよき香港の朝食を感じられるところはないなって思っている。ドアマンがいる飲茶のお店ってすごい。 今回の旅は現地で知り合いと合流することもあり、このお店の朝食と...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください