ここに来る前に立ち寄った「誇張古珈琲店」と似たような昭和感のあるカフェなのだけど、ちょっと違う。おしゃれで人気のあるカフェ。

特有種商行はアンティークな雰囲気がある地元でも人気のところなのだが、ここは台湾の映画監督である魏德聖監督がとってきた「KANO」などの作品が好きな人であれば有名だし、知らなかったとしたら是非とも訪れてみてほしいところ。映画のセットのようなカフェになっている。

特有種商行へのアクセス

もっとも近いのは地下鉄の忠孝新生駅となっている。駅から歩いて5分くらいのところでとても立地がいい。なんでもっと早く来なかったんだろうって思ったくらいだ。

同じく地下鉄の東門駅からは歩いて20分くらいという感じで、なんなら永康街から裏通りをつたって散歩がてら歩いて行ける距離。僕はそんな感じでアクセスした。途中、誇張古珈琲店で一休みしたので随分時間かけて来たのだけど。

ちょっと歩くけれど、近くには台北における現代アートの拠点である華山1914文創園區や、コーヒーが美味しくて、僕が気に入っているPaper Street Coffeeもあり、たぶん10分くらい歩けばつける距離。なので、このあたりはわりと見どころが密集している。そして、僕はもう当分行かないだろうなと思っている済南鮮湯包なども近くにある。

特有種商行について

日本でも話題になった魏德聖監督の「KANO」や、そのほかの作品で実際につかわれたセットや道具が店内に飾られていたり、実際に撮影に利用されたテーブルなどが店内でも普通に使われている。台湾映画好きならばかなりわくわくするようなお店。

アンティークな雰囲気は昭和っぽいところと、いま流行っているブルックリン風なところが混ざり合っていて独特の世界がある。写真撮影がOKであちこちでSNS用の写真を撮っている人たちがいて、そりゃここは撮りたくなるよなって思う。まさに映画のセットのようだ。映画を知らなくても楽しめると思う。

店内、ポストがある
店内、ポストがある

あいにく店内は満席だったので表のテラス席でのんびりすることにする。ゆったりしているので、こちらもいいといえばそうなのだが、表で吸うタバコの煙が厄介だ。

メニューはカードみたいになっていておもしろい。食事はもう充分過ぎるくらいという状況なので、ドリンクだけ頼むことにする。店員さんは片言の英語も通じなかったけれど、なんかこう憎めないというか懸命なのは伝わってくる。というか、こちらもちゃんと中国語できていないのが悪いんだしっていう感じでもあるし。

メニュー
特有種商行で台湾クラフトビール

そして、ここでも台湾のクラフトビールがあったので頼んでみることにする。IPAビールは際だって鮮やかな味わい。日本のドライビール(あれビールじゃねえよなって思っているんだけど)、とは違う複雑さがある豊かな鮮やかな風味だよなあって思う。台湾クラフトビール、いろいろありそうだからもっとあれこれ試してみたい。

便利なところにあるカフェなので、台湾映画好きならもちろんのこと、ちょっと一休みというのにもいいんじゃないかと思う。

特有種商行
住所:台北市中正區臨沂街27巷4-1號
時間:11:30-21:30
休み:月曜日

Related Post

いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
台南で定番、莉莉水果店(Lily Fruits Store)のかき氷... 営業時間が11:00-23:00と夜遅い時間の方になっていて、僕が夜に遊ぶ正興街や新農街からは離れていることもあり、なかなかいく機会がなかった莉莉水果店へようやく行くことができた。 観光客だけでなく、地元の人たちでも人気なお店でちょっと席を探すにも困難なときはあるけれど、それほど待たなくてはい...
古民家をリノベーションしたカフェで本格的な中国茶を楽しめる「青玄茶荘」で過ごす午後... 浅草から蔵前まで隅田川の右岸を散歩していたら偶然にみつけたお店。古い古民家というか商店をリノベーションした感じのところで、入口に小さな看板が出ている。 どうやら中国茶が楽しめるカフェみたいだと思ったら、ちゃんと本格的なところですごく楽しい時間を過ごすことができた。まだオープンしてそれほど間がな...
不思議な隠れ家「秘氏咖啡」でマニアックなコーヒーを楽しむ... 正興街から北の方に少し歩いて行くと、細いとおりにがやがやとした市場にやってくる。ここは永楽市場という場所で台南の人の台所となって賑わう市場なのだけど、秘氏咖啡はそんな市場の二階にある。え、これどうやって二階上がるんだよ、みたいなところで二階は半分住居なのだろうか・・ひっそりと静まりかえっている。 ...
爐鍋咖啡(Luguo Cafe) – 台北に来ると必ず立ち寄っているカフェ... 台北に来ると、なんとなくだけど足が向いてしまうのが迪化街で、古めかしい街並みも好きだし、散歩をしていて楽しい街だと思う。 で、迪化街に来てなにをするかというと、永久號でからすみを買って、ArtYard小藝埕で台湾雑貨を眺めて(うっかり買ってしまって)、そしてひと休みは小藝埕の2階にある爐鍋咖啡...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください