前日の夜は啜飲室で深夜近くまで飲んでいて、タクシーでホテルに戻り部屋に入ってからの記憶があまりない。とはいえ、今日は旅の最終日。朝6時半にはホテルを出発した。向かったのは台北で最も人気の高い朝食店である阜杭豆漿というレストラン。今回もやはり並んだけれど、その価値があるだけの絶品朝食だった。

前回の訪問:阜杭豆漿は台北朝食にとってのbillsみたいな存在

阜杭豆漿へのアクセス

MRT善導寺駅から歩いて数分というところ。華山市場というところの2階にある。朝6時前から行列ができているので近くに行けばすぐにわかると思う。今回は7時ちょっと前についたのだけど40分くらい並んだ気がする。夏場は朝からぞんぶんに暑いので、暑さ対策を忘れないようにしておきたい。

店内入っても行列

阜杭豆漿について

メニューのオーダーは口頭なので、スムーズにするために食べたいものを紙に書いておくといいかと思う。片言の日本語は通じるけれど、すごく忙しそうにしているので、その方がスムーズ。

マストなメニューは塩味の豆乳である「鹹豆漿」。油條はあらかじめ入っているので、他にもあれこれ食べるのであればよほど好きではない限り頼まなくてもいいかも(お店のおばちゃんもそれに近いことをいっていた)。なお、女性の人は甘い豆乳スープ(「甜豆漿」)の方も評価が高いので食べ比べしてみるのもいいかもしれない。

鹹豆漿
阜杭豆漿での朝食

そして、台湾式玉子巻きともいえる「蛋餅」もおすすめ。シンプルですごく美味しいって思えるお店が少ないのだけど、ここの蛋餅は絶品。ここでの食事の時には「ダイエットは明日から」という金言をもって楽しみつくしたい。

そして忘れてはならないのが小餅という小さな焼き饅頭みたいなメニュー。胡椒餅のように窯のなかで焼き上げてつくる饅頭は外がカリッとしていてなかがふっくらという絶妙の味わい。これを食べずにお店を後にしてはいけない。

種類は知っている限りでは葱花鹹餅、蘿蔔絲餅、焦糖甜餅の三種類。葱花鹹餅は葱がたっぷりと入っていて、蘿蔔絲餅は切り干し大根みたいなのがはいっている。そうか、長野でよく食べるおやきみたいな感じだなと思ったりする。デザート代わりになりそうなのは焦糖甜餅という焦がした砂糖がカラメル状にはいっている小餅。コーヒーが飲みたくなる味だな。

厚餅夾蛋という揚げパンみたいなので玉子をサンドした料理も、ちょっと胃がもたれそうな感じはあるが、余力があれば頼んでみてもらいたい。高雄の興隆居でも似たようなものを食べたけれど、阜杭豆漿の方が洗練されていて圧倒的に美味しいと思う。

予約もできないし、ほぼ確実に結構な並ぶことを覚悟しないといけないお店ではあるけれど、その見返りに食べられる朝食は本当に美味しい。ホテルで朝食を食べている場合ではないなって思える。

阜杭豆漿
住所:台北市忠孝東路一段108号2F-28
時間:5:30-12:30
休み:月曜日、旧正月

保存

保存

Related Post

Banh Xeo 46Aでバインセオを食べてみた ホーチミン シティで合流していた友人のガイドブックに載っていたので行ってみたお店。 はじめてベトナムを旅行したとき、フエで滞在中に仲良くなった地元の女の子に連れて行ってもらったバインセオのお店が本当に美味しくて、それ以来いろんなところで食べてみたのだが、あのときほどの感動がないんだよな。あのお...
葉家肉粥は地元で人気の粥屋さん 迪化街をふらふらと散歩してたどり着いた慈聖宮。迪化街の北側にある寺院の境内には屋台のような小吃のお店がいくつか並んでいて、境内の大きな木のたもとにテーブルが並んでいる。 まだ、朝の空気が残る境内は気持ちよくて、民樂旗魚米粉湯につづいて朝食を楽しんだ。 葉家肉粥へのアクセス 迪化街の...
カオソーイ ラムドゥアン – チェンマイのカオソイ老舗名店... チェンマイを含めた北部タイ料理って半端なく辛いものが多くて、はっきりいって僕は苦手なのだが、そんな辛いものが苦手な方や日本人にあう風味をもった料理といえばカオソイになるんじゃないかなって思う。 カオソイとは、簡単にいえばカレーラーメンみたいなもので、鶏ガラ出汁のイエローカレーにココナッツミルク...
微熱山丘(SunnyHills)で自分用にパイナップルケーキを買う... お店のスタッフは日本語できる人もいます。フレンドリー。 前から気になっていたのだけど、台北でもちょっと外れた場所にあって行くのが面倒だなあとか思っていたところ。しかし、Googleのナビで検索したらバスで意外と簡単に行けそうだったので行ってみた。 中山のあたりから松山空港を経由していく...
蘑菇 Mogu Cafeで台湾クラフトビールを昼から飲む... 蘑菇 Boodayの二階にあるカフェ。お店には行ってすぐ右側にある階段をあがっていく。トイレなどは一階のショップのものを共有。お会計も一階で行う方式。大きな窓から入り込む光が気持ちよくておすすめのカフェ。 蘑菇 Mogu Cafeへのアクセス 蘑菇 Boodayの二階にあるので、アクセス...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください