永康街でランチ食べたり散歩したり、買い物したりしたあと。まだ時間があるので、台北の裏通りを抜けながら散歩していたときに見つけたカフェ。というか喫茶店。とくに探して入ったわけではない。でも、なんだか不思議な魅力があるカフェだった。

場所は東門駅から北側に入った裏通り。というか車も通らないような路地裏。なんだか駄菓子屋みたいだ。店内は日本の古いお店みたいな雑多な感じで全部違うソファとか椅子、テーブル。昭和時代みたいな雑貨とかフィギュアなど、おもちゃ箱のなかみたい。

なぜかあちこちに日本語の看板があったり、メニューが絶妙に少しだけ日本語化されていたりする。女性の店員さんもほんの少しだけ日本語ができたりする。というか、お店に入ってきたことを少し驚いているような感じもするけど、すごくフレンドリー。台湾らしい接客。こういうところ好きだな。

メニュー

お客さんはきっと近所に住んでいる人なんだろうな、なんだか漫画を読みに来たり、ゲームをして時間つぶししに来たりするような感じ。やっぱり駄菓子屋みたいだ。

メニューは喫茶店のようなレストランのような不思議な感じ。漢方薬を使ったドリンクなどもあったりするが、僕はパスしておく。同行者が頼んでいたが全部飲んでいなかったので、きっとそういうものなのだろう。

ちょっと涼んでお手洗い行くくらいで立ち寄ったカフェなのに思いのほか長居してしまった。なんだかお店のある路地といい、店内の雰囲気といい。台北の古きよき部分がぎゅっと凝縮されてそのまま残っているかのようだ。

誇張古珈琲店でひとやすみ

あらかじめお店を調べていって好きなものをみてまわるのもいいけれど、こんな風に巡り合わせで出会うものもいい。そして旅の記憶に残るのはこういう時間なのかもしれない。

誇張古珈琲店
住所:台北市中正區臨沂街40之5號
時間:10:30-20:00,10:00-22:00(金土)
休み:火曜日

Related Post

モダンレトロな映画に出てきそうな美都餐室(Mido Café)で夜のはじまりを過ごす... 香港の夜は長い。夜市で雑貨を眺めたり、屋台でご飯を食べたり、バーへビールを飲みに出かけてみたり。そして、最後はスイーツでしめてみたり。 夕方と夜の境目みたいな時間をどこで過ごすのがいいかって思うと、僕としては油麻地にある老舗カフェの美都餐室(Mido Café)が好き。 古い映画のセット...
やまねこカフェ – ラテアートがかわいい尾道の有名カフェ... 尾道でカフェを検索すると、人気店として上位にでてくるし、空猫カフェに来ていたお客さんもオススメしていたので、ランチあとに広島へ行く列車の時間つぶしにデザートを食べに来た。 場所は尾道駅からは15分くらい歩くくらいの距離でちょっと離れている。2013年10月現在ではカフェがあるビルの外装工事中で...
京都っぽいカフェだなって思う「丁の字 CAFE」... 一保堂茶舗からほど近いところにあって、ランチがてらに立ち寄ってみたカフェ。ちょうどランチのピークタイムが終わったばかりみたいでお客さんがおらず、貸し切り状態でゆっくりできた。 場所は二条木屋町になるのだけど、この辺は住宅街みたいで落ち着いた雰囲気。一保堂茶舗からはほんの数分のところ。 一...
葉家肉粥は地元で人気の粥屋さん 迪化街をふらふらと散歩してたどり着いた慈聖宮。迪化街の北側にある寺院の境内には屋台のような小吃のお店がいくつか並んでいて、境内の大きな木のたもとにテーブルが並んでいる。 まだ、朝の空気が残る境内は気持ちよくて、民樂旗魚米粉湯につづいて朝食を楽しんだ。 葉家肉粥へのアクセス 迪化街の...
「杭州小籠包」でのランチは僕のなかでの定番コース... 台北に来てランチはどこにしようかなあ、はじめて台北に来た人が一緒ならば小籠包は食べてもらっておいた方がいいよなっていうときに思い浮かぶのはここ杭州小籠包。 鼎泰豊はわるくないが、東京にもお店があるし、ちょっと優先度が下がってしまう。とはいえ、このあたりは趣味と興味の問題かなあ。しかし、僕の旅で...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.