早朝に起きて阜杭豆漿で朝食を食べたこともあり、台北の朝はまだ7時半くらい。7月の台北では、そろそろ暑くなってくる時間だけど天気もいいし、気持ちがいい日曜日の朝だ。

というところで、旅の同行者から「台湾といえば魯肉飯が有名だけど、まだ食べていない」といわれたこともあり、腹ごなしの散歩をしながら金峰魯肉飯へと向かうことにする。

前回までの訪問
2016年4月:金峰魯肉飯で朝から魯肉飯
2014年12月:金峰魯肉飯は魯肉飯的世界の最高峰

阜杭豆漿からは建物の横を通っている道を南に15分くらい歩くと中正記念堂にたどり着く。朝の中正記念堂は散歩している人でのんびりとした雰囲気。敷地のなかを散歩しながら歩いて横断する。僕はもう何回か記念堂の上にある蒋介石の像を見ているので今回はパス。僕は記念堂のまわりをのんびり歩いたり、下にある展示を眺めたり、お手洗いに行ったりして過ごす。

そして、中正記念堂を通り抜けて向かったのは、僕としては魯肉飯の最高峰だと思っている金峰魯肉飯。ちょっと濃い味だが、ここの魯肉飯は美味しい。

金峰魯肉飯

朝のうちだと魯肉飯以外の料理はあまり出てこないのだが、適当に「これなんだろう」って頼んだのが「豚の脳みそスープ」だった・・。さっぱりしたスープのなかに小ぶりな豚の脳みそがコロッと入っていて、白子みたいな感じ?とか思って食べたのだが、どうも人によっては見た目含めて全然受け入れられない料理のようだ。まあ、この見た目だものな。上海小吃で食べた豚の脳みそより臭みなくて美味しいと思ったんだけどな。

豚の脳みそスープ

しかし、魯肉飯は本当に美味しい。朝から食べるにはちょっとこってりしているよな・・と思わなくもないけれど、ついつい食べすすめてしまうくらいにうまい。醤油で濃いめに味付けされていて、ビールなんかにもあいそうだって思える。そして、横に添えられた瓜系の漬物みたいなものもいいアクセントになっている。夕方だと並ぶけれど、朝だと空いているので、食べる元気があれば試してみてもらいたいところ。今回の旅では台北の味を相当食べ尽くしているな。

金峰魯肉飯
住所:台北市中正区羅斯福路1段10号-2
時間:8:00 – 25:00
休み:なし

Related Post

永楽市場にある蝦仁肉圓の小吃でひとやすみ... ひさびさに肉圓との再会。永楽市場の通りを歩いていたら雰囲気よさげな肉圓のお店をみつけたので食べてみることにした。こういうちょっとした小腹を満たせるものがあるという世界は幸せだ。 永楽蝦仁肉圓へのアクセス 正興街の北側にある台南の台所としての役割を担っている永楽市場のなかにある。あの僕のな...
伝説のジンギスカン「緬羊会館」に行ってきた。... 前から気になっていたインパクトのあるお店。成田空港のすぐそばにあって昭和がそのまま残されたような雰囲気がある。成田は空港ができる前までは明治初期から御料牧場があって牧羊が盛んなエリアだったみたいで、羊肉を食べさせるお店が結構あったみたいだ。いまでも、三里塚のあたりには羊肉の専門店があり驚く。 ...
台南グルメの米糕を食べるなら「原大菜市排骨酥湯」もおすすめ... 台南グルメのひとつに米糕(ミーガオ)という料理があり、これは台湾式の「おこわ」みたいな感じ。もち米を蒸してそこに豚肉とか椎茸とか粽に使いそうな具材や、甘めに漬けたキュウリなどを盛り付けた小さなどんぶりは見た目よりもお腹がいっぱいになる。 台南で食べたのは赤崁樓からほど近い落成米糕のものだけだっ...
さわやかのげんこつハンバーグは静岡のローカルフード... 浜松までやって来て、うなぎも食べずにこちらに住んでいる友人と行ったのは、郊外にあるファミリーレストラン。 外観も内装もファミリーレストランという感じなのだが、なんと友人はここを予約していて席をおさえていた。すごい人気なので予約しておかないと待ち時間があったりして面倒らしい。 店内はどう...
佐兵衛寿しが圧倒的なコストパフォーマンスいい寿司屋だ... 青春18きっぷ旅。まさかローカル線だけで東京から大阪までやってくるなんて。 大阪駅近くのホテルに荷物をおいて、そのあとすぐ環状線にのって新今宮までやってきた。大阪でも治安に問題があるなんていわれているけれど、普段から東京を歩いているのであれば全然そんなことないのどかさだと思う。なんだか近未来感...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください