恵比寿にあるスパゲッティの名店。ランチタイムには店内は満席で混み合っている。カウンター席が多くて一人のお客さんも多い。そして、かかっているBGMの音楽はビートルズというのも好きなポイント。

アンクルトムへのアクセス

恵比寿駅の東側にある。猿田彦珈琲の横の路地を入っていってすぐのところ。たいやきの「ひいらぎ」も近くにあるし、お店が増えたなあっていうエリアのひとつ。

お店の外観

アンクルトムについて

恵比寿の界隈では老舗で名店。イタリアン料理というのではなく、日本で独自の進化をしたスパゲッティ というジャンルなんだと思う。僕のなかでは「どんぶり茶屋」みたいな感覚もあるな。

カウンター越しには大鍋でパスタを茹でているのを眺めることができる。ここは量が多いので男性でも満足できるはず。茹でるタイミングによってはオーダーしてから少し待つことがあるが、ちゃんとしたスパゲッティが食べられるのが幸せ。

僕が好きなのは明太子のスパゲッティで、納豆を入れるトッピングとかに興味を持った時期もあるけれど、シンプルに普通のものに趣向が戻ってきたという感じ。使い込まれた木の器もまた味わい深い。

お店の方のアットホームな接客とかの雰囲気もまたいいんだよなあ。恵比寿のなかで昔ながらにある良心という言葉がしっくりくる好きなお店です。

アンクルトム
住所:東京都渋谷区恵比寿1-14-7
時間:11:30-21:00,11:45-20:30(土)
休み:日曜日

保存

Related Post

トスカネリア – 恵比寿の隠れ家的イタリアン... イタリアンレストランで本当に美味しいところって、あまりないよなあ・・と思っていたのだが、恵比寿でみつけたトスカネリアは感動するくらいに美味しいレストランだった。 場所は恵比寿駅からは少し歩く場所で、しかも坂道をずっとあがっていくところにある。住宅地のなかにある感じ。席数はそれほど多くなく20席...
恵比寿のこづちでは定食よりもアラカルトがおすすめ... 最近ではすっかりおしゃれな街として認識されている恵比寿だけど、夏には駅前で大々的に盆踊りのお祭りがあったり、小さいお店が肩を寄せ合うようにあったり下町っぽいところが残っている。 そんな恵比寿の街中で昭和が真空パックされたかのような雰囲気がある食堂があり、午前中からやたらと並ぶ人気のお店が「こづ...
いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
越後しなのがわバルで土産土法で地産地消なランチ... ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。 キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面...
スーパー回転寿司やまと 館山店 – 手軽においしいお寿司を食べる... 寿司というものは手軽に食べられるファーストフードような存在だと思っている。ちなみに寿司1貫どれでも100円!とかいうところのは寿司じゃなくて、小さいおにぎりなので、あれはまた違うジャンルである。 もちろん、白木のカウンターの前にすわって「腐敗寸前のトロが一番うまい」とかい蘊蓄とともに食べる寿司...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください