白金商店街のまん中あたりにある蕎麦の人気店。ミシュランで星を獲得したこともあるみたいで、一時期すごく人気店。

2017年時点では平日はそこそこ混んでいるけれど入れないということはない。それでも、この界隈での蕎麦としては人気のお店。

三合菴へのアクセス

普通に考えると地下鉄の白金高輪駅から商店街のなかを歩いてくるというのがもっとも近い。または、広尾からだと天現寺の交差点をさらに南にいってそこからアクセスするというのもある。どちらにしても、そんなに交通の便がいいところではない。

でも、そのちょっとした不便さがこの界隈に古い街並みの雰囲気を残しているような気がする。好きなエリア。すぐ近くには2017年にミシュランでビブグルマンを獲得した「手打そば佶更」がある。サンドイッチのDAY&NIGHT、イタリアンのSARUなども近くにあり、ランチでここにふられても他の選択肢が豊富にある。

三合菴について

ミシュランで星を獲得したこともあるお店は洗練された店内。それほど広い店内ではないけれど、ひとつだけボックス席で6人がけのところがある。ちょっとした会食などでもよさそうだ。

天せいろ

ランチは葱蕎麦や納豆蕎麦といった、手軽な価格帯でちょっと変わったものが人気みたいだけど、僕としては贅沢に「天せいろ」の蕎麦を頼んでみることにする。

野菜の天ぷらと才巻海老の天ぷらが組み合わさって出てくる。天ぷらは、小ぶりで上品。外のさくさく感となかのふっくらした味わいが美味しい。そして、味付けについてくる塩で、蕎麦を食べるのが好き。

天せいろの天ぷら

蕎麦はさすがに都内の人気店。おしゃれに薄くさらっと載せられているくらい。たぶん、これだけだと小腹を少しみたすくらいじゃないかと思う。少し緑がかったような色合いの蕎麦は喉ごしというより、食感のしっかりさが際立つ。

蕎麦

行ってみて思ったんだけど、僕としてはいまの感じでは、数軒隣にある「手打そば佶更」の方が蕎麦や天ぷらの見た目、お店の雰囲気含めて好きだな。レビューサイトでは隠れているけれど、そのうち逆転しちゃうのかなあ・・そうしたら面倒だなあと思ったりしている。理想なのは、ふたつのお店で切磋琢磨しあってどちらも美味しい!って思えることなのだけど。

三合菴
住所:東京都港区白金5-10-10
時間:11:30-14:00,17:30-21:30(夜は要予約)
休み:水曜日、第3水曜日

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です