永康街でランチ食べたり散歩したり、買い物したりしたあと。まだ時間があるので、台北の裏通りを抜けながら散歩していたときに見つけたカフェ。というか喫茶店。とくに探して入ったわけではない。でも、なんだか不思議な魅力があるカフェだった。

場所は東門駅から北側に入った裏通り。というか車も通らないような路地裏。なんだか駄菓子屋みたいだ。店内は日本の古いお店みたいな雑多な感じで全部違うソファとか椅子、テーブル。昭和時代みたいな雑貨とかフィギュアなど、おもちゃ箱のなかみたい。

なぜかあちこちに日本語の看板があったり、メニューが絶妙に少しだけ日本語化されていたりする。女性の店員さんもほんの少しだけ日本語ができたりする。というか、お店に入ってきたことを少し驚いているような感じもするけど、すごくフレンドリー。台湾らしい接客。こういうところ好きだな。

メニュー

お客さんはきっと近所に住んでいる人なんだろうな、なんだか漫画を読みに来たり、ゲームをして時間つぶししに来たりするような感じ。やっぱり駄菓子屋みたいだ。

メニューは喫茶店のようなレストランのような不思議な感じ。漢方薬を使ったドリンクなどもあったりするが、僕はパスしておく。同行者が頼んでいたが全部飲んでいなかったので、きっとそういうものなのだろう。

ちょっと涼んでお手洗い行くくらいで立ち寄ったカフェなのに思いのほか長居してしまった。なんだかお店のある路地といい、店内の雰囲気といい。台北の古きよき部分がぎゅっと凝縮されてそのまま残っているかのようだ。

誇張古珈琲店でひとやすみ

あらかじめお店を調べていって好きなものをみてまわるのもいいけれど、こんな風に巡り合わせで出会うものもいい。そして旅の記憶に残るのはこういう時間なのかもしれない。

誇張古珈琲店
住所:台北市中正區臨沂街40之5號
時間:10:30-20:00,10:00-22:00(金土)
休み:火曜日

Related Post

カフェ えどもんずでワインのようなブルーマウンテンコーヒーを味わう... アジフライで有名なさすけ食堂のほぼ向かい側にある古民家カフェの「カフェ えどもんず」。さすけ食堂の待ち時間に訪れる人も多いのだけど、美味しいコーヒーとゆっくりした時間を過ごすのであればやはり食後に訪れたいところ。挽き立てのブルーマウンテンコーヒーはワインのように深い味わいだった。 カフェ えど...
濟南鮮湯包はもはやおすすめではない... 時代は移り変わるものだけど、こんなにもはやく変わることがあるなんてと思ってしまった。 以前に濟南鮮湯包に行って感動した体験はもはや得ることができない。 むしろ行っても、やたら並んで待ったあげくにさほど美味しくない料理を食べることになる。 そしてこれはもう僕の巡り合わせと偏見なんだけ...
CHILLOUT STYLE COFFEEで安曇野の風景を眺めながらコーヒーを楽しむ... 安曇野でみつけたコーヒーの美味しいカフェ。農家の納屋みたいなかまぼこ型の屋根が特徴的な建物で、なかはゆったりし過ぎているくらいにゆったりしている。そして、出てくるコーヒーは丁寧なドリップでイッタラのマグにたっぷりと出してくれる。心ゆくまでのんびりできるカフェを見つけてしまった。 チルア...
胡椒餅といえば定番「福州世祖胡椒餅」... 台北初日は夜に到着して、西門のあたりを散歩して阿宗麵線を食べたあと、ホテルまで歩いて戻るなかで台北駅近くの福州世祖胡椒餅で胡椒餅を買ってみた。今回泊まった台北駅すぐ近くの新驛旅店(台北車站一館) からは徒歩ほんの数分といったところ。 台北の夜の街ってなんてことないけれど、こういう風に手軽におい...
【閉店】いまの台北で「啜飲室」がもっとも楽しいバーのひとつである... ちょっと台北に来ない間にこんなに面白いお店ができていたなんて。クラフトビールを飲ませてくれるセンスのいいビアバーで、夜遅くまで賑わっている。台北にあるけれど、ここには通ってしまいそうな魅力がある。 啜飲室へのアクセス MRT忠孝復興駅から歩いて10分くらい。夕方からやっているお店だけど、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください