早朝に起きて阜杭豆漿で朝食を食べたこともあり、台北の朝はまだ7時半くらい。7月の台北では、そろそろ暑くなってくる時間だけど天気もいいし、気持ちがいい日曜日の朝だ。

というところで、旅の同行者から「台湾といえば魯肉飯が有名だけど、まだ食べていない」といわれたこともあり、腹ごなしの散歩をしながら金峰魯肉飯へと向かうことにする。

前回までの訪問
2016年4月:金峰魯肉飯で朝から魯肉飯
2014年12月:金峰魯肉飯は魯肉飯的世界の最高峰

阜杭豆漿からは建物の横を通っている道を南に15分くらい歩くと中正記念堂にたどり着く。朝の中正記念堂は散歩している人でのんびりとした雰囲気。敷地のなかを散歩しながら歩いて横断する。僕はもう何回か記念堂の上にある蒋介石の像を見ているので今回はパス。僕は記念堂のまわりをのんびり歩いたり、下にある展示を眺めたり、お手洗いに行ったりして過ごす。

そして、中正記念堂を通り抜けて向かったのは、僕としては魯肉飯の最高峰だと思っている金峰魯肉飯。ちょっと濃い味だが、ここの魯肉飯は美味しい。

金峰魯肉飯

朝のうちだと魯肉飯以外の料理はあまり出てこないのだが、適当に「これなんだろう」って頼んだのが「豚の脳みそスープ」だった・・。さっぱりしたスープのなかに小ぶりな豚の脳みそがコロッと入っていて、白子みたいな感じ?とか思って食べたのだが、どうも人によっては見た目含めて全然受け入れられない料理のようだ。まあ、この見た目だものな。上海小吃で食べた豚の脳みそより臭みなくて美味しいと思ったんだけどな。

豚の脳みそスープ

しかし、魯肉飯は本当に美味しい。朝から食べるにはちょっとこってりしているよな・・と思わなくもないけれど、ついつい食べすすめてしまうくらいにうまい。醤油で濃いめに味付けされていて、ビールなんかにもあいそうだって思える。そして、横に添えられた瓜系の漬物みたいなものもいいアクセントになっている。夕方だと並ぶけれど、朝だと空いているので、食べる元気があれば試してみてもらいたいところ。今回の旅では台北の味を相当食べ尽くしているな。

金峰魯肉飯
住所:台北市中正区羅斯福路1段10号-2
時間:8:00 – 25:00
休み:なし

Related Post

V Airで羽田から台北への深夜便搭乗記(その2)【運行停止】... 2016年4月に思い立って土日で行ってみた台北旅行。思っていたより充実していて、かなり楽しかった。今回は友人と一緒に再びの台北旅行。これがまたかなり楽しかった。ひとり旅とは違った面白さがある。 ということで、金曜日の深夜に羽田空港で集合して台北行きのV Airに乗りこむことにする。深夜の羽田空...
何度来ても満足度が高い「長白小館」の酸菜白肉鍋を食す。... 台南から台北へと新幹線で移動してきて大安森林公園駅近くにある台北でいつも泊まる「丹迪旅店 Dandy Hotel」にチェックイン。そして、台北でも偶然に同じ日程で旅行している友人と合流することになった。全然違う街からやってきて台北で合流するというのも不思議なものだ。 友人は初めての台北というこ...
サワラのとろっとあんかけスープが絶品「阿川紅燒魚土魠魚羹」は日本人好みな小吃... 美味しい小吃のお店が集まっている海安路と保安路の交差点近くにあって、結構大きめの店構えなところ。前から気になっていたお店で今回はじめていってみた。とろみのあるスープが絶品でここの料理は抜群に美味しいお店だったなあ。居酒屋ではないので長居はできないが、こんな居酒屋あったらハマってしまいそうだ。 阿川...
サムージャイのこってりカオソイ サムージャイの店舗外観 カオソーイ ラムドゥアンから歩いて数分のところにあるので、カオソイ食べ歩きができる。店名はタイ語でしか書かれていないけれど、店内にはお客さんがたくさんいるので、すぐ分かると思う。 店の雰囲気はラムドゥアンとよく似た感じだけど、メニュー表がでっかく写真付きで壁に貼...
再發號肉粽 – ちまきの概念が変わるくらいうまい... 台南をふらついていて、帆布バッグ屋巡りも終わったのでなにか食べもの・・というときにGoogle Mapで検索してみつけたお店。ちまきの写真がおいしそうだったので、それにつられて来てみたのだが、この判断は間違っていなかった。 場所は台南の市街地の中心部にほど近いところで、帆布バッグの廣富號(廣富...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください