掛川花鳥園を心ゆくまで楽しんでランチをどこにしようか迷う。浜松の方へ戻ろうかと思うけれど、すでにお昼を過ぎているし戻るにはちょっと時間がかかる。

ということで、その途中にある中華料理店で食事をすることにする。行ってみたのは東名道の袋井IC近くにある丸福餃子の本店。本店という看板はあげているけれど、かなり地味な中華料理店という雰囲気。でも、地元ナンバーの車で賑わっている。

店内はちょっとランチタイムを外した時間なのにもかかわらずかなり賑わっている。地元の人に愛されているところみたいだ。なに頼もうか悩む。

このあたりまで来たら気になるのは浜松餃子。でも、浜松餃子の定義としては浜松市内で製造販売されているものということで、ここは厳密にいうと違うのだが、餃子の盛り合わせ的なものを頼んだら、ぐるっと丸くお皿に満載の餃子。真ん中には茹でもやしということで浜松餃子の流れをくんでいる文化圏の餃子なので、準浜松餃子くらいなものだと思う。

餃子四種類のセット、意外に食べられちゃう
チャーハンも美味

ここの餃子は肉、エビ、お茶、ウコンと四種類あってその四種類をミックスした餃子を食べることができるので、人数がいれば迷わず頼んでみたいところ。ということで、頼んでみた。お茶とウコンはまさに!という色合いで、食べてみても特徴的な味がある。でも、これが香りも含めてすごく美味しい。肉やエビも美味しいけれど、お茶が好きだったなあ。こんなの、地元じゃないと食べられない。

チャーハンも頼んだけど、ちょっと濃いめの味付けがまた美味しい。車を運転しているのでビールが飲めないのが残念なところだが、それでも大満足なランチ。立地の雰囲気からいうと旅で訪れるようなところではないかもしれないが、地元の人に愛されている感じのするいいお店だったので、空腹の状態で近くにきたら迷わず立ち寄ってみてもいいところだと思う。

丸福餃子 本店
住所:静岡県袋井市山科2971-3
時間:11:00-20:00
休み:月曜日

保存

Feature


Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です