ニューヨークで人気のあるシーフード料理のルークスが2016年11月末に広尾にできた。立ち席のみのカジュアルなお店で手軽にロブスターなどの料理を楽しむことができる。前を通りかかって気になっていたので訪れてみることにした。

Luke’s Lobster Hirooへのアクセス

広尾店は広尾商店街のなかにある。メトロの広尾駅から歩いて5分くらい。AND THE FRIETと通りを挟んでほぼ反対側。どちらもおしゃれな立ち食いという形式で似たような雰囲気だなあって思う。ハシゴするにはどちらもちょっとヘビーだな。

Luke’s Lobsterについて

ジャーナルスタンダードなどで有名なベイクルーズが運営していることもあり、お店の雰囲気とかインテリアはアメリカ東海岸の雰囲気でおしゃれ。ロブスターを中心とした料理を展開していることもあり、値段は結構高め。スタンディングで食べる形式でカジュアルだけど、まあ値段はそれなり。とはいえ、ロブスターを食べるということであれば少し安いかも。

僕が気に入ったのはクラフトビールの品揃え。カリフォルニアのLagunitas Brewingとかブルックリンビールが入っているのだが、結構良心的な金額で入っているのでちょっと軽く飲んでいくということであれば、向かいのAND THE FRIETよりもこっちの方が楽しめる。

Lagunitas Brewingのビール

おすすめはロブスターロールなのだが、まずはロブスターを堪能したかったので広尾店限定のフライドロブスターと、クラブの爪を揚げた料理。どちらもたっぷりすぎるくらいのフライドポテトが下に敷きつめられているので、ビールを飲みながら食べるのが幸せ。

ロブスターって外国を旅しているときに食べることが多く、エビにしては大味だという印象があるのだが、ここのロブスターは臭みもなくてぷりぷりとしたエビの食感が抜群に美味しかった。こんなに美味しいものだったのか!と驚いたくらい。

蟹の爪の揚げ物
フライドロブスター!ちょっとテンションあがる

立ち食い、カジュアルにしては少し高めの料金ということもあるので、頻繁に来るような感じはしないけれど、このクラフトビールの美味しさと食事のマッチングは悪くない。というか、わりと好き。休日のランチとか、夜のはじめの腹の足しにはすごくいいような気がするな。ここで、ちょっと食べてバーで飲み直すとかでもよさそうだ。

Luke’s Lobster(ルークス・ロブスター)
住所:東京都渋谷区広尾5-3-16
時間:(平日)11:00-15:00,17:00~22:00|(土)11:00-22:00(日祝)12:00-21:00
休み:不定休

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です