恵比寿でランチをしたときに、バーガーマニアの隣にある京鼎樓の廉価版みたいな京鼎樓バルでランチをしてきた。

僕の感想としては、中華料理っぽさを出しつつ違う料理がメインなのはまさにバルという名前がついているだけのことはあるなというもの。フードコートみたいな料理だった。

京鼎樓バルへのアクセス

恵比寿駅から白金に抜けるバス通りで飲食店が何軒が並んでいるうちのひとつ。バーガーマニア恵比寿店のほか、QUEEN OF CHICKENSとかキムカツ、ヒカリ 恵比寿などこのブログでも紹介しているお店が並んでいる。このなかで、空いているから行ってみたのだけど、空いているだけのことはあった。

京鼎樓バルについて

前菜的な小籠包

ランチは前菜に小籠包がついて、あとメインというスタイル。恵比寿の中華だと鼎泰豊と同じような感じ。

でも、メインですごく推しているのがローストビーフ丼ってなんなんだよと思ってしまう。フードコートにある食堂なのかと。とはいえ、なにかが違うのかと頼んでみたのだが、とくに違わなかった。

店内にはワインが飾ってあったりして、もしかしたら夜は美味しい点心などが食べられるのかもしれない。でも、ランチを食べてしまった感想としては夜に行くことを躊躇してしまう。これってレストランとの出会いとしてはとてももったいないよなあ・・って思う。

総じて言えるのは微妙すぎるということにつきる。

メインのローストビーフ丼

京鼎樓バル (ジンディンロウバル)
住所:東京都渋谷区恵比寿4-9-5 1F
時間:11:30-15:00,17:30-24:00 | 土日祝12:00-22:00(土23:00)
休み:年末年始

Related Post

アーリア ディ タクボでいただく贅沢なランチ... 恵比寿駅からちょっと離れた小さな雑居ビルのワンフロアにある隠れ家のようでいて、明るい店内が印象的なレストラン。 アロマフレスカなどで腕をふるった田窪シェフによる旬の食材をいかしたイタリアンは見ても楽しいし、食べても幸せになれる。 ひとつひとつの料理の分量はかなり少なめなのだが、食べ飽きな...
かわなで食べる旬の味(いくら編) 飯田橋と九段下の間くらいにある、ちょっと風変わりな「かわな」和食屋さんでランチ。 このお店は、春は「鯛めし」、夏は「穴子」、秋は「いくら」で、冬は「あんこう」といった具合に季節ごとに提供する料理を変えていて、それがどれも美味しいのだけど、僕が一番好きなのはなんといっても秋の「いくら編」。 ...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の犬島編)... 瀬戸内国際芸術祭の夏編をみてきた。犬島までは直島からは途中豊島に寄港する高速艇で1時間ほどかかる。 当初の予定では、豊島にいってから犬島に行くルートを計画していたのだが、四国汽船に高速艇の混雑具合を電話で質問したときに「豊島から犬島への航路はたまに乗れないことあるから、まずは犬島まで行くべし」...
安曇野翁でざるそば、いなかそばの食べ比べしてみた... まさかこんなに早くふたたびここの蕎麦を食べることができるなんて、と自分でもちょっと驚いた。上高地をあとにして、地元の人たちとランチはどこにしようかなって話しをしていたのだけど、それじゃあちょっと遠いけれど安曇野の蕎麦屋にしようかっていうことになって連れてきてもらったのは9月に着たばかりの安曇野翁だっ...
Chinese Dining 方哉のチャーハンは新しい恵比寿のスタンダード... 炒飯という料理はなかなかに奥が深い料理でだれでも作ることができるけれど、美味しく作るとなると至難の技という料理だと思う。恵比寿では、炒飯の名店があり、恵比寿駅にほど近い食堂の「こづち」。もうひとつはガーデンプレイスの方に近い「ちょろり」。 この二店のチャーハンは絶品で、何度でも食べたくなる中毒...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください