2016年の夏のはじめの頃、浜松の方に友人が住んでいるので遊びに行ってきた。とくに目的は決めていなかったのだけど、外せない場所としては掛川花鳥園。浜松からも東名高速を利用すると結構近くて便利なところにある。

過去の訪問: 掛川花鳥園パラダイス – 2014年8月

掛川花鳥園へのアクセス

掛川花鳥園は東名高速道路の掛川インターから結構近いところにあるのだが、電車で行っても駅から徒歩20分くらいのところ。東京から日帰りでいくこともできる。

掛川花鳥園について

その名前の通り、花と鳥のテーマパークなのだけど、ここを有名にしているのはフクロウなどの猛禽類もかなりいるところ。そして、鳥との距離感がえらく近いところじゃないかと思っている。

鳥との距離感が近い。近すぎるくらい。

入園するとすぐのところには各種のフクロウやミミズクといった猛禽類をガラス越しにみることができる。

朝イチなので、ちょっと眠そうなのとか、不機嫌そうなのとか、なに考えているのかわからないのとか、さまざまな種類をみてみると個体差の違いがわかったりして楽しい。

向こうむいているフクロウ
あ、こっち向いた。。

大きな温室のなかでは熱帯性の鳥が放し飼いにされていて、群れをなして飛ぶさまはジャングルにいるかのように思えるときがある。すごく美しい。しかし、一度餌を手にしてみるとそこへ群がる鳥の様子はガラの悪い暴走族のよう。

なんかこう、餌をあげるコミュニケーションというより、餌をカツアゲされているような気持ちになることがある。最初はちょっとかわいくて嬉しいのだが、朝イチのせいだろうか・・すごいがっついてくる。

2016年7月からは温室の一番奥にハシビロコウが登場。すごい大物感のあるガラ悪い鳥だなと思ったら、実際かなり攻撃性の強いやつらみたいだ。

そして、まったく動かないことで有名になったハシビロコウなのだが、掛川花鳥園のはなんだか妙によく動く。すごく恐い顔しているのにサービス精神が旺盛でそのギャップ萌えがあるというか、ちょっと好きになる。じつはおもしろいやつなんじゃないかとか。

動かない鳥として有名なハシビロコウ
しかし、ここのは動く
サービス精神を感じるハシビロコウ

全体的にここの鳥たちは全体的にフレンドリーなので、その距離感の近さにたまに圧倒されることがあるけれど、それがまた楽しい。

外では鷹のショーをやっていて、ちょうど通りかかったタイミングで鷹が飛んでいたこともあり、頭をかすめるように羽を感じた。これ、僕が小動物だったら捕獲されていたんじゃないだろうかと思ったくらいだ。

斬新な休憩方法
カラフルで美しい
ちょっと一瞬おどろいた。本物ではない。

そしておもしろかったのはヘビクイワシのキックちゃんがやるショー。ヘビを主食としているのだが、捕獲方法はヘビをキックして倒してしまうらしい。ショーでもゴム製のおもちゃを蹴り倒していた。機嫌が悪くて八つ当たりしているキックボクサーみたいだ。

ちょっとマニアックで不思議な光景、そしてちょっとゆるい。なんだかんだと半日くらい滞在してしまうので、ゆっくりと時間をとって楽しみに来たい。リピートしても充分に楽しめるのはいいところだな。

パッケージもハシビロコウ

掛川花鳥園
住所:静岡県掛川市南西郷1517
時間:9:00 – 16:30(土日祝日繁忙期は17:00)

保存

Related Post

「炭焼うなぎ 加茂」で食べる関西焼きな絶品の鰻... 今回のテーマは浜松方面に行くのであれば、うなぎを食べるということ。この前、台北に行ったときに帰りのピーチで食べた近大ナマズのうなぎ風が衝撃の「うなぎじゃない」感だったので、よりうなぎへの欲望が増したような気がする。 前回、浜松に来たときには「鰻もいいけれど、さわやかのハンバーグが気になる!」と...
鬼平江戸処はパーキングエリアの枠を越えたグルメスポット... 今回の東北旅でちょっと早めに戻ってきた理由は東北自動車道の羽生パーキングエリアにある鬼平江戸処へ来てみたかったから。 池波正太郎の「鬼平犯科帳」の世界観をテーマにしたスポットになっていて、規模は小さいながらもかなり楽しいテーマパークみたいなところになっている。駐車場に車をとめて江戸の街並みの雰...
掛川花鳥園パラダイス 浜松で泊まって翌日は、ついに掛川花鳥園に行くことができた。 東名高速道路の掛川インターから結構近いところにあるのだが、電車で行っても駅から徒歩20分くらいみたい。 ごく普通の郊外型な感じのエリアに突然に下の写真にある屋敷みたいな建物があって、それが掛川花鳥園。なんかすごい仰々しいテーマパ...
スイティエン公園は強烈な体験だった・・... 世界でトップクラスに有名で、「狂ったディズニーランド」ともいわれているスイティエン公園にいってきた。 場所はホーチミン シティの北東9区にあって、ベンタイン市場のバスターミナルから19番のバスに揺られること60~90分ほど。バスの車掌に「スイティエン」っていうとバス料金教えてくれるのでそのまま...
夏の遠州、土用の丑の日の前に鰻を食べに行く。... 浜松に住んでいる友人に会いつつちょっと日帰り旅をしてきた。今回のテーマは浜松方面に行くのであれば、うなぎを食べるということ。前回の旅では、さわやかのハンバーグに感動したのだが、やはり美味しい鰻というのも食べてみたい。 浜松で友人をピックアップして、向かったのは三ヶ日インター近くにある「炭焼うな...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください