ここのところ(2017年)、恵比寿横丁とかコリドー街がナンパのスポットとして有名になっているらしい。

どちらにも好きなお店があって、たしかに前からそういうのがあったけれど、最近はちょっといままでと雰囲気が変わってきていると感じる理由がはっきりした。いまさらながらに感じるところ。

ひさびさに恵比寿横丁に足を踏み入れて思ったのは、まさにそういうところだった。ナンパしたい、されたい人はいいところなんだろうな。僕はあまり興味がもてる感じではなかったのだが、他に飲み屋さがすのも面倒だったので、九州の屋台みたいな雰囲気の「純ちゃん」というお店に行くことにする。

とりあえずビール、それほど安くない
明太子オムレツ・・だったかな
ホルモン焼き、濃い味

ひとつ重要な要素として、恵比寿横丁のカジュアルな雰囲気があり、狭い座席と居酒屋メニューという組み合わせはコストパフォーマンスに優れた店なのかって思ってしまうのだが、だいたいにおいては全然安くない。むしろ、ちょっと高めだなと思うこともある。ここは、全天候型の屋台の雰囲気を楽しめるテーマパークなんだと思う。

雰囲気や他者との距離感にお金を払うところであり、料理の美味しさはかなり普通。

純ちゃんも、そんなお店のひとつなので雰囲気がいいし、旅先に来たかのような感覚はあるけれど、お会計のときに少し高いなと思うかと。とはいえ、ここは料理は比較的美味しくて、味の濃いジャンクなものを食べたくなると思い出してしまう。

普段使いの料理店としてはちょっとどうかと思うけれど、たまに来る分には楽しいかもしれない。

恵比寿横丁 純ちゃん
住所:東京都渋谷区恵比寿1-7-2 恵比寿横丁内
時間:17:00-27:00
休み:なし

保存

Summary
Review Date
Reviewed Item
恵比寿横丁 純ちゃん
Author Rating
21star1stargraygraygray

Related Post

【移転】立石呑み歩きシメは駅前にある「与作」が安心です... ※立石駅の高架化開発のため、駅から離れたところに移転となったみたいです。。 夕方から立石で呑み歩いていると22時には深夜のような気分になる。江戸っ子で話しをしていた方が「駅前にある与作っていうお店で飲むの結構いいですよ。駅前だから安心だし」というアドバイスをもらった。たしかに、泥酔した夜であれ...
エビス新東記で食べるシンガポール料理... 恵比寿にあって、シンガポール政府観光局お墨付きのレストランである新東記に行ってきた。恵比寿の駅から坂道を上がっていくので、距離のわりには面倒だな・・と思ってしまう立地。お店の雰囲気は居酒屋みたいな感じで、神楽坂にある支店の方は好きで何度か行っているのだけど神楽坂の方は閉店してしまったので恵比寿へ訪問...
海南鶏飯食堂2 – 恵比寿ではシンガポール チキンライスの名店... たまに食べたくなるシンガポールチキンライスとパクチーの香り。そんなときに来るのは恵比寿の海南鶏飯食堂。 数字の2ってなんだろうと思ったら、麻布店がはじめの店舗で恵比寿は二店舗目ってことみたい。 ということで、恵比寿店なのだけど駅からちょっと離れたところにあるものの、ランチタイムは結構賑わ...
並ばない鼎泰豊、恵比寿店でのランチ... 日本にも多数出店してきて物珍しさもなくなってきた、ディンタイフォン(鼎泰豐)の小籠包。アトレ恵比寿の七階にも出店しているので行ってみた。オープンして間もない頃は平日のランチでも並んでいたけれど、いまは落ち着いてきていて混雑さもなくなっている。 カウンターの一人席やボックス席など多様な席のアレン...
ダ・ミケーレ – 恵比寿でピザならここがベスト... ピザはさっさと切っていく オープンしてしばらくは予約をとることもままならず、えらい大変だったのだけど、行くならいまじゃないかっていうくらい、ディナータイムでも入ることができたので、拍子抜けしてしまった。 とはいえ、料理は期待を裏切らないどころか抜群に美味しい。1870年にナポリでオープ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください