前日の夜は啜飲室で深夜近くまで飲んでいて、タクシーでホテルに戻り部屋に入ってからの記憶があまりない。とはいえ、今日は旅の最終日。朝6時半にはホテルを出発した。向かったのは台北で最も人気の高い朝食店である阜杭豆漿というレストラン。今回もやはり並んだけれど、その価値があるだけの絶品朝食だった。

前回の訪問:阜杭豆漿は台北朝食にとってのbillsみたいな存在

阜杭豆漿へのアクセス

MRT善導寺駅から歩いて数分というところ。華山市場というところの2階にある。朝6時前から行列ができているので近くに行けばすぐにわかると思う。今回は7時ちょっと前についたのだけど40分くらい並んだ気がする。夏場は朝からぞんぶんに暑いので、暑さ対策を忘れないようにしておきたい。

店内入っても行列

阜杭豆漿について

メニューのオーダーは口頭なので、スムーズにするために食べたいものを紙に書いておくといいかと思う。片言の日本語は通じるけれど、すごく忙しそうにしているので、その方がスムーズ。

マストなメニューは塩味の豆乳である「鹹豆漿」。油條はあらかじめ入っているので、他にもあれこれ食べるのであればよほど好きではない限り頼まなくてもいいかも(お店のおばちゃんもそれに近いことをいっていた)。なお、女性の人は甘い豆乳スープ(「甜豆漿」)の方も評価が高いので食べ比べしてみるのもいいかもしれない。

鹹豆漿
阜杭豆漿での朝食

そして、台湾式玉子巻きともいえる「蛋餅」もおすすめ。シンプルですごく美味しいって思えるお店が少ないのだけど、ここの蛋餅は絶品。ここでの食事の時には「ダイエットは明日から」という金言をもって楽しみつくしたい。

そして忘れてはならないのが小餅という小さな焼き饅頭みたいなメニュー。胡椒餅のように窯のなかで焼き上げてつくる饅頭は外がカリッとしていてなかがふっくらという絶妙の味わい。これを食べずにお店を後にしてはいけない。

種類は知っている限りでは葱花鹹餅、蘿蔔絲餅、焦糖甜餅の三種類。葱花鹹餅は葱がたっぷりと入っていて、蘿蔔絲餅は切り干し大根みたいなのがはいっている。そうか、長野でよく食べるおやきみたいな感じだなと思ったりする。デザート代わりになりそうなのは焦糖甜餅という焦がした砂糖がカラメル状にはいっている小餅。コーヒーが飲みたくなる味だな。

厚餅夾蛋という揚げパンみたいなので玉子をサンドした料理も、ちょっと胃がもたれそうな感じはあるが、余力があれば頼んでみてもらいたい。高雄の興隆居でも似たようなものを食べたけれど、阜杭豆漿の方が洗練されていて圧倒的に美味しいと思う。

予約もできないし、ほぼ確実に結構な並ぶことを覚悟しないといけないお店ではあるけれど、その見返りに食べられる朝食は本当に美味しい。ホテルで朝食を食べている場合ではないなって思える。

阜杭豆漿
住所:台北市忠孝東路一段108号2F-28
時間:5:30-12:30
休み:月曜日、旧正月

保存

保存

Related Post

「さかた海鮮市場」と「海鮮どんや とびしま」で豪華な朝食... 酒田に来たら朝食はここ以外に考えられない。酒田港のすぐそばにある「海鮮どんや とびしま」での朝食。 朝7時からやっているのは市場直営ならではって感じがする。前の訪問はこちら。 アクセスは酒田駅から2キロくらいなので、僕はホテルをチェックアウトしてそのまま向かうことにしている。とは...
時代を越えた定番の朝食、イノダコーヒ 本店で京の朝食セットを食べてきた... もうとっくにブログでも紹介しているかと思っていた京都での朝食の定番。イノダコーヒに行ってきた。そうか、ここに来ていたのはブログを始める前だったのか。ずいぶんと長いこと来ていなかったのだな。 イノダコーヒの本店は朝7時から営業していて、ここのモーニングは京都での朝食として定番になっていると思う。...
包成羊肉はやっぱり美味しい台南で朝の味... 牛肉湯だけではない台南で朝の味。山羊肉をつかった羊肉湯の名店で、ここのは本当に美味しい。味を比べるために、他の店で羊肉湯頼んで食べたけれど、ブログに書く写真撮るの忘れるくらい愕然と違っていた(なので、それは記事にならない)。 羊肉が苦手な人も一度はチャレンジしてみてもらいたい。 前回の訪...
海鮮どんやとびしま – 旬の味覚をあじわう贅沢な朝食がおすすめ... 鈴政と同様に、酒田における必須の食事処。酒田に来たからには!ここは外せないと思う。 前回のときと同様に、朝イチで行ってみた。今回は、鶴岡からアクセスしたので結構遠かったなあ・・車で30分弱といったところ。車でのアクセスは列車とは異なり、単なる移動というかイオンがあったりドラッグストアがあったり...
Rot Sawoei(チェンマイ)雲南料理風な麺料理店... ライスもの 北部タイって、間にラオスをはさんではいるものの、中国の雲南省まではそれほど離れた距離にあるわけではなく、山の方にトレッキングとかすると中国の少数民族と似たような文化圏なんだなと感じることがある。 チェンマイ旧市街にあるRot Sawoeiで提供されている土鍋料理は、そんなも...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.