銀座の中心部であるソニービルの地下三階。地下鉄の銀座駅から階段をくだったところにエントランスがあり、そこからさらに階段をくだるというアンダーグラウンド感があるショップ”THE PARK・ING GINZA”へ行ってきた。

入口、かなり地下までもぐる

ここは、2016年3月26日にオープンしたショップで、藤原ヒロシ氏がプロデュースしている。その名前の通り、駐車場のような空間で入口の守衛詰め所みたいなところがレジになっている。もともとはマキシム・ド・パリという老舗フレンチがあった場所らしいのだけど、その面影はまったくなくて妙に隙間のある空間になっている。地上の喧噪から離れた不思議な空間。

オリジナル商品のほかに、いろんなセレクトショップ的な要素などもある。びっくりしたのは海外からのお客さんがかなりいたというところ。みんなどこで情報仕入れてくるのだろう、すごいおもしろい。オリジナル商品にはGINZAの名前が入っていたりするので、たしかに旅の記憶として買っていくにはいいアイテムだなって思う。

アンティークなものがあったり、ストリートファッションの要素があったり、色んなものがとりとめなくあるようでいて、全体的な世界観は整っているような感じもある。セレクトショップというと、妙に高いイメージがあるけれど、それだけではなく手頃なものもあったりするのがいい。

オンラインで買えるものもあるみたいだけど、古くて新しい銀座の拠点みたいなこの場所の空気を感じてみるのはおもしろいかも知れない。

THE PARK・ING GINZA
住所:東京都中央区銀座5-3-1 ソニービルB3F
時間:11:00-21:00
休み:不定休(1月1日、年2回法定点検を除く)

保存

Related Post

空也の最中は東京土産に最適 僕にとって人にもっていく東京土産の筆頭は銀座にある空也の最中。というか東京にいる人にもっていってもすごく喜ばれる。池波正太郎のエッセイのなかに出てきて知ったのだが、昔から変わらないスタイルでサービスを提供している姿はすばらしい。 お店は銀座の並木橋にあるのだけど、いまどき電話で予約しないといけ...
PO_Iで作るオーダーメイドシャツ at 台北... なにかを自分用にオーダーメイドするという行為は、たいそう贅沢なもので自分には縁のないもののように感じることもあるのではないかと思う。 しかし、別にそんなこともなくて、そりゃファストファッションで買うシャツよりかは高いけれど、980円で買うシャツにはない愛情(それは単に高いから・・ということでは...
CAFE DE ROPE GINZA(カフェ ド ロペ銀座)のバタートーストは懐かしく新しい... THE PARK・ING GINZAと同時にオープンした地下にあるカフェ。1970年代に表参道にあったオープンカフェがもともとのイメージらしいのだが、そのときのことは知らない。 でも、地下にあるのに妙に開放的な感じはおもしろい。透明のアクリル板みたいなもので仕切られているのだが、お店の奥には使...
夜カフェに便利な銀座の「椿屋珈琲店 銀座本店」で優雅な時間を過ごす... 銀座の街中でノンアルコールで楽しめる貴重なお店。なにより平日は早朝4:30までやっているので、お酒を飲んだ後に珈琲を飲みながら余韻を楽しむというのもまたいい。 古めかしい洋館なつくりで老舗っぽい雰囲気があるけれど、じつはそれほど古くもなくチェーン展開している事業モデル。僕は銀座本店しか行ったこ...
銀座 篝(かがり)はEchika fitにあるお店の方が並ばなくておすすめ... 銀座というか都内屈指の人気ラーメン店の「篝(かがり)」、アップルストアの近くにあるお店は表通りまで並ぶほどの行列でちょっと信じられないくらい待つみたい。一杯のラーメンを食べるのに2時間近く待つとかもはや狂気の沙汰ではないかと思ってしまう。 しかし、支店が同じ銀座界隈にあってそちらは本店ほどには...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください