まず大事なこととして、「ウルフギャング・パック」と「ウルフギャング・ステーキハウス」は全く別のお店であるということ。

かといって、「ウルフギャング・パック」はあざとい偽物ということではなく、アメリカ料理を変えた料理人として高名なシェフであり、アメリカ国内で自分の名前を冠したレストランを経営している。ということで、どちらも本物であるが別物であるということになる。

ウルフギャング・パック ピッツァバー品川へのアクセス

品川駅の港南口に隣接しているアレア品川という地味なオフィスビルの1階にある。品川は駅ナカも充実しているので駅を降りてまで食事をする必要もないのだが、降りたら逆にあまり店がないので、そういうときに便利。

ビジネス向けのランチも出しているのに平日のランチタイムにも関わらず割と空いているのは嬉しいんだけど、ちょっと心配。

ウルフギャング・パック ピッツァバー品川について

ランチにドリンクおかわり自由のメニューがあり、ジンジャーエール飲んでいた

店内はアメリカのダイナーというか、外資系のカフェテリアという感じで、わりとゆったり目に作られている。通路も広く座席の間隔もそこそこ離れているので、ちょっとしたビジネスランチにはちょうどいい感じがする。ただ、見方をかえるとデニーズみたい・・ともいえる。

ここでは、ピッツァバーということで、ピザのランチが美味しい。定番過ぎるけれど、マルゲリータを頼んでみることにする。ちょっとパイみたいな感じで生地の周囲が盛り上がった見た目にもかわいいピザは食べ応えもあり、チーズの味もしっかりしていて美味しい。お店の雰囲気から考えると、品川で忙しくランチをせずにのんびりとできるのがいいな。

マルゲリータは普通にうまい

すごく特徴があるというわけではないが、ちょっとしたビジネスランチに便利そうな店だなあという印象をもった。僕としては、品川駅周辺であれば最後の選択肢のひとつとしてとっておく店だな。 夜に来たくなるような印象はないけれど、無難なパーティーとかならいいかもしれない。

色んな人の最大公約数をとって、すべてに及第点だけど、感覚に刺さってこないお店という感じがしてしまった。

ウルフギャング・パック ピッツァバー品川
(Wolfgang Puck Pizza Bar Area Shinagawa)
住所:東京都港区港南1-9-36 アレア品川 1F
時間:11:00-23:00
休み:第三日曜日、不定休

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です