早朝に起きて阜杭豆漿で朝食を食べたこともあり、台北の朝はまだ7時半くらい。7月の台北では、そろそろ暑くなってくる時間だけど天気もいいし、気持ちがいい日曜日の朝だ。

というところで、旅の同行者から「台湾といえば魯肉飯が有名だけど、まだ食べていない」といわれたこともあり、腹ごなしの散歩をしながら金峰魯肉飯へと向かうことにする。

前回までの訪問
2016年4月:金峰魯肉飯で朝から魯肉飯
2014年12月:金峰魯肉飯は魯肉飯的世界の最高峰

阜杭豆漿からは建物の横を通っている道を南に15分くらい歩くと中正記念堂にたどり着く。朝の中正記念堂は散歩している人でのんびりとした雰囲気。敷地のなかを散歩しながら歩いて横断する。僕はもう何回か記念堂の上にある蒋介石の像を見ているので今回はパス。僕は記念堂のまわりをのんびり歩いたり、下にある展示を眺めたり、お手洗いに行ったりして過ごす。

そして、中正記念堂を通り抜けて向かったのは、僕としては魯肉飯の最高峰だと思っている金峰魯肉飯。ちょっと濃い味だが、ここの魯肉飯は美味しい。

金峰魯肉飯

朝のうちだと魯肉飯以外の料理はあまり出てこないのだが、適当に「これなんだろう」って頼んだのが「豚の脳みそスープ」だった・・。さっぱりしたスープのなかに小ぶりな豚の脳みそがコロッと入っていて、白子みたいな感じ?とか思って食べたのだが、どうも人によっては見た目含めて全然受け入れられない料理のようだ。まあ、この見た目だものな。上海小吃で食べた豚の脳みそより臭みなくて美味しいと思ったんだけどな。

豚の脳みそスープ

しかし、魯肉飯は本当に美味しい。朝から食べるにはちょっとこってりしているよな・・と思わなくもないけれど、ついつい食べすすめてしまうくらいにうまい。醤油で濃いめに味付けされていて、ビールなんかにもあいそうだって思える。そして、横に添えられた瓜系の漬物みたいなものもいいアクセントになっている。夕方だと並ぶけれど、朝だと空いているので、食べる元気があれば試してみてもらいたいところ。今回の旅では台北の味を相当食べ尽くしているな。

金峰魯肉飯
住所:台北市中正区羅斯福路1段10号-2
時間:8:00 – 25:00
休み:なし

Related Post

嘉義火雞肉飯は無難だが全然再訪したいと思わない... 台南で食べたラストの晩ごはん、ちょっと残念な結果になった。でも、これって台南にまた呼ばれている気がするともいえる。僕はわりと、いやかなり、ポジティブなタイプの人間なので、物事をよい方に解釈してしまいがちなのだが、この食事がいまいちだったこともまた台南へ来たくなる理由のひとつだと思っている。 だ...
ひさびさの阿宗麵線、朝は空いていておすすめ... 西門に泊まっていたので、ひさびさに阿宗麵線を食べてきた。台北には何度も来ているけれど、手軽で美味しいっていうことであれば、阿宗麵線にかなうものはないな。 過去の訪問 「阿宗麺線」台北B級グルメの王者 阿宗麵線はやはり何度食べてもうまい 阿宗麵線へのアクセス MRT西...
大福 – 通な雰囲気の広島お好み焼屋さん... 街を歩いていて、Google Mapで発見。こんな場末のスナックとかあるような雰囲気のところにあるのか?と思ったら本当にあった。 カウンターだけのお店で、すっごい無口な男性の方がひとりでもくもくと焼いています。肉玉そばが450円で瓶ビールが500円。1,000円で満足できるというステキなお店。...
民楽旗魚米粉湯での朝食ふたたび 前回の土日台北旅では、ホテルに荷物を置いて迪化街へ向かったのだが、このルートは意外と効率がよかったので今回の旅でも朝は迪化街に向かうことにする。 以前の訪問:民楽旗魚米粉湯で台北の地元感ある朝食 前回もそうだけど、金曜日の夜まで日本にいて、週末の朝食を友人と台北の屋台みたいな店で食べると...
Rot Sawoei(チェンマイ)雲南料理風な麺料理店... ライスもの 北部タイって、間にラオスをはさんではいるものの、中国の雲南省まではそれほど離れた距離にあるわけではなく、山の方にトレッキングとかすると中国の少数民族と似たような文化圏なんだなと感じることがある。 チェンマイ旧市街にあるRot Sawoeiで提供されている土鍋料理は、そんなも...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください