早朝に起きて阜杭豆漿で朝食を食べたこともあり、台北の朝はまだ7時半くらい。7月の台北では、そろそろ暑くなってくる時間だけど天気もいいし、気持ちがいい日曜日の朝だ。

というところで、旅の同行者から「台湾といえば魯肉飯が有名だけど、まだ食べていない」といわれたこともあり、腹ごなしの散歩をしながら金峰魯肉飯へと向かうことにする。

前回までの訪問
2016年4月:金峰魯肉飯で朝から魯肉飯
2014年12月:金峰魯肉飯は魯肉飯的世界の最高峰

阜杭豆漿からは建物の横を通っている道を南に15分くらい歩くと中正記念堂にたどり着く。朝の中正記念堂は散歩している人でのんびりとした雰囲気。敷地のなかを散歩しながら歩いて横断する。僕はもう何回か記念堂の上にある蒋介石の像を見ているので今回はパス。僕は記念堂のまわりをのんびり歩いたり、下にある展示を眺めたり、お手洗いに行ったりして過ごす。

そして、中正記念堂を通り抜けて向かったのは、僕としては魯肉飯の最高峰だと思っている金峰魯肉飯。ちょっと濃い味だが、ここの魯肉飯は美味しい。

金峰魯肉飯

朝のうちだと魯肉飯以外の料理はあまり出てこないのだが、適当に「これなんだろう」って頼んだのが「豚の脳みそスープ」だった・・。さっぱりしたスープのなかに小ぶりな豚の脳みそがコロッと入っていて、白子みたいな感じ?とか思って食べたのだが、どうも人によっては見た目含めて全然受け入れられない料理のようだ。まあ、この見た目だものな。上海小吃で食べた豚の脳みそより臭みなくて美味しいと思ったんだけどな。

豚の脳みそスープ

しかし、魯肉飯は本当に美味しい。朝から食べるにはちょっとこってりしているよな・・と思わなくもないけれど、ついつい食べすすめてしまうくらいにうまい。醤油で濃いめに味付けされていて、ビールなんかにもあいそうだって思える。そして、横に添えられた瓜系の漬物みたいなものもいいアクセントになっている。夕方だと並ぶけれど、朝だと空いているので、食べる元気があれば試してみてもらいたいところ。今回の旅では台北の味を相当食べ尽くしているな。

金峰魯肉飯
住所:台北市中正区羅斯福路1段10号-2
時間:8:00 – 25:00
休み:なし

Related Post

特有種商行は台湾映画好きなら必ず訪れる価値があるカフェ... ここに来る前に立ち寄った「誇張古珈琲店」と似たような昭和感のあるカフェなのだけど、ちょっと違う。おしゃれで人気のあるカフェ。 特有種商行はアンティークな雰囲気がある地元でも人気のところなのだが、ここは台湾の映画監督である魏德聖監督がとってきた「KANO」などの作品が好きな人であれば有名だし、知...
尖沙咀の美味厨はなにか違う気がする... 香港に詳しい友人にどういうところでご飯食べたら美味しい?って尋ねてみて真っ先に回答されたのが美味厨の排骨菜飯は絶対に食べた方がいい!っていう熱狂的な推薦。 本店は香港島の銅鑼湾にあってちょっと行きづらいなあと思っていたのだが、尖沙咀(チムサーチョイ)側にもお店が出来たみたいなので、そっちに行っ...
小杜意麵 – 台南B級グルメのおすすめ店... あまり明確な目的もなく台南に来てみて、いつの間にか夜。 今回泊まっている正興咖啡館はカフェなんだけど食事できるようなところじゃないので、部屋でネット接続しながらなにを食べようかなあと調べていて発見したお店。 タビアルキ☆タベアルキさんで紹介していた「小杜意麵」というお店がすごくおいしそう...
Peach(台北-羽田)搭乗記。近大ナマズは全然うなぎ味じゃなかった。... 前回の週末台北旅行と同じく、帰りはピーチで桃園から羽田までのフライト。 羽田につくのが24時過ぎくらいで、土日に旅をするにはこのフライトが現実的にはもっとも台北滞在を楽しめると思う。これ以上遅くなると羽田に泊まるとか、ほぼ徹夜で月曜日の朝をむかえるとか支障が出てくる。 以前の搭乗記:Pe...
池記(尖沙咀)で定番のワンタンを食べる... ホテルでひと休みして早めの夕食がてら、ミシュランガイドにも掲載されたことがある池記でワンタンを食べてきた。お店は旺角や銅鑼湾、空港などにもある観光客にもおなじみのお店。なかでも尖沙咀にあるのがもっとも行きやすいところにあると思う。観光客も多いエリアなので旅行者慣れしていて、やや観光地価格ではあるが間...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください