永康街でランチ食べたり散歩したり、買い物したりしたあと。まだ時間があるので、台北の裏通りを抜けながら散歩していたときに見つけたカフェ。というか喫茶店。とくに探して入ったわけではない。でも、なんだか不思議な魅力があるカフェだった。

場所は東門駅から北側に入った裏通り。というか車も通らないような路地裏。なんだか駄菓子屋みたいだ。店内は日本の古いお店みたいな雑多な感じで全部違うソファとか椅子、テーブル。昭和時代みたいな雑貨とかフィギュアなど、おもちゃ箱のなかみたい。

なぜかあちこちに日本語の看板があったり、メニューが絶妙に少しだけ日本語化されていたりする。女性の店員さんもほんの少しだけ日本語ができたりする。というか、お店に入ってきたことを少し驚いているような感じもするけど、すごくフレンドリー。台湾らしい接客。こういうところ好きだな。

メニュー

お客さんはきっと近所に住んでいる人なんだろうな、なんだか漫画を読みに来たり、ゲームをして時間つぶししに来たりするような感じ。やっぱり駄菓子屋みたいだ。

メニューは喫茶店のようなレストランのような不思議な感じ。漢方薬を使ったドリンクなどもあったりするが、僕はパスしておく。同行者が頼んでいたが全部飲んでいなかったので、きっとそういうものなのだろう。

ちょっと涼んでお手洗い行くくらいで立ち寄ったカフェなのに思いのほか長居してしまった。なんだかお店のある路地といい、店内の雰囲気といい。台北の古きよき部分がぎゅっと凝縮されてそのまま残っているかのようだ。

誇張古珈琲店でひとやすみ

あらかじめお店を調べていって好きなものをみてまわるのもいいけれど、こんな風に巡り合わせで出会うものもいい。そして旅の記憶に残るのはこういう時間なのかもしれない。

誇張古珈琲店
住所:台北市中正區臨沂街40之5號
時間:10:30-20:00,10:00-22:00(金土)
休み:火曜日

Related Post

cafe Red Book(中目黒)で食べるインドカレー... 店名もそうだし、雰囲気もカフェそのものなんだけど、ランチで出てくるのは本格的なインドカレーという不思議な魅力があるお店。 場所は中目黒駅からほど近い裏通りにあって、槍ヶ先交差点の近くにある小さなお店。店内はシックでバーのような雰囲気もあるカフェ。 ランチタイムにはカレーを提供していて、何...
「藤の家」古民家カフェで実感する庄内の豊かさ... このお店をどこでどうやって知ったのか・・すっかり思い出せないのだけど、今回の旅行で印象に残るカフェになった鶴岡市にある藤の家(ふじのや)というお店。 食べログにも店舗情報ないし、どうも新しいお店らしいのだが、ちょっとこれも出会いというか、気になったので訪れてみました。ランチタイムを少し外した時...
カカオ豆からシンプルにチョコレートを作る、蔵前の「ダンデライオン・チョコレート」が楽しい... 蔵前にあるDANDELION CHOCOLATEへ行ってきた。ここは、シングルオリジンのカカオ豆からチョコレートを作っているとか、古い倉庫をリノベーションした開放感あるお店の雰囲気とか、ブルーボトルコーヒーのチョコレート版みたいな感じがある。 と思ったら、ダンデライオン・チョコレートもブルーボ...
COMGA Café & Bar(コムガー カフェ)で食べるベトナム風チキンライス... コムガーというベトナム中部(ダナンとかホイアン)で食べられているベトナム風チキンライスが美味しいお店。 ここのチキンライスはハノイのランチ〜ディナーでおすすめできる。本当においしい。お店の雰囲気もおしゃれで面白い。すぐ外では屋台料理のお店があって、このレストランとの境界線があいまいなので座ると...
草間彌生カフェ「私の大好きな私」に行ってきた【期間限定:2013年8月】... 六本木ヒルズで、2013年8月6日(火)~25日(日)の期間限定でオープンしていた草間彌生ワールドを体験できるコラボカフェに行ってきた。 カフェとしては洗練されていて、スタッフの対応もスバラシイ。でも、どこかのブログで見かけたイケメンばかりの店員というのは僕が行ったときは違っていたのかもしれな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください